19万8000円のコンデンサー型イヤホンがShureから発売!

自分はカナル型のちょっとだけ高いイヤホンを使っていますが、日頃音楽を聴くときに使っているお気に入りのイヤホンはあるでしょうか。イヤホンが変わるだけでもちょっと気持ちも変わるもので、何より音が変わります。

イヤホンで音がそんなに変わるのか?と思うかもしれませんが、数十万円のイヤホンが存在するぐらいです。音の世界は広いですよね。

この記事では、Shureが発表した新作のコンデンサー型のイヤホンを紹介していきます。音の捉え方が変わるかもしれません。

コンデンサー型イヤホンとは

「コンデンサー型イヤホン」というあまり耳に馴染みのない言葉ですが、コンデンサーとはドライバーの駆動方式のひとつで静電気を使う駆動方式です。音の立ち上がりが早く、繊細な動きが可能でハイエンドユーザー向けの仕組みですね。音を発生させるために電圧が必要なので、アンプが必要なのが特徴です。

ちなみにイヤホンには以下の3つの駆動方式があります。

  • ダイナミック型・・・ヘッドホンのもっとも一般的な駆動方式で音楽信号をダイアフラム(振動板)に伝えることで音を作る
  • バランスドアーマチュア型・・・音楽用途としては演奏時のモニターヘッドホンの多くに使用され、イヤホンではカナル型に採用
  • コンデンサー型・・・電気をあらかじめ貯めておき、音楽信号を流すことで振動膜を振動させる

音の歪みがない

コンデンサー型は音を発生させるためにアンプが必要ですが、繊細な動きで振動し歪みのない音を出してくれます。普通のイヤホンで生じるような音の歪みがないです。

トランジェント特性

コンデンサー型イヤホンの振動板は質量がほぼゼロで、とても素早く振動します。そのため、繊細な音を出すことを可能にしています。

新作はKSE1200

KSE1200はShureのコンデンサー型イヤホン第2弾です。価格は19万8000円(税抜)で発売は5月下旬~6月上旬となるようです。第1弾のKSE1500は36万円ほどだったのでそこまで衝撃はないものの、やはり価格は高いですよね。

日本の市場をターゲットにした商品のようで、シニア・カテゴリー・ディレクターのコメントにも情熱が溢れていますね。

シュアにとって日本のユーザーはとても特別で大切。この方々のパッションに触れなかったら製品は生まれていなかった。どんなディティールでも妥協しない。それにいつも気付いてくれるのが日本のユーザー。もっといいものを作りたいと思わせてくれる。製品開発のモチベーションを与えてくれるので、日本のユーザーには感謝しかない

アナログ入力

以前販売されたKSE1500にはDAC機能があったが、それはそこまで必要ではないということで今回はアナログ入力に絞って開発されたようです。アナログ再生に特化したことで、残留ノイズなどの低減も図られたということですよ。

小型化

どうやら前のモデルと比べると小型化されたようで、電池の持ちも12時間に増えたようです。電池持ちが増えたのは嬉しいですね。

KSE1500の販売はまだですが、予約販売はしています。イヤホン大好き!より良い音を求めたい!!という方はすでに予約しているかもしれないですね。

全モデルのKSE1500

Shure KSE1500

KSE1500はShureの約360,000円の高級イヤホンです。360,000円ってすごいですよね。Shureのイヤホンを使っている人は数万円するものを持っているかもしれませんが、これは桁が違います。

【レビュー】「Shure SE535」音質の良さとデザイン性を求めるなら最適なイヤホンです

2015.03.28

この記事のイヤホンの数倍ですね。同じShureでもそれだけの価格差があります。こっちも数万円するのに何だか安く見えてしまいますね。KSE1500最大の特徴は、Shureのカナル型イヤホンとして初めて、駆動方式にコンデンサー型を採用したところです。

まとめ

Shureのコンデンサー型のイヤホンを見てきましたが、価格が尋常ではないですね。イヤホン一つでこれだけの値段になるとは。アンプもついているし、今流行りのワイヤレスイヤホンのようになくしやすいといったことはあまりないですが、かなりの高級品なので使う場合は無くさないように注意ですね。

でもそれだけ値段するならその音聞いてみたいものですよね。本当に今まで使っていたイヤホンと音が違うと感じるのか気になります。

ワイヤレスイヤホンのおすすめ全5種をランキング形式で紹介

2018.03.03
  • デザインの美しいワイヤレスイヤホン【TicPods Free】が機能的にも素晴らしい
  • スマホ通話におすすめのイヤホンと設定方法
  • Bluetoothイヤホンのおすすめとどうやって選べばいいのか
  • イヤホンにディズニーの刻印を入れてオリジナルのイヤホンを作ろう!
  • Boseから睡眠用のイヤホン「Bose sleepbuds」が出る!寝付きの悪さを改善しよう!
  • Beats発売10周年記念の製品5つ全てを見ていこう!赤と黒のデザインがいけてます
おすすめの記事