【エックスサーバー評判】使って分かったメリットとデメリット

ブログやサイトを運営してみたくて、レンタルサーバーを検索してみたら、エックスサーバーが良さそうだ。といったことを思うかもしれないです。

ただ、やっぱりレンタルサーバーのことはよくわからないですし、いきなり契約するのは怖いですよね。

ここでは、エックスサーバーを使って分かったメリットとデメリットを紹介します。

エックスサーバーのメリット

chris-greenhow-135337-unsplash

機能に対するコストパフォーマンス

エックスサーバーには3つのプランが用意されており、1番安いものでは月額約1000円から利用できます。

この最安のプランでも機能面がかなり充実しており、複数のサイトを運営するとしても充分すぎるほどの容量200GBを誇り、また複数サイトを運営するためのマルチドメイン機能においても無制限での利用が可能です。

素人でもサイトを更新できるサービスであるワードプレスや、ネットショッピングサイトには必須であるショッピングカート機能のあるEC-CUBEなどももちろん無料で導入できますよ。

充実のサポート体制

何より感動したのが、サポートの方の対応。

ある理由により他社のサーバーからエックスサーバーにドメイン移管しなければいけないことがありましたが、その際の電話対応でも非常に気持ちよく、かつわかりやすく対応をしてくれました。

用意されたマニュアルを元に、そのサポーターの方の経験と人間味が重なった丁寧な対応のおかげで、スムーズにドメイン移管も終えることができました。

レスポンスがとにかく速い

エックスサーバーに引っ越してみて最初に感じたのはWordpressの管理画面のレスポンスの違い。Wordpressの管理画面はプラグインの導入本数などによっても違いがあると思いますが、往々にして重めの印象です。

さくらインターネットではサーバー負荷の影響もあって管理画面での作業がかなりストレスでしたが、エックスサーバーに引っ越した時の管理画面を初めて触ったときのレスポンスの良さには正直驚きました

表示速度がGoogleの検索順位にも少なからず影響する事を加味すると、やはり遅いサーバーを今後契約するという事は考えられないです。

料金はそこそこだけど、年間で払わなくてもいい

これはエックスサーバーに限った話ではないですが、今回利用しているエックスサーバーは年間で料金を支払うと約12,000円程度。年間で支払う事で1ヶ月あたりの料金が安くなるわけだけど、色々と出費が重なって12,000円をまとめて払うのがキツい時などは、3ヶ月や6ヶ月といった更新も選択可能です。

3ヶ月の場合は概ね4,000円弱で更新できますので、一旦3ヶ月更新しておいて、次の更新の際に年間契約を更新するといった形も取れる。

更新に限らず、試しに3ヶ月だけ試すといった利用方法もとれる(それでなくてもお試し期間もあります)ので、長期的に利用するかどうか検討しながら利用することも可能です。

アクセスの集中にも対応

さくらのレンタルサーバーの移転動機になったアクセス集中によるサーバーダウンについては完璧に解消。ネットの情報から推測するにおそらく月間100万PV前後であればエックスサーバーのX10プランで捌けると考えてよさそうです。

これを超えてくるようであればさらに上位プランを検討するのもいいかなと考えています。

エックスサーバーのデメリット

thomas-lefebvre-433-unsplash

サポートは土日祝を除く

上記で紹介した、感動するほどのサポートも、その条件は平日に限られています。

もし土日祝日に問題が起こった際は、電話も繋がらず、翌営業日に少しでも早く対応してもらうために、メールで問い合わせをしていく以外に方法はないです。

もっとも、他社では電話サポートすらしていないレンタルサーバー会社もあることから、平日だけとはいえ電話でのサポートを行っている点は好感が持てますね。

独自SSLの導入費用が高い

ネットショッピングを開設する際には、今や必須とも言える独自SSL導入。普通にワードプレスでサイト運営する場合なんかは必要ないでしょう
簡単に説明すると住所や名前を登録しないといけない場合、そういう情報が漏れないための下準備となるものですが、それらの契約が他社に比べて少し割高です。

こちらも3つのプランが用意されていますが、1番安いものでも年間10000円と、導入のための初期費用10000円の、合計20000円が必要となります。

※サーバーをエックスサーバーと契約したとしても、独自SSLは他社のを導入することができる。

ワードプレス運営でもエックスサーバーはもちろんおすすめ

もしかしたらワードプレスをどのサーバーで運営しようかと悩んでいる方もいるかもしれません。そんな方にもエックスサーバーはおすすめです。実はこのサイトもエックスサーバーで運営しています。

ただ、契約するサーバーではワードプレスしか運営しないよ!という方にはよりワードプレスに特化したwpXが良いです。

wpxはwordpressの運用に特化した高速レンタルサーバー。

エックスサーバーの特徴だった「ハイスペックサーバー」「232Gbpsバックボーン」「サポート体制」「自動バックアップ」はそのまま引き継ぎ、さらにWordPressを高速に動かすように独自システムを加えたサーバーで、より安定して、より高速に使えるように開発されたサーバーです。

ただ、注意としてwpxはワードプレス以外は運営できないから契約するときはきちんと考えよう。

個人的には、エックスサーバーをおすすめします。利用しているっていうのもありますからね笑

  • 10社のレンタルサーバーを比較!おすすめはエックスサーバーです。
  • レンタルサーバー初心者にはロリポップ!がおすすめです。メリット・デメリットを紹介します
  • 【エックスサーバー評判】使って分かったメリットとデメリット
  • お名前.comレンタルサーバーの評判・メリットとデメリット
  • GMOクラウドのレンタルサーバー「iCLUSTA+」の特徴とメリット・デメリット
  • ヘムテルのレンタルサーバーの良い点・悪い点をレビュー
おすすめの記事
AQUOS PHONE EX SH02Fのレビュー
スマートフォン
DOCOMO AQUOS PHONE EX SH02-Fのレビュー。 IGZO液晶ということで、省電力効果には期待できる。購入を考えいる人は...