低価格で驚異の重低音を実現した注目製品MDR-XB55AP-Bの良さを徹底解説

良いイヤホンは、やはりそれなりの値段がするものです。しかし、このイヤホンはかなり安い値段でありながら、優れた低音の表現力をもっており、音楽を聴く人に、心躍る優れた体験をもたらしてくれることでしょう。

ここでは、MDR-XB55AP-Bの魅力を徹底解説。実際に使用した経験を通して、この製品の良さをご紹介します。

安くて品質のいい優れもの

MDR-XB55AP-B-5

MDR-XB55AP-Bは、オーディオメーカーとして実績のあるソニーが販売する重低音モデルのイヤホンです。ソニーのイヤホンは、1000円台から3万円を超えるものまで幅広い製品があり、それぞれに一長一短の良さがあります。

このMDR-XB55AP-Bは、その中でも低価格帯に属するイヤホンですが、多くの人を魅了する優れた音質をもっており、一度聴いたら手放せなくなるお買い得品であるといえるでしょう。

この価格帯の同じような製品としては、MDR-XB55、MDR-XB50などがあり、XB55の方は、重低音の品質を高めに調節したモデルとなっています。

ここで紹介するMDR-XB55AP-Bは、MDR-XB55にスマートフォンでのハンズフリー通話機能や、再生中の楽曲のコントロールができるリモコンが付いた製品です。

MDR-XB55AP-B-3

そして、この製品の最大の売りは、迫力のある音声です。音の質感を言葉で表現するのは難しい部分もあるのですが、一度聴いてみれば多くの人が感動を覚える優れた音質を体験する事ができるでしょう。

このイヤホンは重低音の表現に特化して作られており、その音色はイヤホンを超えて、体全体に響いてくるような素晴らしい質感でです。多くの人が満足できる品質であると思います。

リモコンボタンのカスタマイズ

使い方によっては拡張性もあり、Xperiaのスマートフォンを使用している場合、専用のアプリをダウンロードすれば、リモコンのボタンをカスタマイズする事ができます。

ボタンを押す回数によって、再生、一時停止、応答、次の曲、前の曲、通話終了といった操作を行う事ができ、わざわざスマートフォンやミュージックプレイヤーを取り出す必要がありません。

これによって、リモコンを幅広く使用する事ができるようになり、優れた操作性を得る事ができます。

色が違う

MDR-XB55AP-B-6

また、同系統の製品であるMDR-XB50シリーズとはイヤホンの色が異なり、同じ黒でも、MDR-XB50が深い黒をしているのに対し、MDR-XB55は薄い灰色のような黒であり、見た目の印象が大きく異なる部分があります。

見た目の色を重視する人は、そのような点に注意して製品を選ぶようにしましょう。

MDR-XB55AP-Bの良いところ

MDR-XB55AP-B-8

迫力のある重低音

このイヤホンは、重低音の性能を重視したモデルだけあって、低い音の表現力にはすばらしいものがあります。体の芯まで響く迫力のある音質を実現しており、聴いていてその音色に感動できるような素晴らしい体験をもたらしてくれます。

また、それに加えて、イヤホンをしっかりと装着すると音に迫力が加わり、より優れた、響き渡るような音声を楽しむ事ができます。映画館で映画を見ていると音が身体に響いてくるような感覚がありますが、このイヤホンはそれに近い音質を作り出す事に成功しています。

迫力があり心に響く重低音を楽しみたい人は、この製品がおすすめです。

値段が安い

ソニーの提供するイヤホンには、1万円を超えるイヤホンや、3万円を超える製品が多くあります。それは、品質の高さゆえの価格設定であるといえるでしょう。しかし、ソニーは安い製品でも手を抜くという事はなく、このイヤホンも安い部類に属する価格設定となっていながら、優れた性能をもっています。

普通、3000円程度のイヤホンだとそこまで性能の良い製品は見当たらないのですが、この製品は実際の使用者の評価も高く、値段の安さと相まって、下手に値段の高いイヤホンを買うよりも高い満足感を得る事ができるのではないでしょうか。

この値段でこれほど優れた低音を表現する事のできる技術力の高さは、素晴らしいと思います。イヤホンの音色と値段を考えた時、非常にコストパフォーマンスの高い製品であるといえるでしょう。

リモコンが便利

MDR-XR55と異なり、このイヤホンにはケーブルにリモコンが付いています。このリモコンが非常に便利で、スマートフォンを取り出さなくても操作ができるので、たいへん使い勝手のいい製品となっています。

また、裏面にマイクが付いているので、スマートフォンに接続して通話をする事ができる点も特徴。リ

モコンはボタンがひとつ付いているのみでかなり小さく、ケーブルに付いていても全然邪魔になりませんし、コンパクトで使いやすい形状となっています。

ただし、デジタルミュージックプレーヤーでは、リモコンなどの動作が保証外となっていますので、その点に留意する必要があります。リモコンのないMDR-XB55とリモコンの付いた本製品MDR-XB55APとでは、値段もそれほど違わないので、邪魔になる事のない点も考慮すると、リモコン付きの本製品を購入する事をおすすめします。

MDR-XB55AP-Bの悪いところ

MDR-XB55AP-B-4

高音が少し鋭い

このイヤホンの特徴である低音は、非常に優れた音質を表現する事に成功しているのですが、そのぶん、高音のきんきんとした音色が気になる人もいるかもしれません。

普通に聴いているぶんには問題はないのですが、音量を大きくしたときに高音が響くような鋭い音になる事があり、そこは好みの分かれる部分ではないでしょうか。

しかし、高音の耳障りな音も、曲によっては全く気にならない物もありますし、音量を下げれば響かなくなりますので、そこまで気にする必要なないのではないでしょう。

しかし、鋭く響く高い音が気になるような人は、購入する際に注意が必要。このイヤホンの低音の表現力はすごいのですが、曲によっては高音が鋭く響く事があるという事も抑えておきましょう。

リモコンのボタンがひとつしかない

リモコンにはボタンがひとつ付いており、一度押して再生、もう一度押して一時停止、2回連続で押して次の曲へと変更、3回連続で前の曲に戻る、といった操作ができて便利です。

しかし、音量の調節などをする機能はないので、音量を変えたい時は、本体を取り出す必要があり、その点に不満を感じる人もいるかもしれません。

しかし、もしXperia端末を持っているならば、アプリをダウンロードする事でリモコンのボタンをカスタマイズする事ができ、再生、音量調節、曲の変更、通話等の機能を割り振る事ができます。リモコンのボタンの使い勝手を工夫したい人は、Xperiaとの連携も考えてみましょう。

遮音性が高すぎる

このイヤホンは高い遮音性を実現しており、しっかりと装着すると迫力ある音声を楽しむ事ができます。これは、このイヤホンの驚くべき性能であるといえるでしょう。

しかし、歩きながら音楽を聴く場合などは、しっかりと装着して大音量で聴いていると車の音が聞こえなかったり、自転車の接近が分からなかったりしますので、その点に注意が必要です。

また、電車に乗っている時も、イヤホンを奥まで嵌めて大音量で音楽を聴いていると、電車のアナウンスが聴き取りづらかったりする事があります。そのような点が気になる人は、イヤホンを緩めに装着して音量を低めに設定すると、イヤホンと周囲

の音のバランスが取れて、ちょうどいい具合に音楽を楽しむ事ができるのではないでしょか。

しかし、遮音性が高いという事はメリットにもなります。例えば、自分の部屋で一人静かに音楽を聴いている時などは、余計な雑音が入らないので、集中して迫力ある音色を楽しむ事ができます。また、喫茶店などで周囲の雑音を気にしないで作業に没頭したい時なども、この遮音性の高さは便利です。

このように、外界を気にせず音楽の世界に集中したいような場合には、最適なイヤホンであると言えるでしょう。

以上のような事を考えてみると、遮音性の高さには、メリットもデメリットもあることが分かります。いつでも、どこでも、迫力ある音声を楽しみたいという人は、遮音性が高すぎて電車や歩行時に注意が必要になる事もある、と覚えておきましょう。

しかし、イヤホンの耳に入れる強さを深め、浅め、といった具合に変えて使用すれば、外部の音の出入りをある程度調節する事ができますし、時と場合を考えて使用すれば、かなり優れた音色を楽しむ事ができます。

まとめ

このように見てみると、このイヤホンの最大の魅力は、迫力のある重低音であるといえるでしょう。映画館で体験する事のできるような、響いてくるような広がりのある音を楽しみたい人に良いのではないでしょうか。実際、このイヤホンの重低音の完成度の高さは驚嘆に値するものであり、一度は聴いてみる価値があると思います。

値段も安いですので、コストパフォーマンスの良いイヤホンを探している人や、手軽に買える良いイヤホンがほしい、という人におすすめしたい製品です。

  • デザインの美しいワイヤレスイヤホン【TicPods Free】が機能的にも素晴らしい
  • スマホ通話におすすめのイヤホンと設定方法
  • Bluetoothイヤホンのおすすめとどうやって選べばいいのか
  • イヤホンにディズニーの刻印を入れてオリジナルのイヤホンを作ろう!
  • Boseから睡眠用のイヤホン「Bose sleepbuds」が出る!寝付きの悪さを改善しよう!
  • Beats発売10周年記念の製品5つ全てを見ていこう!赤と黒のデザインがいけてます
おすすめの記事
複数枚で容量をシェアできるSIM11選!
SIMカード
SIMカードを使えば、スマホの月額料金は安くなります。そして、そのSIMカードをもっと効率的に使う方法がデータ量を複数人でシェアすることです...