Macのスクリーンショットの保存先とファイル名を変更する方法

macでスクリーンショットをとると、勝手にデスクトップに保存されて、ファイル名が「スクリーンショット_日付」みたいな名称になりますよね。

でも、保存先はデスクトップじゃなくて、自分で作ったフォルダの中に保存したい。ファイル名の「スクリーンショット」は英語にして欲しい。

なんて思ったりするのではないでしょうか。僕はします。

 

なので、この記事ではスクリーンショットの保存先の変更方法と、自動で生成されるファイル名の変更方法を書いていきたいと思う。

スクリーンショットの保存先を変える

保存先のフォルダを作成する

まずは、スクリーンショットの保存先を変えます。

スクリーンショットを保存したいフォルダを作りましょう。

スクリーンショット 2017-09-28 20.54.42

Finderを開いて右クリック→「新規フォルダ」をクリック。

スクリーンショット 2017-09-28 20.55.03

任意の名前でフォルダを作成します。

この中にスクリーンショットを入れていきますよー。

スクリーンショットの保存先フォルダを指定する

ここからがちょっと馴染みのない作業になるかもしれません。

macに入っている「ターミナル」というアプリケーションを開きましょう。

スクリーンショット 2017-09-28 20.48.15

わからない方は、画面右上の虫眼鏡のマークをクリック!

スクリーンショット 2017-09-28 20.48.51

検索バーが現れるので、ここで「terminal」と打ち込みましょう。

ターミナルという文字が表示されるので、Enterキーをクリック。

黒い画面が出てきたでしょうか。よくエンジニアがいじっている画面ですね。

ここで少し作業をします。

スクリーンショット 2017-09-28 21.05.40

さっき作ったフォルダをドラッグして黒い画面にドロップしましょう。

/Users/yourname/スクショ置き場

多分こんなようなものが表示されたのではないでしょうか。これは後で使うので、コピーしておきましょう。

表示されたらEnterキーを押します。

そして、以下のように打ち込みましょう。

defaults write com.apple.screencapture location /Users/yourname/スクショ置き場(さっきコピーしたやつ)

「defaults write com.apple.screencapture location」の後にさっきコピーしたものを貼り付けです。

 killall SystemUIServer

そして最後に上記のコマンドを打ってEnterキーを押しましょう。

これで設定完了です。

実際にスクリーンショットを撮って任意の場所に保存されるか確かめてみましょう。

 

ちょっと回りくどかったですかね。

まとめると以下のコマンドを打てばokです。

defaults write com.apple.screencapture location 任意のフォルダへのパス
killall SystemUIServer

デスクトップに保存先を戻したくなったときにはターミナルで以下の2つのコマンドを打ちましょう。

defaults delete com.apple.screencapture location
 killall SystemUIServer

スクリーンショットのファイル名を変更する

自動的に生成される「スクリーンショット 2017-09-28 21.18.47.png」などというふざけた名前を変更します。

今回は「スクリーンショット」を「screeenshot」に変更したいと思います。

今回もターミナルを使います。

ファイル名を見てみると「スクリーンショット 現在時間.png」という文字と数字の2つでできていますね。

ファイル名の文字列を変える

「スクリーンショット」という文字部分を変更したいときには以下のコマンドを打ちます。

defaults write com.apple.screencapture name 変更したい名前

今回は「screenshot」という名前にしたいので、「screenshot」とします。

defaults write com.apple.screencapture name screenshot

上記のコマンドを打った後にスクリーンショットを撮ってファイル名を確認してみましょう。

「screenshot 2017-09-28 21.30.56.png」

こんな感じになりましたね。

もとに戻したい場合には以下のコマンドを打ちます。

defaults write com.apple.screencapture name スクリーンショット

ファイル名の日付部分を変更する

以下のコマンドを打つと日付を入れないようにすることもできるようです。

defaults write com.apple.screencapture include-date -bool false

もとに戻したいときには以下のコマンドを打ちましょう。

defaults delete com.apple.screencapture include-date```

まとめ

ターミナルで数行打つだけでスクリーンショットの保存場所やファイル名を変更することが出来ます。

ファイル名なげえなあ、とか思ったらやってみるのもありですね。

How Toの関連記事
  • MacのDockを追加・削除・隠す・整理する方法
  • Macでスクリーンショット動画を撮る3つの方法
  • Macで眼精疲労・疲れ目をを軽減・対策する設定方法
  • Wi-Fiルーターの電波を強くする部屋の置き場所
  • MACからウォークマンに音楽を取り込み・削除する方法
  • パソコン・スマホでGyazoを使って簡単に画像・スクリーンショットを共有する方法
おすすめの記事