【レビュー】ドローン初心者におすすめなのは、トイドローンHubsan X4 HD!

最近、色んな所で目にするようになったドローン。ドローンと言っても本格的なドローンからトイドローンまで種類は様々で価格もピンキリです。ドローンを操縦したい!と思ったきっかけは、昔からラジコン系のオモチャが好きだったから。
だけど、女子なんです。。。

でも女子だってドローンを操縦したいという思いは男子に負けません!仕事にしたい、趣味の範囲で楽しみたいと用途も様々。趣味として始めるにはあまり高価なものには手が出ない。

そこで今回購入したのは、トイドローンの「Hubsan X4 HD」。値段も1万円以下なので初心者には入りやすいと思います。

「Hubsan X4 HD」レビュー

HUBSAN X4 HDは¥9000円弱とトイドローンでも中間レベルの物ですが、カメラ機能もあるので気軽に空撮が楽しめます。

hubsan x4

セット内容は本体、コントローラー、プロテクト、羽の予備4枚、電池1個、4GBマイクロSDカード、USB充電コード、羽を取り替える器具。カメラは200万画素なので、そんなに良質な画質は望めませんが、初心者には十分だと思います。

さて、ドローンを初めて触る人でも日本語の説明書が付いているので、初期設定は迷いません。

本体に羽とそれを守るプロテクターをセットします。

慣れてくるとプロテクターは必要ありませんが、最初はぶつけまくり、羽が壊れる可能性大なのでプロテクターの使用をお勧めします

hubsan x4 2

まずコントローラーの電源をONしてから、本体の電池をセットします。セットが完了すると、コントローラーの緑のランプが点滅から点灯に、本体のLEDランプの点滅から点灯に変わり、「ぴっ」という音がしますので、これで準備完了です。

ドローンには通常モードとエキスパートモードがあり、違いはエキスパートモードにすると、上下左右だけではなく360度の宙返りをする事が出来ます。

まず通常モードで完璧に操縦出来るようにならなければ難しいと思います。最初にトリム調整を行います。

hubsan x4 3

説明書にはコントローラーを何も触っていない状態で前後左右、上下に動いた場合は地上50cm地点で各エレベータートリムをさわり、同じ位置にとどまるように(ホバリング)するように微調整する、と書いてありますが、これがまた分かりにくい。

ネットで色々調べてみると、まず、エキスパートモードに切り替え、各トリムを50の数字に合わせるように調整すると、「ぴっ」という音がしたら完了。

最後に左スティックを右下に固定し、右スティックを左右に素早く動かすと、本体のLEDランプの点滅が点灯に変わり、これで全てのトリム調整が完了という事実を知りました。(これは説明書だけでは分かりませんね)

その後、説明書にあるように動きに合わせてトリム調整を行えば良いようです。さて、準備が整えば早速フライトです。本体は手のひらサイズでとても軽いので持ち運びは楽なのでどこにでも気軽に持っていけるところがお勧めポイントでもあります。1番気になるのが、音です。

とにかく「ブンブン」とハエのような物凄い音がします。うるさい(笑)

慣れれば可愛いのですが、機体の小いささからは予想外の音ですので、周りに迷惑が掛からない場所で飛ばしましょう!

ドローンの電池はLipoバッテリーを使用しますが、1度のフライトで5分程度なので、自分で5分タイマーをかけて電池が切れる前に着陸しないと大変な事になります。
電池の充電も30分ほどかかるので、電池の予備は何個か用意しておくと良いでしょう。そして電池を何個も一気に充電できる充電器も低価格で販売されているので、こちらも必需品です。

私は電池は10個用意しているので、50分の飛行が可能です。やはり練習時間が短いとなかなか上達しないので出来れば多くの電池があればベストでしょう。

hubsan x4 4

こちらはフライト状態のhubsan x4 です。家のリビングで飛行練習をしているところですが、出来れば風のない広い屋内で練習を積んで、のち屋外での飛行を行いましょう。

機体が小さい分、風は大敵です。少しの風でも機体が流されてしまうので、風のない所で完璧に操縦できるようにならないと外ではまず無理だと思います。hubsan x4はスマフォなどで連携して操縦できる機能がないので、目視出来ない所まで飛ばしてしまうと、前後左右が分からず操縦不能に陥ると思います。

LEDランプの色で機体の前後は分かりますが、ランプの色が分からないほど遠くへ飛ばしてしまうと、もうお手上げ状態です。hubsan x4 はお手軽な反面、使用目的に制限があるような気がします。

カメラ機能を試してみましたが、カメラ位置は変えられないので、画角調整を思うように変えられないのが難点です。ただ、操作が上手くなり旋回を上手く出来るようになれば、それなりの空撮も楽しめると思います。

MicroSDカード使用なので、撮影後も手軽にPCに読み込めます。トータルとして、ドローンを楽しみたいけど何が良いか分からないし。。。お金もそんなにかけるのは。。。というドローン初心者にお勧めのトイドローンだと思います。

グッズ, 電化製品の関連記事
  • 1万円の最高級マスクAirinum(エリナム)が花粉・汚染物質対策に良いかも
  • イヤホン型とメガネ型の聴覚サポートデバイス「αble」で聴こえ方が変わるかも
  • iPhoneを早く充電するなら高速充電できるUSB Type-C充電器を使おう!
  • 集中力を高めるグッズに「WEAR SPACE」はいかがだろうか
  • WG2600HP3を購入レビュー!IPV6対応の新型無線LANルーターです
  • スマホの画面割れを防ぐ塗って保護するコーディング剤がすごい
おすすめの記事
NEX 5Rは機能てんこもりでコスパ高!!
デジカメ
カメラに何を求めるかは人によって違いますが、私の場合できるだけ小さく、しかし大きいボケも味わってみたい、でも予算が・・・という状況でした。 ...
ICONIA(acer)のA1-830を購入した感想
タブレット
購入のきっかけ 普段はノートパソコンがあれば事が足りると思っていましたが、周囲の友人たちほとんどタブレットを使っているのが気になり始めました...
Macの真実とMacを安く買う方法
パソコン
次はWindowsじゃなくて Mac欲しい! 自分もスタバでドヤ顔したい! でも、Macは高い…確かに高いです。高いけど、実際の所スペック...