kindle paperwhiteを買って使ってみた感想

kindle paperwhiteについてレビュー致します。
本が好きな方は買って損のないものです。

本を長く読んでいると、ページをめくる面倒臭さや、ブックカバーなどをしていても本を傷つけたくないからちょっと気を使うという方も多いのはないでしょうか?

自分は本を上記の両方に当てはまるのでなにかいいものは無いかと探していたところ、今はスマートフォンでも読書ができるということに気づき、しばらくはスマートフォンにキンドルのアプリをいれ読んでいました。

良い点として、とても動作が軽快でスムーズで、いつでもどこでも本を買えるし、絶対に持ち歩いているという利点がありましたが、一方で、長時間の読書では電池の消耗の激しさや、普段の仕事と合わせて目の疲れがひどく、頭痛を起こす時ももありました。

そこでキンドルのことについて調べて購入に至りました。買ってみた感想としてそれぞれの良い点、悪い点を紹介します。

kindle paperwhiteの良い点

 これだけ持ち歩いていればいい

DSC_0063

出張や長時間の電車通勤では本が一冊で足りないという人もいるかと思いますが、容量のある限り、いくらでも本を持ち歩けます。これはスマートフォンでも一緒ですね。

目が疲れない。

DSC_0065

これは電子書籍独自のものらしいのですが、一般的に言うテレビやパソコンの画面、スマートフォンの画面等は、光を発しているので光源を直接見ている状態になるそうです。これが非常に目に悪いそうなのですが、電子書籍は画面自体は電子ペーパーと呼ばれるもので、光は一切発していませんし、画面を切り替えないかぎり、画面はそのままで消えません。
内蔵のライトがついていますが、これも画面が光っているいう認識ではなく、電子ペーパーを照らしている構造になっていて、それが目に優しいと言われる理由です。実際に使っていても目が疲れません。内蔵ライトの光量調節ができるのも嬉しいです。

アマゾンだからこその書籍数

数ある電子書籍の中でなぜこのキンドルなのかというと、書籍数がダントツだからです。漫画や人気小説を始め、沢山の書籍がそろっています。

kindle paperwhiteの悪い点

 一般的な小説に比べると気持ち重い

DSC_0066

実際に電気屋等で持ってみるとわかるのですが若干重いです。サイズ感は同じくらいですが、ずっと持っていると疲れるという人もいるかと思います。

中古という選択肢が無い

本といえば中古を買うという方も多いと思いますが、電子書籍販売ですので中古を購入するということはできません。
ですが、中古の本を裁断機で切り、電子書籍用の画像データに変換し、電子書籍やスマートフォンで見れるようにする自炊というものも存在するそうです。
どうしてもという場合には選択肢としてあるようですがあまり私は馴染みありません。

イラストの多いものはページめくりが少しもっさり感がある。

電子ペーパーの性質上、文字等が次のページに薄く残ってしまう現象が発生します。イラストですとそれが多くなるので機械がそれを判断して一瞬真っ黒の画面にしてリセットをするのですが、その動作があるため、ページめくりに0.5秒程と若干の時間がかかります。普通の文字だけのものでしたらもっと早いです。

タブレットの関連記事
  • AmazonからFire HD 8 タブレットが新発売!発売日は10月!
  • 6インチ電子書籍リーダー「Kobo Clara HD」の予約開始!上位モデルにしか入っていなかった機能も搭載されてるぞ!
  • さらにタブレットを便利にするグッズ・アクセサリー
  • iPad2017の使用レビュー!パソコンが必要なくなるほど便利です
  • ApplePencilは、あなたを虜にする究極の1本
  • iPad Air2購入と一緒に専用キーボードも買ってみた!
おすすめの記事