MVNO利用者必見!2万円以下でAndroid5搭載のgo2をゲット!

スクリーンショット 2015-10-20 14.36.27

昨今大手キャリア以外の通信各社、ISP事業者からSIMカードを販売して携帯電話を安く使えるMVNOのサービスが増えていますね。

月次の通信量や通話音声品質は大手キャリアと遜色なし!でありながら月次1500円前後から契約して使い始められる契約形態も多く、実際大手キャリアよりかなり割安でスマホを使えます。
しかし、まだまだ国内ではSIMフリーで使える端末が多く出回っていないこと事実。
結局高価な端末を合わせて購入することになると、安く抑えた通信料の意味がありません。
そこで、今回は
・お!キャリアで買うより確かに安い!
・でもそれなりに使える!
・しかもAndroid5!
といった、お得感のあるスマホをご紹介します。

お!キャリアで買うより確かに安いgo2!

MVNO利用者必見!2万円以下でAndroid5をゲット! MVNO利用者必見!2万円以下でAndroid5をゲット!2

ズバリ!NTTレゾナントから発売されているgo2!
NTTレゾナントからオンライン販売限定で発売されているスマホ(android)です。
価格はズバリ2万円。キャリアで最新スマホを買うと4,5万することもザラなので、十分安い部類に入ると思います。
スペックは

  • OS:Android 5.0 Lollipop
  • CPU:Snapdragon 410 MSM8916 クアッドコア 1.2GHz
  • ROM/RAM:8GB/1GB
  • サイズ:144×70.7×7.7mm
  • 重量:約132g
  • ディスプレイ:5インチ IPS 液晶 1280×720 HD

となっており、まずまずの内容。
ではそれぞれ細かく見ていきましょう。

でもそれなりに使える!

MVNO利用者必見!2万円以下でAndroid5をゲット!3 MVNO利用者必見!2万円以下でAndroid5をゲット!5

まずはROM/RAMですが、RAM容量が1GB。正直これまで使ってきたandroidは2GBのものばかりだったので、どうだろ~!?
と思いながら購入しました。使ってみると、ヌルサク、とは行きませんが、ウェブ閲覧、ちょっとSNSくらいのライトな利用なら十分かと!
ただしゲームやたくさんアプリを起動している環境下では正直きついですね。
ホームボタンでホームに戻る時も、ホーム画面が1ー2秒間暗転し、描画されません。
まあ、2万円だしね。といった諦めもありつつ…
ただし、ライトな利用しかしない人ならほぼストレスなく使えると思います。
ちなみに上位互換モデルのg03であれば価格は1万円上がりますが、2GBのモデルです。

次に端末のサイズ感ですが、ディスプレイが5インチ液晶となっており、画面サイズがしっかり取れている印象です。
動画を見るのもスマホで見るなら十分ではないでしょうか。
iPhone6よりも物理サイズは大きいので、画面が小さい感じは一切しません。

重量/132gに対してサイズは144×70.7×7.7mm。これも手のひらで十分収まり、ポケットの中でも異物感がぎりぎり感じられないレベル。
iPhone6と比べるとちょっと大きいかな…しかし、iPhone6+に比べれば小振りなので、ボタンが押せない!といったことはありません。

液晶、サイズ感ともにかなり絶妙ですね。

しかもAndroid5!

android5

OSは結構大事です。Android5がすごい!とかそういうことではなく、レガシーなバージョンを使うと、あっという間にOSがアップデートされてしまいます。
いや、古くてもいいんだけど、という人もあるかと思いますが、使っているアプリが対応してくれなくなる可能性があるのです!
これはコマッタ。とならないように、なるべくOSは最新のバージョンを使いたいですよね。
このスマホ2年は使いたいな~。今、1世代前の4.4を購入してしまうと、2年後にはちらほら使えなくなるアプリも出てくるかもしれませんね。
ということで、選ぶときはOSは結構意識しました。格安スマホは未だにAndroid4系を販売している事業者もありますからね。

本機はAndroid5.0ですが、2015年10月現在で5.0.2まではアップデートできましたよ!

見た目がなかなかいい感じ。

MVNO利用者必見!2万円以下でAndroid5をゲット!7

正直スペック勝負で選んだので、それほど意識はしてなかったのですが、見た目がかなりiPhone6チックです。
つや消しの背面パネルや縦長のボディ。表のボディも白の鏡面仕上げとなっており、Android然とはしてない、シンプルで洗練されたデザインです。
物理ボタンはボディについているタイプですが、タッチ感応式のホームキーだけがボディにプリントされています。
バックキーとショートカットキーも感応式で用意されていますが、スリープ時、利用時でも光りません。
iPhoneのシンプルなホームボタンだけのデザインに非常に近いですね。

このスマホを見た人は、あれ?iPhoneに変えたの?とよく聞いてきます。
つるつるしてシンプルなボディなので、使ってみて納得。結構気に入ってます。

  • mineoユーザー必見!AWAを3ヶ月無料で楽しもう!
  • 複数枚で容量をシェアできるSIM11選!
  • 【大容量】30GB以上使えるSIMカード8選!
  • 【スマホ料金月額1880円】簡単に安くしたいなら、IIJmioのコミコミセットがおすすめ
  • 【総合満足度1位】mineoの料金プラン・電話・解約方法・サービスを紹介
  • 【MVNOシェア1位】楽天モバイルの評判・料金・解約方法を紹介
おすすめの記事