DTIのServersMan SIM LTEをiPad Airで使っています

私は現在DTIのServersMan SIM LTEという格安SIMを契約しており、このSIMをSIMフリー版のiPad Airに入れて使っています。ServersMan SIM LTEの特徴や使用感などを私の体験談をベースに紹介していきたいと思います。

ServersMan SIM LTE導入のきっかけ

8cb3b5f98951ea07f30902679eabccb9_s

私は現在ガラケーとiPad Airの2台持ちで運用していますが、以前はスマートフォンを1台で運用していました。
スマートフォンは一台で多くのことをこなせるので非常に便利だったのですが、毎月のランニングコストが7000円程度かかってしまうことと、バッテリーの持ちが良くないことが私にとってはネックでした。

私は仕事の関係上、音声通話機能を使うことが多くまたいつでも着信できるように整えておく必要がありました。

スマートフォンの場合は常に電池切れ対策や節電のことを考えておかねければなりませんでしたし、通話をしながらネットで情報検索をすることができなかったので、これらの問題を全てクリアにするためにガラケーとタブレットの2台持ちにしようと思ったのです。
ガラケーならばスマートフォンよりも安い基本料金で定額音声通話ができますし、バッテリーの心配もありません。また通話をしながらタブレットで情報検索ができる点も魅力的に感じ、2台持ちスタイルにしようと思ったのです。

ServersMan SIM LTEを選んだ理由

タブレットを持とうと決めた時に真っ先に頭に浮かんだのが格安SIMの利用です。
携帯電話会社と契約してタブレットを運用しようとすると毎月のランニングコストが高額になってしまいますし、契約の2年縛りもあるのでいま契約するのならば絶対に格安SIMだと思っていました。

スクリーンショット 2017-10-01 23.08.46
現在は多くのMVNO業者が格安SIM事業に参入していますが、その中でも私がDTIのServersMan SIM LTEを選んだのは、iPad Airに公式対応していたことと、月額467円で運用できること、いち早く格安SIM事業に参入していたMVNO業者なので安定したサービスを受けれると思ったことが主な理由となります。

 

2台持ち体制にする前、私はiPhone4Sを使っていたのでタブレットを利用するなら同じiOSを搭載しているiPadシリーズを利用したいと思っていました。
iPad Airの動作を公式にサポートしつつ、毎月500円程度の費用でiPad Airの運用ができるServersMan SIM LTEは私にとってとても魅力的に見えたのです。

使ってみての感想

実際に使ってみての感想ですが、初期設定に関しては公式サイトのマニュアル通りに設定することで簡単に済ませることができました
しかしiPhone6シリーズにはプロファイルが用意されていたのですが、iPad Airにはプロファイルが用意されておらず手動で設定する必要があったので、iPad用のプロファイルも用意して欲しいと感じました。

通信回線についてはドコモと同じ回線ということもあり建物の中でも安定しています。速度については、広島市内において実測値で1Mbps程となっています。
大容量アプリのダウンロードや動画の閲覧などは難しいですが、簡単な情報検索やLINEでのメッセージの送受信、Gmailの利用は問題なくできています。

まとめ

DTIのServersMan SIM LTEはライトユーザーには最適な格安SIMの一つだと思いますし、非常にコストパフォーマンスに優れていると思います。
あまりネットを行わず、検索やLINEでのやりとりやメールが主な使用用途という人にはおすすめができる格安SIMです。

 

SIMカードの関連記事
  • mineo100万回線キャンペーンで月額900円割引!
  • 【mineo使用レビュー・店舗で契約】評判とメリット・デメリット紹介
  • DTIのServersMan SIM LTEをiPad Airで使っています
  • OCNモバイルONEの使用レビュー!メリットとデメリットを紹介します。
  • 【mineo使用レビュー】使う前に知っておきたいメリットとデメリット
  • 楽天ブロードバンドSIMはお世辞にも速いとは言えないが、低価格な通信費!
おすすめの記事
ICONIA(acer)のA1-830を購入した感想
タブレット
購入のきっかけ 普段はノートパソコンがあれば事が足りると思っていましたが、周囲の友人たちほとんどタブレットを使っているのが気になり始めました...