PhotoLibraryで稼ぐのは甘くはなかったです。

最初に結論めいたものを書いてしまいますと、当たり前のことですが、ストックフォトといったジャンルで稼ぐのもそう甘くはない、ということになるのではないかと思います。

少なくともわたしはほとんど稼ぐことが出来ませんでした。

「作品」発表の場ではない

Photo Libraryだけに留まらず、恐らくすべてのストックフォト販売サイトの注意書きには必ず書いてあることだと思いますが、ストックフォトの販売サイトは、「作品発表の場ではありません」。この部分に関してはしっかりと頭に置いておく必要があります。

そこで求められる写真の意味を常によく考えて作った写真でなければ、買い手はつきません。

ストックフォトはあくまで「素材」

写真を作る上でよく考えておかなければならないことは、ストックフォトはあくまでも何かに利用するための「素材」でしかないということです。「芸術作品」を必要とされている訳ではありません。

ですのでblogやSNSなどで「いいね」をもらえる写真などとは、そもそもの写真を作る方向性が全く違っていると思います。

写真を投稿する以前に、写真を撮影するときからその部分に関してはしっかり意識する必要があると思います。

どういうシーンで使われるのかを意識する

多分これもごくごく一般的なセオリーなのだろうと思いますが、ストックフォトとして投稿する写真は、どういうシーンでどのような素材として使われるのか、どういう写真ならば素材として利用ししやすいのかを、写真を撮影する段階から既に意識しておく必要があるのだと思います。

そういう観点からは季節やそのときどきの流行、イベント等々を常に意識して、この時期にはこういうイベントがあるから、こういった素材が求められるはずだ、などという発想で、先を読んでこれから求められるであろう写真のジャンルを考えておくと良いのだと思います。

その点Photo libraryは比較的親切で、これから売れるであろうジャンルをメールマガジンであらかじめ知らせてはくれます。ですが実際には、そのメールを見てから写真を作り始める、では恐らく遅いのだと思います。それよりも先んじる形で、世間一般で行われる季節行事などは頭に置いておかないといけないのではないかと思います。

NG写真となる基準がかなり多い

写真が採用されるには、Photo libraryの運営会社による事前審査がありますが、この基準もある程度厳しいものになっています。

人物が写っている写真は、写り込んでいる人物すべての承諾が必要になります。また、画質的に良くない写真はもちろんNG。各社のロゴの入った写真もNGとなります。

たとえば旅客機の写真では、航空会社のマークが写真の中に見えるとそれだけで不採用となります。電車でもJRの文字などが見えてしまったらアウトですね。

投稿する写真は「商品」となるのですから当たり前のことなのですが、最低限のクオリティは満たさなくてはなりません。

ただ、これらのチェックポイントをクリアして「素材」とはどういう写真なのかのセンスを一度、身につけてしまえば、あとはきちんと稼ぐことの出来る副業(あるいは本業とも)なり得るものだと思います。

ネットで稼ぐの関連記事
  • SNSで稼ぐための手段としてインスタやTweepieを使うのはどうでしょう?
  • ポイントサイト9種を比較!稼げるおすすめお小遣いサイトは?
  • 記事を書いて稼ぐならブログルポ!4つのサービスを比較してみたよ
  • ネットで稼ぐノウハウが欲しいならココナラをみるといい
  • Coincheckで口座登録をして、クレジットカード決済までする
  • NAVERまとめは本当に稼げるのか??試してみた結果
おすすめの記事
Androidでしかできないこと13選!
スマートフォン
iPhoneを持っている人は多いですが、Androidも負けてはいません。iPhoneではできないけど、Androidならできるといったこと...