WG2600HP3を購入レビュー!IPV6対応の新型無線LANルーターです

NECより待望のIPV6対応の新型無線LANルーターを購入!Aterm WG2600HP3の実際の使用感と感想を紹介していきますので、これから購入を検討されている方、又は気になっている方のご参考になれば幸いでございます。

遂に登場!新型Aterm WG2600HP3を早速、購入!

個人的にNEC製は評判も良く、相性もバッチリ良くて皆さんにも是非ともオススメしたい程、とても気に入って使い続けています。前モデルのAterm WG2600HP2の発売から約2年半振りのモデルチェンジになりますので発売前から大変期待をしていました。

Aterm WG2600HP3の良い点

NEC製待望のIPV6対応モデル!

最も注目すべき点は、なんといってもIPV6対応モデルであることでしょう。まだまだ各種プロバイダの対応が少ないですが、次世代のインターネット通信で注目を浴びている事でも知られています。また、独自の技術のIPv6 High Speed対応予定なのでこれから先がとても楽しみですので期待をしています。

業界最速の通信速度と独自のデュアルコアにより更により快適に

やっぱり何と言っても最大のこの魅力は外せないでしょう!これは前モデルにも搭載されておりました。独自のデュアルコアCPUで5GHz帯と2.4GHz帯の同時通信を利用しても通信速度が落ちることなく、快適に利用ができる点がこのモデルの最大の魅力の一つだと感じています。

全有線LANポート、次世代ギガ対応!

4Kテレビ等の映像や音楽等の通信配信サービスが進む時代には欠かせない大容量のデータ通信もスムーズなので、映画や動画を楽しめて快適です。実際にリビングで使用をしていますが、とても実感しております。

独自のハイパワーシステムでさらに通信可能エリアが拡大

前モデルのAterm WG2600HP2を使用していた時よりも、今回のモデルはさらに通信可能エリアが拡大したのが、使用してとても実感しております。今まで電波が入りづらい所や電波が繋がらない部屋がありましたが、どの部屋に行っても快適に繋がるようになったので今まではすっかりストレスフリーの環境を体感しています。

オートチャンネルセレクト機能とバンドステアリング機能で抜群の安定快適通信!

この機能のおかげで電波の繋がりにくい状態や時間帯でも自動で電波干渉の少ない周波数のチャンネルに切り替わるので高速かつ快適な通信状態を保っています。

ビームフォーミングとMU-MIMO搭載で複数同時通信も快適!

複数の端末機器を使用する我が家ではこの機能はとてもありがたいです。この機能のおかげで複数を同時に接続しても通信速度が遅くなることもなくサクサク快適に繋がっています。

Wi−Fi設定引っ越し機能で、ラクラク簡単設定!

前モデルのAterm WG2600HP2にも搭載されていた大変便利な機能。個人的に大変便利な機能で今回のモデルにも搭載されています。購入してすぐに設定が完了できるところが非常に便利な機能です。この機能のおかげで今まで面倒な接続設定に時間が掛かっていましたが、接続設定時間を大幅に短縮することができました。

専用アプリのAtermスマートリモコンでスマホからもラクラク詳細設定!

今まではパソコンに接続されたインターネットのウェブサイトからでしか詳細設定の操作を行うことができなかったのですが、無線LANルーター本体の詳細設定が専用アプリからスマホからでも操作がラクラク設定が可能になったところがとても便利です。

縦置き・横置き・壁掛けも置き方自由でコンパクト!

前モデル同様、高性能な機能を備えていながら本体はコンパクトなところが今回もとても魅力を感じています。今回は前モデルより更により安定した専用スタンドが付いていますので、縦置きでも横置きでもより安定感が感じられます。

特に壁掛けは前モデルの簡易的なホールフックの取り付けとは違い、専用スタンドがブラケットとして使用ができます。より安定した壁掛けの取り付けが可能になりましたので、取り付けてもより安心感が増しましたのも大きな魅力を感じました。

使っていない時は自動で節電モード!

無線LAN機器を使っていない時は自動で節電モードに切り替わります。また使用する時は通常モードに自動で切り替わる機能が備わっているので省エネにも対応していて、家計にとっても経済的です。また、前モデルと比べて本体の熱がかなり抑えられている点が改善されているようにも思えますので、その点もこの機能のおかげとも言えます。

ソフトウェアやファームウェアのバージョンアップ更新もラクラク!

インターネットのウェブから最新のバージョンアップも操作1つで自動で更新実行ができる点がとても魅力を感じます。

便利なWi-Fiデュアルバンド中継機能!

どうしても部屋の環境によっては親機と子機が離れていて電波が届きにくいような環境にも中継機として電波を飛ばすことができる機能がございますので、この機能により環境に最適かつ安定した電波をより遠くへ飛ばすことができます。

我が家の場合、前モデルを中継機として併用することでさらに広範囲の通信電波環境を拡大することができましたので、より快適な環境づくりによって繋がりやすさを楽しむことができ、快適に使用しております。

Aterm WG2600HP3の悪い点

デザインについては本体がシンプルになった

個人的には壁掛けタイプとして取り付けているので、隠れてしまいますのでデザイン的にはあまり気にしてはおりませんが、置型タイプで使用する時には前モデルの流線型タイプでインテリアとしてもオシャレな本体のデザインがとても気に入っていたのですが、今回は非常にシンプルな箱型タイプの本体なってしまったのがとても残念です。

USB端子が無くなった

前モデルには搭載していたUSB端子が新型モデルには無くなりました外付けハードディスクを接続することでファイル共有できたのですがとても便利な機能でしたが無くなってしまってとても残念です。

有線LANポート数が少ない

最近では無線LANがほとんど主流になっていますが、やはり環境や時間帯によってはどうしても不安定な時もございますので、個人的にはパソコン本体は有線LANの方が安定した通信速度を保つ事ができるので有線LAN派なので、ギガ対応のLANハブを併用する必要がございます。個人的にはポートの数がもう少しあっても良いと思います。

 

まとめ

コンパクトでありながら多機能・高性能で全てにおいて完成度が高い!

設定操作もシンプルで、むしろ欠点の方が無いほどの優れものです。前モデルのAterm WG2600HP2より機能は格段にパワーアップしています。特に通信可能エリアが拡大した点とより安定した通信機能が改善されております。

また期待が高まるIPV6対応モデルなので、さらなる将来性が期待できます。価格も安価で手頃な無線LANルーターが数多くございますが、これだけの高機能のモデルで1万円台はかなりお得な買い物と言えますので、ワンランク上のネット環境を楽しみたい方は是非ともオススメ致します。

無線LANルーターをこれから購入を検討をされている方、また気になっている方、候補の1つとしてオススメを致します。期待以上の性能を実感できる一品です。

グッズの関連記事
  • 目標金額の4322%を達成した小型プロジェクターが素晴らしい
  • 姿勢を矯正するのに「UPRIGHT GO」を背中に取り付けたい
  • 脳を刺激して集中力を刺激するデバイスなんてものがあるらしい
  • Macの外付けモニターとして「Vinpok Split」がスマートでカッコイイ!
  • 【愛猫家必見】外出時でも猫の様子を確認できる『Catlog』が便利!
  • ORIIで指をスマホにして電話しよう!
おすすめの記事
iPhone6sの新色はローズゴールド!?
スマートフォン
iPhoneファンのみなさん、新たなiPhoneの登場を待っていることでしょう。 どんな機能、どんなデザインなのか、、、そしてどんなカラーな...
ATH-FC707の使い心地をレビュー
イヤホン・ヘッドホン
私が購入したのは、オーディオテクニカのATH-FC707です。価格は家電量販店で購入して5,000円しないくらいの手頃な価格で、まあまあいい...