AndroidからiPhoneに機種変更をした際に様々なデータを移行する方法

スマートフォンをアンドロイドからアイフォンに移行したいけれど、色々とデータの移行が面倒だし、替えたいけど操作や今まで蓄積したデータがうまく移行できるかどうか不安。そんな方々のために、皆様の現在お手持ちのアンドロイドからあなたの大切なデータやアプリをどのようにすれば移行できるのか!というご紹介をさせていただきます。

LINEのデータやトーク履歴を移行する方法

ほとんどの皆様が現在、様々な方々との連絡手段は通話の他に、無料でメールや通話、テレビ電話まで行える「LINE」を使用していることと思います。まずは、その大切な様々な人々とのトーク履歴や友達リストの情報などを、消すことなく正確にデータを移行できるかどうかが心配ですよね。また、使用したことのないアップルの機種ですから操作性も異なるので色々とご心配かと思いますので一つずつ解説させていただきます。

まずは、機種変更する前に現在のAndroidスマホで、「LINE」の引きつぎの準備が必要になってきます。

 手順① 登録してあるメールアドレスの確認をします。

1)「友だち」→「設定」→「アカウント」をタップします。
2)「メールアドレス」をタップします。
3)「メールアドレス変更」にご自身のメールアドレスが表示されます。

 手順② パスワード設定

「Line」を引き継ぐ際には、パスワードの設定が必要になってきます。パスワードを忘れてしまった場合には、パスワードの再設定が必要となりますので念のため      に確認しておきましょう。
1)「ログイン」の画面→「パスワードを忘れた場合」をタップします。
2)「Line」に登録しているメールアドレスを入力します。
3)「確認」をタップします。
4)ご自身のメールアドレスに再設定の通知が届きますので再設定しておきましょう。

 手順③ トーク履歴のバックアップ

1)「友だち」→「設定」→「バックアップ」をタップします。
2)「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップします。
3)「Googleドライブにバックアップする」をタップします。

 手順④ 引き継ぎの許可

機種変更後電話番号などが変わる場合には、引き継ぎの許可が必要となります。
1)「友だち」→「設定」→「アカウント引き継ぎ設定」でアカウントを引き継ぐをオンにしてください。36時間以内に引き継ぎを行わなければならないので、機種変更をする当日にやっておくとよろしいかと思います。いよいよこれで、「LINE」に関しては準備が整いました。

新しいiPhoneへの引き継ぎ方法

引き継ぎ方法をご説明させていただきます。

  1.  まずは、新しく購入したアイフォンに「Line」のアプリをインストールしましょう。
  2.  アプリを開き、最初の画面で「ログイン」をタップします。
  3.  登録してあるメールアドレスとパスワードを入力します。
  4.  ご自身の電話番号を入力し、SMSで届いた4桁の暗証番号を入力します。

以上で引き継ぎが完了し、今まで通り「Line」を使用しながらの日常生活を送ることができます。

AndroidからiPhoneへ電話帳を移行する方法

では、皆様の大切な電話帳の移行についても説明させていただきます。前述の「Line」だけでは、今まで積み重ねてきた全ての大切な情報を移行したことにはなりません。やはり、電話番号やメールアドレスが登録されている、電話帳も皆様にとって大切な情報です。 それでは、いくつか電話帳の移行方法はございますが、とても簡単でSDカードの準備も必要なく、無料で移行できる方法をご紹介させていただきます。

Androidでの移行準備

  1.  機種変更する前のアンドロイド携帯を使用します。まずは、「Google Play」から「JSバックアップ」をインストールします。
  2.     インストールしたアプリを開きます。画面中央の「かんたんデータ移行」をタップします。
  3.  「データを取り出す」をタップします。
  4.  「無料プラン」をタップします。
  5.  「取り込みに必要なパスワード」を設定します。
  6.  「データ取り出しスタート」をタップします。
  7.  データを取り出した後は、画面に「QRコード」が現れますので、このQRコードを読み込めば新しく購入したアイフォンで電話帳のデータが読みとれますので、スクリーンショットなどで撮影し、保存しておきましょう。

iPhoneにデータを移行する

次に購入しましたアイフォンでの操作方法のご説明をさせていただきます。
手順① まずは、アイフォンでも同様に「App store」で「「JSバックアップ」をインストールします。
手順② 「JSバックアップ」を開き、「かんたんデータ移行」をタップします。
手順③ 「データを取り込む」をタップし、「QRコード読み取り」をタップします。
手順④ アンドロイドですでに保存をしておいた「QRコード」をアンドロイド画面に映し出し、アイフォンで読み取ります。
手順⑤ 設定したパスワードを入力し、「このパスワードで実行」をタップします。
(手順⑥)「JSバックアップ」の連絡先へのアクセスが許可されていなければ、「設定を開く」をタップし、「連絡先」の項目を「オン」にしてください。
手順⑦ 「データを取り込みスタート」をタップしますと、データが取り込まれ、連絡先の移行が完了します。

AndroidからiPhoneへ画像を移行する方法

続いて、皆様の長年撮りためた写真などの思い出を移行する方法をご紹介させていただきます。ここでは、画像のファイルを「Zip形式」に圧縮して移行する方法をご紹介させていただきます。

Androidでの移行準備

  1.  「Google Play」から「Andro Zip」をインストールします。
  2.  アプリを開き、表示されるフォルダのプレビュー画像を見ながら、移行したい画像の入っているフォルダを探してください。
  3.  そのフォルダがある画面の上部に「マルチ」をタップします。
  4.  いくつか項目が出てきますので、一番上の「複数のZIP」をタップします。
  5.  そして、圧縮したいファイルを選択し、タップすると緑色になり、「キャンセルしてください」、「作成してください」と画面上部に表示されますので、「作成し てください」をタップします。
  6.  圧縮後のファイル名を付ける画面になりますので、ご自身でわかりやすいように、「旧携帯写真」などとファイル名をつけていると良いかもしれません。
  7.  圧縮ファイルが完了しました。
  8.  「Google Play」から「DropBox」をインストールします。このアプリは写真や動画を様々な媒体で無料で共有することのできるサービスになっております。
  9.  アプリを開き、アカウントの新規登録をします。
  10.  「メニューボタン」→「新規フォルダ」をタップします。
  11.  フォルダ名を入力する画面が出るので、わかりやすいように先ほどと同様に、「旧携帯写真」などとしておきましょう。
  12.     11で作成したフォルダをタップし、「メニュー」→「ここにアップロード」→「他のファイル」→「旧携帯写真.zip」を選択します。これで、「DropBox」に大切な写真を保存することができました。

iPhoneへ写真を移行する

次に新しく購入したアイフォンにこの写真をアップロードする手順の説明をさせていただきます。

  1.  購入したアイフォンの方でも、「App store」にて「DropBox」をインストールします。
  2.  作成したアカウントでログインをし、先ほど作成した、「旧携帯写真」のフォルダを開きます。
  3.  そうしますと、先ほどの「旧携帯写真.zip」がございますので、そちらをタップします。
  4.  「ファイルを表示できません」と出ますので、右下の「箱に下矢印が書いてあるアイコン」をタップします。
  5.  すると、「iZip」で開くというZipを解凍するアプリが出てきますのでそちらをタップし、Zipを解凍します。
  6.  解凍されたファイルが出てきますので開きますので、保存したい写真にチェックを入れます。全て保存したい場合には、画面左下の「Select All」をタップします。すると全ての項目にチェックがされますので、画面右下の「Save」をタップします。これで、アイフォンにも画像が保存されました。

 

いかがでしたでしょうか。今回は、「Line」、「電話帳」、「画像」の皆様が特に大切にされているもののアンドロイドからアイフォンへの移行の方法についてご説明させていただきました。お役に立てていれば幸いです。

スマートフォンの関連記事
  • 「Galaxy Note9」発売記念のエンタメパーク「Galaxy Studio」とは?
  • オリジナルのスマホケースが欲しいなら「Casetify」がいいかも
  • AndroidからiPhoneに機種変更をした際に様々なデータを移行する方法
  • iPhone XRの予約は10月19日から!
  • Androidのウィルス対策ソフトは必要か?おすすめを紹介します
  • SIMカードの取り出し方と取り出しピンの代用品おすすめはこれだ!
おすすめの記事