Apple Musicの使い方と始め方・解約方法

Apple MusicとはApple が提供する音楽配信サービスのことで(ストリーミングサービス)です。Appleが提供する音楽サービスにはiTunes Storeと Apple Musicがありますよね。他の会社のも含めるとたくさんの音楽配信サービスがあります。

この記事では、そんな配信サービスと比べてAppleMusicがどんなものなのか紹介していきます。

AppleMusicとは

AppleMusic

Apple Musicでは主に月学の使用料を払い様々な音楽を聴き放題なのに対して、iTunes Storeでは楽曲を購入して使用する権利を得て利用している端末にダウンロードやコピー、iTunes Storeを退会後も自由に楽曲を聞く事が可能となっています。

そして Apple Musicではストリーミングで聞くことはできますがコピーをしたりすることはできません。また Apple Musicを退会後は全ての曲を聞く事ができなくなるのでご注意ください。

約4500曲をストリームミング再生可能

Apple Musicは個人980円、ファミリー1480円でカタログ内にあるおよそ4500曲もストリーミングで聞くことができます。これはどういうことかというとiTunes内にあるほとんどの曲を聞く事ができるということです。Apple Musicを利用することで今まで必要だった、CDを購入してパソコンに移し、iPodやウォークマンに移す必要もありません、またCDを保存する必要もなくなった為非常に最高なサービスとなります。

音楽聴き放題のサービス

また、 Apple Music以外にも音楽を聴き放題のサービスは複数あって、有名なところでAmazonのMusic Unlimited、グーグルのGoogle Play Music、LineのLineMusic、サイバーエージェントとエイベックス・デジタルの共同出資によるAWA株式会社によるAWA、スウエーデンにあるSpotifyによるSpotifyなど様々なストリーミングサービスがあります。

このように様々なストリーミングサービスがありますが3ヶ月無料トライアル期間がある Apple Musicはさすがと言えます。また端末にダウンロードをする事も可能な為、パケットを使わずに音楽を聞く事もできるので自宅にインターネット回線を契約していないスマホのみの使用の方でも安心して使用する事ができます。

Apple Musicの使用料金は

Apple Musicでは3ヶ月無料トライアル期間というものがあり、3ヶ月もの間無料でカタログ内にあるおよそ4500曲もストリーミングで聞くことができます。

3種類のプラン

Apple Musicでは3種類のメンバーシップのプランが用意されています。個人メンバーシップ、ファミリーメンバーシップ、学生用メンバーシップの3種類です。

個人メンバーシップ

個人メンバーシップの料金は月980円となります。内容は Apple Musicのカタログ全体やエキスパートのおすすめ、キュレーターが手がけるオンデマンドラジオステーションにアクセスが可能となっております。980円でこのサービスが受けられるのは驚きです。

ファミリーメンバーシップ

ファミリーメンバーシップの料金は月1480円となります。ファミリーメンバーシップでは家族が最大6人もの人数がそれぞれの端末で自由にアクセスする事ができます。またファミリーメンバーシップでは家族以外の6人でも利用できるみたいなのでお得ですね。

個人メンバーシップでは端末での Apple Music利用時は他の端末で聞くことはできなくなっております。なので家族全員で Apple Musicを好きなだけ好きな時間に同時に聞く事ができます。

学生メンバーシップ

学生メンバーシップの料金は月480円となります。個人メンバーシップと同じサービスを学生向けの料金で提供されておりますので学生としても親にとっても非常に助かるメンバーシッププランとなっています。

Apple Musicを始めるには

先ほどは Apple Musicについてと Apple Musicの料金についてお話ししましたがいよいよ Apple Musicの始め方および使い方についてみていきたいと思っております。

appleIDとiTunesが必要

まず最初にApple Musicを使うにはapple IDとiTunesが必要となります。MacBookやiPhoneなどのApple製品をご利用されている方は最初から端末内に Apple Musicがインストールされていると思いますが、WindowsやAndroidなどの端末をご利用されている方は別途に各ストアーにてインストールする必要があります。私も以前はWindowsにて Apple Musicを利用していた為Windowsでも Apple Musicが利用できるのには驚きました。

iOSは最新バージョンにアップデートしておこう

Apple製品を利用していて最初からインストールされた状態でも Apple Music登録前にiPhone、iPad、iPod touch を利用されている方はiOS最新バージョンにアップデートしておきましょう。またMacを利用されている方は最新バージョンにアップデートしておきましょう。

3ヶ月無料トライアルを開始しよう

Apple Musicをインストールしたら端末を開き、無料で体験するを選択します。その後プランを決めてApple IDにてログインしてコードを入力して3ヶ月無料トライアルを開始します。その後好みの音楽のジャンルを選択できたりします。

そしてそのジャンルに属するアーティストを好みで選びます。そうする事で自分好みの楽曲を Apple Musicが選択して楽曲一覧としておすすめしてくれますので試しに色々と聞いてみましょう。

Apple Musicの主な機能

Apple Musicの主な機能としてはライブラリ、ForYou、見つける、Radio、検索など項目に分かれております。

ライブラリ

ライブラリはiCloudミュージックライブラリがあり様々な端末で Apple Musicで追加した曲やアルバム、プレイリスト、iTunes Storeで購入した曲などをiCloudミュージックライブラリを通して複数の端末で聞く事ができます。この端末に入ってる曲を違う端末には入っていなくて困る事がなくなります。

ForYou

ForYou機能は曜日ごとに週替わりするあなたにおすすめのプレイリストやアルバムを紹介してくれます。またこの時に気に入った曲はライブラリに保存する事ができるので、自分の知らない新しい曲と触れ合う事ができます。

またConnect投稿機能を利用して気になるアーティストや好きなアーティストの最新情報を配信された場合Connect投稿に表示させる事ができます。

見つける

見つける機能は新着ミュージック、プレイリスト、ミュージックビデオ、ランキング、ジャンル、テレビ番組、ムービーなどから様々なミュージックを探せます。

新着ミュージックを楽しむ

新着ミュージックを開くとさらにプレイリスト、ミュージックビデオプレイリスト、注目トラック、ニューリリース、ビデオ、まもなくリリースなど、さらに様々なキュレーションサービスを受ける事ができます。かなり新しいミュージック情報を仕入れる事ができるので、新しい音楽を仕入れたい人は Apple Musicで流行の音楽を知ることができます。

Apple Music解約方法

Apple Musicの解約方法の基本的な手順としては、ミュージックアプリを立ち上げて、一番左上の人物アイコンを選択してクリックします。そして Apple IDを表示、講読の管理を選ぶと毎月課金されているコンテンツ一覧が表示されますので、そこであなたのメンバーシップを選択し自動更新をオフにすると今後は自動課金はされなくなります

解約したら聞けなくなる曲があることは把握しておこう

注意点は Apple Musicには無料枠はないので、 Apple Musicを解約するとiTunes Storeで購入した曲以外の楽曲は聞けなくなるので要注意です。しっかりと把握して解約しましょう。

また、 Apple Musicは利用して3ヶ月の間は無料でトライアル期間が設けられているので、 Apple Musicを利用するか悩んでいる方は3ヶ月無料トライアル期間をうまく利用して今後サービスを継続するかの判断をする事ができます。

自分の端末の解約方法は事前に知っておこう

またTwitterなどで Apple Musicの無料トライアル期間だから加入したけれども解約ができなくて困っているなどの発言をよく見られた事もありました。解約が上手くできない場合として、Android端末とiPhoneなどの端末の違いによる操作の違いでうまく解約ができないで困っている場合をよく見ます。

Android端末の解約方法

Android端末の解約方法としては Apple Musicの左上のメニューアイコン三本線をタップします。そしてメニュー上部の自分の写真か名前を選択してタップします。そしてプロフィールページの下へどんどんスクロールし、アカウントを表示をタップします。

メンバーシップを管理もしくはファミリーを管理を選択しタップします。そして Apple IDのパスワード画面が表示される為、パスワードを入力します。この時のパスワードは商品を買ったりする時のパスワードになります。そして登録をタップし、自動更新をオフにするとオフにするかの確認画面が表示される場合があります、その時は自動更新をオフにしましょう。すると有料プランの Apple Musicプランはその時点の請求締め日に自動的に停止となるようです。

トライアル期間を過ぎると自動で課金される

またトライアル期間を過ぎると自動で課金される為今後利用する事がないなら面倒くさがらずにしっかりと腰をすえて解約をする為調べて解約しましょう。

Webサービスの関連記事
  • 電化製品をレンタルできる「レンタマ」を使ってみた!
  • 就活のリクルートスーツは「カリクル」で無料レンタルしよう!
  • 就活生のESがAIによって判断される時代が現実に!書類選考AIツール「プライオ」とは!?
  • 人気のweb漫画は?「WEBマンガ総選挙2018」結果から面白い漫画を見つけよう!
  • 女子高生AIりんなとラップバトルしてオリジナルグッズを手に入れよう
  • 【ZOZO】身長・体重の入力であなたにぴったりのTシャツを手に入れよう!
おすすめの記事
ATH-FC707の使い心地をレビュー
イヤホン・ヘッドホン
私が購入したのは、オーディオテクニカのATH-FC707です。価格は家電量販店で購入して5,000円しないくらいの手頃な価格で、まあまあいい...