仮想通貨マイニングの仕組みと方法・ウィルス

近年仮想通貨が何かと話題になっていますが、その仮想通貨がどのように作られ、運営されているのかを理解している人は少ないと思います。今回は、そんな仮想通貨の運営に深く関わりのあるマイニングについて説明します。

マイニングの仕組み

まず、仮想通貨は「マイニング」によって発行されます。マイニングとは、名前の通り仮想通貨を掘るという作業で、多くのマイニングする人「マイナー」によって常にマイニングされ続けています。

仮想通貨は新しく発行する際に、今まで行われた仮想通貨の取引データをつなぎ合わせて不正取引を防ぐ「ブロックチェーン」と呼ばれるシステムを有しています。このブロックチェーンによってデータの改ざん等を防ぐことができる新しい通貨として世に進出してきました。

しかし、世界中の取引のデータ全てを発行時に記録するため計算量が膨大になってしまいます。マイニングはそんな仮想通貨を成り立たせるためにできたシステムで、マイナーが計算力を提供することで、その見返りに新しく発行した仮想通貨をマイナーに提供するという形をとっているのです。

まとめると

  • 仮想通貨を新しく作るには膨大な計算力が必要
  • マイニングによって計算力を提供するのがマイナー
  • 仮想通貨はマイニングの見返りに発行した仮想通貨をマイナーに渡す

これがマイニングの仕組みです。

マイニングにより発行される仮想通貨の量は決まっている

マイニングによって発行される仮想通貨の量は決まっており、~分で~枚といった感じです。マイナーの数が多ければ多いほどマイニングによって得られる仮想通貨は少なくなりますが、1枚あたりの価値は高くなっています。そして人気な仮想通貨にはすごい数のマイナーがいます。

特に有名なビットコインなどでは、マイニングのための計算力に特化した回路(ASIC)がたくさん発売され、企業もマイニングを事業として参入するほどになっています。なので、素人がビットコインのマイニングに手を出しても掘ることは難しいでしょう(掘れたとしても1日かけて10円分くらいで電気代で赤字、ということになると思います)。

では仮想通貨マイニングは素人にはできないのかというと、そうでもありません。仮想通貨はビットコイン以外にもたくさんありますので、マイナーがあまり多くない仮想通貨や、ASIC対策を施してある仮想通貨であればマイニングは可能でしょう。私も今現在マイニングをしています。

マイニング方法

マイニングは、計算力を提供するため計算できる機器が必要です。一般的にはグラフィックボードやCPUを利用して行うマイニングが多いです。

特にグラフィックボードはマイニングに最適であると認識されてからマイナーによって買い占められ、一時期品薄になることもありました。しかし、最適な機器とはいえ一人だけでマイニングを行うのは非常にリスキーです。ビットコインほどではないにしても、ほとんどの仮想通貨はたった一人の計算力で掘れるほど簡単ではありません

そこで、小規模のマイナーたちが協力して大きな計算力にすることで掘りやすくし、掘り当てた仮想通貨を山分けするという「プールマイニング」というシステムが作られました。ほとんどのマイナーはプールというサイトを通して計算力を提供し、仮想通貨を計算力に応じて山分けしています。まずはここから始めてみましょう。

マイニングソフト

マイニングを実行するソフトは、仮想通貨の種類によって様々なので、これを使えばいいというのは難しいです。仮想通貨によってアルゴリズムも異なるため、掘りたい通貨に対応したマイニングソフトを探す必要があります。今回は、私も使っているCrypto Dredgeを紹介します。

Crypto DredgeはNVIDIA製グラフィックボードに対応したマイニングソフトで、対応している仮想通貨のアルゴリズムも複数あります。特にLyra2REv2というアルゴリズムの中では恐らく最も効率のいいマイニングソフトであり、私はこのソフトでモナコインという仮想通貨を掘っています。

使い方は、ソフトと同じフォルダ内にソフト名、アルゴリズム、プールのアドレス、ワーカー名、パスワードなどを入力してbatファイルを作り、実行します。具体的な方法はプールサイトによって異なるため、利用するプールの説明を読みましょう。

パソコン以外、スマホでのマイニングは可能か?

結論から言えば可能です。しかし、おすすめはできませんマイニングには非常に多くの電力、計算力を使います。機器をフル稼働させて計算することになるので、当然寿命を削ることになります。パソコンのような整った環境や排熱空間などがあるならともかく、スマホのような小さな機器では計算力も微々たるもので、発熱も多く寿命を削ることになります。

スマホでマイニングをずっと続けていると、すぐにスマホがダメになってしまう可能性が大いにあります。やめておいた方が無難でしょう。仮にもう使わない古いスマホであったとしても、充電に使う電気代未満ほどしかマイニングできないという結果になると思います。

マイニングさせるウィルスが登場

マイニングは計算力が必要と説明しましたが、それを他人のパソコンで実行して自分の手柄にしようとする人が増えています。

便利な無料ソフトをダウンロードして使っていたら、裏でマイニングをしていて掘った仮想通貨がソフトの製作者のアカウントに入っていた、という事件が発生しています。もちろん違法なので製作者は逮捕されましたが、それは「裏でこっそりマイニングさせていた」から逮捕されたのです。

利用規約にこっそりと「マイニングしてます」と書いてあれば違法にはなりません。この記事を読んでいるあなたは、使っているソフトやアプリの利用規約をちゃんと読んでいますか?

スマホからのマイニングは微々たるものとはいえ、それが何百人、何千人となれば話は別です。今でも他人のパソコンの計算力を使ってマイニングしようとする人が後を絶ちません。使うソフトの利用規約はしっかり読んで、意図せずマイニングを手助けしていたなんてことがないように気をつけましょう。

マイニングに向いている人は?

上記の通り、マイニングには計算力のあるパソコンが必要です。そのために利用されるグラフィックボードは、本来3DCGなどを描写するために作られたもので、パソコンでゲームをする人のための機器です。

なので、普段からパソコンでゲームをしていて、グラフィックボードを搭載しているパソコンを持っている人はすぐにマイニングを始められるでしょう。

しかし、最新シリーズのグラフィックボードでない限り効率よくマイニングというのは難しいです。また、グラフィックボードをパソコンに増設するとなれば、パソコンの自作についての知識も必要になります。儲かるらしいからやってみよう、といった軽い気持ちではマイニングは難しいでしょう。

マイニングをする理由と仮想通貨の使い道

現在仮想通貨に対しての法律がようやく出来上がってきたところであり、世界も仮想通貨の扱いをどうするべきか右往左往している状態です。国によっては仮想通貨の取引は手に負えないから規制するという中国のようなところもあり、仮想通貨の価格はだんだんと下がってきています。

儲けを出すためにマイニングをしたいとなれば、初期費用を用意し数十万円のASICを買い、電気代の安い国でマイニングするなど本格的にやる必要があるでしょう。

モナコインをマイニングする理由

それでも私がモナコインをマイニングするのは、将来性があるというのと、他の仮想通貨に比べて使い道があるということです。本来仮想通貨は、既存の現金のやりとりよりも手続き時間や手数料が安く済むため、新しいお金の取引方法として開発されたものでした。

モナコインはビットコインを改良したもので、今でもシステムを更新するなどの活気があります。モナコインを中心とした掲示板や、モナコインを投げ銭でやりとりできるサイトなど、モナコインそのものを楽しむという人たちもいるのです。それが、私がモナコインをマイニングする理由です。

いつかかつてのように仮想通貨全体の値段が跳ね上がるかもしれませんし、そんなことは無いかもしれません。ですが、仮想通貨は可能性を秘めている技術だと思っています。そんな仮想通貨が発展していく様を見るのが好きでマイニングをしながら見守っていくのも楽しいものです。

仮想通貨の関連記事
  • 仮想通貨マイニングの仕組みと方法・ウィルス
  • 仮想通貨決済はどこまで進んでいるのか、システムとメリットデメリットを紹介!
  • コンビ二で仮想通貨決済はできるの?注目コインはOmiseGO!?
おすすめの記事
複数枚で容量をシェアできるSIM11選!
SIMカード
SIMカードを使えば、スマホの月額料金は安くなります。そして、そのSIMカードをもっと効率的に使う方法がデータ量を複数人でシェアすることです...
象印精米機BTAF-05をレビュー!
電化製品
精米機の魅力 この商品も魅力は何といってもつきたてが毎日食べれるという点です。ボタン一つで3分つきから白米までが可能で食べたいつき方を選べば...