スマホ通話におすすめのイヤホンと設定方法

街中で手に何も持たず、耳に何かを当て独り言をしている人や、運転しながらも会話をしているだろう光景が増えてきました。携帯電話の普及により世の中がどんどん便利に楽になっていきましたが、通話に関しても、手に携帯を持たずに相手と話す時代がやってきています。

この記事では、携帯電話をハンズフリー、つまり手に持たずに通話する方法ををご紹介します。

イヤホンをつなぎながらスマホで通話する方法・設定

現在ハンズフリーで通話ができるイヤホンが増えておりますが、繋ぎ方・設定方法は簡単で、コードタイプのイヤホンの場合、そのイヤホンにマイクがあれば、接続するだけでハンズフリーの状態が出来上がります

また、イヤホンのコードにマイクがない場合、携帯をある程度離している状態でも携帯のマイクが声を拾い、
ハンズフリー状態で会話することも可能となっております。

スマホとBluetooth接続するだけで通話可能

コード型のイヤホンでなく、ワイヤレスイヤホンの場合も特別な設定はあまりなく、携帯端末とBluetooth接続をするだけで通話ができるようになります。しかも最近のイヤホンはどこのメーカーも接続方法は似たようなものなので、一度でもBluetooth接続方法を覚えますと、他にイヤホンに変更した場合も今までと同じやり方で接続できるようになっていることが多いです。

bluetooth接続がないワイヤレスイヤホンも

注意点といたしましては、たくさんのBluetooth接続が可能なワイヤレスイヤホンが販売されていますが、すべてのワイヤレスイヤホンにBluetooth接続があるわけではありません。Bluetooth以外にも専用アプリを利用しての接続もある可能性がありますので、必ず購入前に欲しいアイテムについての説明を確認しましょう。

通話するためのイヤホンの選び方

イヤホンで通話をする際は、自分が楽になる姿勢で話したいと思いますが、イヤホンの種類や形により、マイクの位置や耳への負担が大きく異なります。また、最近はワイヤレスイヤホンが主流であるため、簡単に接続できるタイプのイヤホンが好まれております。

長時間の通話を主にされる方の場合は、マイクの位置や耳への圧、通話が聞こえる品質が高いイヤホンが好まれますが、用途によって差異が出てきます。

そのため、購入前に確認しておきたい項目といたしましては、バッテリーの容量(連続通話可能時間等)、重さ、充電方法、ワイヤレスタイプの場合は右と左のスピーカーのコードの長さ等を参考に、自分が通話をする際に長時間なのか短時間なのかを検討しながら購入してみてください。

片耳タイプのハンズフリーイヤホンがおすすめ

私がおススメするイヤホンは「片耳タイプのハンズフリーイヤホン」です。このタイプのイヤホンは、実際の電話機の会話のように、片耳から声が聞こえ、口の近くまでマイクが伸びているタイプが多いです。

片耳で掛けているため、長期間の使用や通話以外の用途で使う場合は負担が大きいですが、通話につきましてはこれが一番違和感がないタイプと思います。

例えば「PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット Voyager Legend」のというアイテムですが、見た目からしてオペレーターな雰囲気をかもし出している商品があります。

片耳にしっかりと装着し、マイクに向かって話している姿は本当に通話しているんだと一目でわかる見た目をしています。

また、バッテリーの容量も大きく、連続通話をされた場合でも7時間は持つ程のバッテリー容量なため、1日1度の充電を忘れない限りバッテリー切れを起こすことはないと思われます。

通話も音楽も楽しみたいならBluetooth対応のワイヤレスイヤホン

しかし、片耳のため通話は問題ないと思いますが、音楽を聴く際も片耳になるため、音楽も聞きたい人には物足りないと思う人も少なくないかもしれません。また、軽量化が進んでいるとはいえ、片耳で長時間装着して通話をしていると負担も大きくなるデメリットも抱えています。

そのため、音楽も聞きたく通話もしたい場合は「Bluetooth対応のワイヤレスイヤホン」がおススメです。理由といたしましては、音楽も違和感なく聞くことができ、マイクがついているタイプの場合は両耳で相手の会話を聞きながら通話ができるだめ、耳の負担も左右の耳に分散される事が特徴です。

音楽を聴いている最中に相手から電話が来ても簡単に切り替えれるリモコンがあり、ストレスなく会話もできると思いますが、上記の片耳タイプよりも通話の際の音質が落ちてしまう商品もあります。

その中でiPhone ユーザー限定になりますが、私がおススメするイヤホンは「Apple AirPods フルワイヤレスイヤホン」です。

こちらはiPhone7以降にイヤホンジャックを取り外したiPhoneにてワイヤレスイヤホンの需要が高まりましたが、
その先駆け的なアップル純正のワイヤレスイヤホンです。

音楽の連続再生でもフル充電をしている状態で5時間は持つタイプであり、iPhoneとの相性も抜群であり、操作性も簡単なため、iPhoneユーザーであれば誰でもお世話になりたいアイテムと思います。

Android端末も含めますと、「SONY h.ear in Wireless MDR-EX750BTワイヤレスイヤホン」をオススメします。

こちらのアイテムはソニーが出しているイヤホンのため、音源がとてもきれいに聞けることが特徴であり、また、後ろ首にかけるタイプのイヤホンのため、コードが目の前でまとわりつくことはないアイテムとなります。

ソニーといえばウォークマンのイメージ通り、音にはすごく強いため、通話をしているときも音楽を聞いているときもきれいな音が聞こえるアイテムとなります。

他にも耳穴にすっぽりとはめるタイプのハンズフリーイヤホンや、コードがついている従来のイヤホンもありますが、耳に当てて話すことを考えますと、片耳タイプ、またはハンズフリーのBluetooth対応イヤホンが使いやすいと思います。

また、最近では車の中のカーナビでもBluetoothが対応されており、カーナビの画面で通話をしたりすることもできます。カーナビの場合、マイクが大きくスピーカーも通話向けではありませんので、聞こえる音は聞き取りづらいですが、わざわざ携帯を出したり、耳に装着をしなくても通話ができるため、大変便利と思いかとおもいます。

まとめ

どちらのアイテムもお好みに合わせて使っていただくことが理想ですが、それぞれワイヤレスのイヤホンタイプには欠点があります。それはコードが繋がっていない以上、バッテリーで動いているため、充電が切れますとしばらくは利用できなくなります

また、運転しながら、通勤しながらの「ながら運動」に繋がるため、注意力や集中力が散漫され、事故にあうケースも多々あります。そのため、周りに注意しつつ、運転されている場合は地区によっては禁止されている場所もありますので、運転中の通話は控えるように気をつけていただきたいです。

しかし、注意力さえ気を付けていれば、「ながら作業」は時間を有効に使える事にもつながります。主婦の方が料理や掃除をしながら帰宅中の家族と通話したり、学生が勉強をしながら他の友達と同じ勉強を教えあったりと時間の使い方が増えていきますので、ライフスタイルに合わせたストレスフリーな日々を過ごすためには便利なアイテムと思います。

  • 「ZuperDAC-S」を使ってスマホの音質を上げよう!
  • デザインの美しいワイヤレスイヤホン【TicPods Free】が機能的にも素晴らしい
  • スマホ通話におすすめのイヤホンと設定方法
  • Bluetoothイヤホンのおすすめとどうやって選べばいいのか
  • イヤホンにディズニーの刻印を入れてオリジナルのイヤホンを作ろう!
  • Boseから睡眠用のイヤホン「Bose sleepbuds」が出る!寝付きの悪さを改善しよう!
おすすめの記事