仮想通貨決済はどこまで進んでいるのか、システムとメリットデメリットを紹介!

最近巷をにぎわせている仮想通貨ですが、話題はもっぱら投資対象としての仮想通貨。まるで為替の新しい種類のように仮想通貨長者をもてはやしたり、仮想通貨に投資して失敗したり、あるいは芸能人やユーチューバーが仮想通貨の取引に手を出して成功した、失敗したというような話ばかり。

でも、考えてみてください。仮想通貨は世界共通の通貨になろうとして誕生したのがそもそものきっかけです。決して為替取引の新しい手段ではありません。今回、仮想通貨の導入方法や利用方法である決済方法、最近の話などを中心にお話ししてみようと思います。意外と知らないことがたくさん出てくるかもしれません。また、更に詳しく知りたい方は各方面の専門サイトを覗いてみるきっかけになると幸いです。

仮想通貨決済の導入って?

仮想通貨決済の導入は、通販サイトのようなECサイト(エレクトロニックコマースサイト=電子商取引サイト→通販などのサイト)の導入方法実店舗での導入方法で導入方法が変わってきます。ただ、共通しているのは仮想通貨取引所などが運営している決済導入を行ってくれる会社と契約することです。

この契約によって売り上げの1%~程度を支払うことにより決済が可能になり、日本円などの現金にしたい場合は所定の手続きやあらかじめの契約により指定口座に日本円に相当する額が振り込まれるという仕組みです。現在最も多く流通しているビットコインの例にとると、サイト内に会社から案内されたビットコイン決済のボタンを埋め込みます金額などのデータを入れておき設定すると、購入者がそのボタンを押した時そこにQRコードが出て、それを読み込んでもらうことで決済されます。

実店舗の場合は、会社によって異なりますが伝票を作成したらアプリでQRコードを表示させ、それを支払う人が読み込み、決定した時点で決済できるようです。詳しくは各社のサイトをみて確認ください。

仮想通貨決済の方法って?

まず、仮想通貨自体のお話をしようと思います。仮想通貨は世界に1500種類以上あるそうです。しかし、今現在日本で決済できる仮想通貨は数種類(ビットコイン、イーサリアム、ネム、モナコイン)です。それ以外は為替や投機の対象になっているようです。

更に大手家電量販店など実際に導入している所では、ビットコインが主流になっています。ここではおおよその流れを説明してみたいと思います。まず、口座をあらかじめ作り仮想通貨をチャージしておきます。→ウォレットアプリをダウンロードして登録します。→完了です。

簡単ですが、口座に仮想通貨を入れておく必要があり準備が必要です。使用方法ですが、通販サイトや店舗が表示するQRコードを読み取りスマホの画面で金額を確認したら、送金ボタンを押す事で口座から引き落としがなされて決済完了です。

仮想通貨決済のメリット

メリットは対応する店舗が多い場合、世界中で決済に使えることです。それだけだとクレジットカードと同じなのですが、スピードと安さがポイントです。スピードは決済が早くできること、店舗側もカード会社からの支払いを待たずにすぐ自分の口座にお金が入るということです。安さは手数料です。

クレジットカードだと3%~の手数料を店舗が支払う必要がありますが、仮想通貨だとお客さんも1%程度の手数料を払ってくれるので店舗側の負担も1%~と安い負担金で取り扱いができます。それに実際の金銭のやり取りをしない分、財布のひもがゆるくなったお客さんが、より沢山モノやサービスを買ってくれるという期待もできます。

仮想通貨決済のデメリット、税金など

なんと言っても不安定さです。ドルと円の為替を例にとると一夜にして全く別の取引額になるということはまずありませんが、仮想通貨の場合一夜にして価値が暴落し、売り上げが激減したことになってしまうということもあり得る話です。

税金もデメリットです。国内の税制度で気をつけなければならないのは、仮想通貨で得た利益は「雑所得」に分類されます。一律10%の住民税と累進課税の所得税として15%〜55%の税が課されることです。つまり、沢山仮想通貨を持つことで重い税金がかかってくる恐れがあるということで、売り上げの主軸を仮想通貨にすることで税金のかかり方が大きくなることもあるということです。

ただ、主流になってくれば税制度も十分改革される可能性がありますから、悲観すべきことではないような気がします。むしろ税金までもが仮想通貨での支払いになるかもしれないのですから。

海外の動き

主に中国では急速に仮想通貨での決済が進んでいるようです。そもそも昨今のビットコインの価値の上昇は中国での需要が高まり、中国の通貨をビットコインにする動きが急速に起こったからではないかと言われています。それ位中国では店舗でQRコードが表示されて、それを読み取ったお客さんが決済をするという流れが当たり前になっているのかもしれません。

日本国内も中国からの旅行客の方々が増えていますから、自然にそういった需要が増してくるという可能性は十分考えられます。現に電化製品の免税店を経営している大手電気店はすでにビットコイン決済を本格導入しています。外国人旅行客の増加により決済はさらに進むかもしれません。

日本での仮想通貨決済は?

今のところクレジットカード決済のお店より少ないという状況です。先に記載した大手家電のお店のような所はごくわずかで一部の飲食店やサービス業、ECサイトが話題作りのために導入しているというのが実際の所です。

しかし、需要は明らかに増えているわけですからこれから決済を行う一手段として主流になっていく可能性は否定できません。また、店舗側の導入も比較的容易ですから、一度火がつくと一気に全国へ波及する潜在性は十分あります。これから記載するコンビニでの決済が始まったら、急激に普及するかもしれません。

コンビニでも進んでいる

現在コンビニと仮想通貨との関わりは、ATMを通じて取引所に日本円を入金する程度のことしかありません。しかし、ビットコインの関係者から大手コンビニがビットコインでの決済を検討しているという旨の発言をしたことから、にわかにコンビニでのビットコイン決済が現実のものとなってきました。

コンビニのメリットとしてはただ一つ。クレジットカードよりも店舗の支払う手数料が少なくて済むということです。クレジット決済の多い店舗であれば、恐らく数万円以上の経費削減になる可能性もありますから、近い将来実現してもおかしくはないでしょう。ただ、コンビニ側は検討の段階であり今年の夏中に何かしらのアナウンスがなされるとのことです。

コンビ二で仮想通貨決済はできるの?注目コインはOmiseGO!?

2018.07.13

まとめ

投資対象ではなく、実際の使用方法としての仮想通貨の話をしてみました。どうしても広く浅くといった内容になってしまい、今一つ詳しく分からなかった方も知るかもしれませんが、きっかけの一つとなったのでしたら、とても嬉しいです。

仮想通貨と言うと敷居が高いイメージですが、通販サイトの○○ポイントとかコンビニやショップのポイントも対応しているお店では決済手段として使えますから、大きな枠で考えれば仮想通貨の一つです。

こういう店舗のポイントがどんどん進化していけば、仮想通貨の決済が主流になるという日もそう遠い未来ではないと思います。国内では今一つ流通している様子のない仮想通貨ではありますが、これからの流れを見ると生活に溶け込んでいく日はすぐそこに迫っているのかもしれません。