ドコモのスマホ料金を安くする方法

今では誰でも利用しているスマートフォン。とてと便利な万能端末ですね。電話・メール機能はもちろんのこと、インターネットに繋ぐことが基本の端末なので、色々な使い方が堪能できます。

グルメで美味しい物を食べたい時。街のお店では中々手に入らないレアグッズ。急に休みが取れたので、どこかドライブか旅行に行こうか?そんな時に、スマートフォンは、とても便利に使えます。ネットで知りたい情報を検索して、そのままお店に予約をしたり、ネットショップで買い物をしたり。また、聴きたい音楽コンテンツやゲームアプリをダウンロードして楽しむこともできます。

そんなことまでもできるスマホはもう、手元にないと不安で仕方がないと思えるほどです。

でも、悩みの種は月額料金ですね。月額8,000円~10,000円と割高の金額になってしまいます。ちなみに、今、あなたはどこのキャリアとスマホの契約をして料金しているでしょうか?キャリアの中では、最も大手キャリアというと、NTTドコモになりますね。

充実したLTEのエリア。高い回線品質をキープして高速通信を実現してくれるキャリアがドコモです。でも、このドコモの月額料金がとても高いと感じてしまうのです。

ドコモの料金メニュー

ドコモの月額料金には、色々なセットの組み合わせになります。まずは、基本料金。カケホーダイ1,700円。あるいは 、2,700円。これに加えてデータ通信料が加算されます。いわゆるデータプランです。データプランにもいくつかの選択肢があります。

従量プランでは、

  • 20GB・・・7,000円
  • 5GB・・・5,000円
  • 3GB・・・4,000円
  • 1GB・・・2,900円

定額だと以下のようになっています。

  • ウルトラデータLLパック・・・30GB 8,000円
  • ウルトラデータLパック・・・20GB 6,000円

これに新規端末を分割購入しても、1000円を軽くオーバーしてしまいます。これでは、使い勝手の良いスマホでも、毎月の支払いに悩まされてしまいますね。何かドコモの費用を安くすることができる方法がないものでしょうか?

格安SIMカードを利用して料金を安くする

格安SIMカードを利用することで料金を安くすることができます。しかも、新しくスマホを買い換える必要はありません。今使っているスマホ端末をそのまま利用して月額料金を抑えるのです。

格安SIMカードって何?

そもそもSIMとは、スマホに指してデータ通信や電話ができるためのカード。これがないと通話も通信もできません。このSIMは、通信するための要なのです。ドコモのスマホで通信する時には、ドコモのSIMカードが、挿入されていないと利用できません。

そこで、最近ではMVNOと呼ばれる仮想移動体通信事業者が、月額料金を安く設定しているSIMを出していています。それが格安SIMカードというものです。これをドコモのスマホに指してあるドコモSIMを差し替えることによって、安い料金で利用することができるわけです。

格安SIMには、どんな事業者があるの?

格安SIMのMVNOとしては、LINEモバイルや楽天モバイルなどがあります。他にも色々なMVNOがあるのですが、ドコモ系MVNO、au系MVNO、ソフトバンク系MVNOと大きく別れてきます。

したがって、ドコモのスマホを使っている人が月額料金を安くしたいとおもうのであれば、ドコモ系のLINEモバイルや楽天モバイルを利用することになるわけです。

格安SIMの料金は?

例えば、LINEモバイルのデータ通信料金は、次のようになります。

  • 1GB・・・1,200円
  • 3GB・・・1,690円
  • 5GB・・・2,220円
  • 7GB・・・2,880円
  • 10GB・・・3,220円

ドコモのテーブルとは、若干異なるので、一概に比較しにくい面があるのですが、それでも5GBでは、倍以上の開きがあります。こうなってくると、いかに格安SIMカードを利用する方がお得かが分かってきますよね。

1GBで契約してWi-Fiを利用する方法も

これをさらに安くする方法もあります。例えば1GBの料金メニューで契約します。毎月ヘビーユーザーには辛い感じがしますが、大量のデータ通信には、Wi-Fiを利用するのです。

自宅でも光回線をWi-Fi経由で利用したり、外でもできるだけ無料の公衆Wi-Fiを利用するのです。そうすることで、一気に費用を1/5程度まで落とすことも不可能ではなくなってきます。しかもドコモは、データ料金に加えて、カケホーダイプランの基本料も必要になってきます。そうなると、さらに金額がアップ。

しかし、格安SIMの基本料はこれだけなのです。電話通話については、使った分だけ支払う体系を取っているので、これも費用の節約につながることが多いのです。

でも回線品質は?

格安SIMカードに切り替えることで、回線品質が悪くなるのではないかと心配するかとしれません。しかし、ドコモ系MVNOなので、バッグヤードの回線はドコモなのです。そのために、品質は昔のままなのです。

たくさん電話をかける人は?

通話は、使った分だけの料金を支払うシステムなので、とても分かりやすい仕組みです。格安SIMの電話通話料は、ドコモと同じく30秒で20円となります。

これが固定電話やガラケーによく電話をかける人であるなら、月額880円の「10分電話かけ放題」オプションに加入することでしょう。そうすることで、10分以内の通話が何度でも無料になります。

ただ、LINEモバイルを契約したなら、LINEの通話料は無料となりますし、コミュニケーションフリーの3GBプラン以上ならば、LINEの他に、FacebookやTwitter、Instagramが使い放題となるメリットをあります。SNSをよく見る人は、とても便利なありがたいサービスになります。

MVNOに変えることで、ネットの通信速度ってどうなる?

これも心配ありません。格安SIMに変えても、ドコモの回線なので、ネットの通信速度が極端にちるということはありません。よほどマイナーで知名度が低く、怪しい変な格安SIMを使わないのであれば致命的なマイナスにはなりません。

しかし、回線が輻輳してまう時間帯だけは、ネットのスピードが落ちることをことを避けるのは厳しいです。特に昼間の12~13時は。極端に低下してしまいます。実際にはメールやLINEをチェックしたり、ネット検索をするくらいなら大した影響はありません。

新しいスマホに変更しても使えるか?

今使っているスマホが、もし壊れてしまい、新しいスマホに変えなければならないということになると、格安SIMは使えるのだろうか?という心配が、残ってしまいそうです。

しかし、新しいスマホに格安SIMをさ指すだけで、問題なく普通に使うことができるのです。ただし、LINEモバイル以外の格安SIMを契約しているなら、新機種に変えたり、今のスマホを初期化することで、LINEのID検索ができなくなってしまう可能性が高くなります。

QRコードやフルフルを使うことで友達追加は可能なので、ID検索ができない場合でも問題はないのですが、ID検索が必要と痛切に思う人は、LINEモバイルに申し込みするべきでしょう。

格安SIMの中でもLINEモバイルだけはLINEの年齢認証がクリアできるため、ID検索が可能となるのです。MVNOを格安SIMカードを利用することで、さらに費用を抑えることにしましょう。

【総合満足度1位】mineoの料金プラン・電話・解約方法・サービスを紹介

2018.03.20
スマートフォンの関連記事
  • 「Galaxy Note9」発売記念のエンタメパーク「Galaxy Studio」とは?
  • オリジナルのスマホケースが欲しいなら「Casetify」がいいかも
  • AndroidからiPhoneに機種変更をした際に様々なデータを移行する方法
  • iPhone XRの予約は10月19日から!
  • Androidのウィルス対策ソフトは必要か?おすすめを紹介します
  • SIMカードの取り出し方と取り出しピンの代用品おすすめはこれだ!
おすすめの記事