簡単に3Dアバターに成りきれる「トピア」を使って配信者になろう!

誰でもVTuberになれるようなアプリや支援が調べてみれば、結構たくさん出てきますよね。バーチャルな世界で自分も今活躍しているVTuberのように人気になりたい!と思っているのではないでしょうか。

今回紹介するのは、スマホだけで誰でも簡単に3Dアバターを作って配信することができる「トピア」というアプリです。この記事を書いている時点では、リリースはまだで事前登録が始まっているぞ。

簡単に3Dアバターを作って成りきれるトピアとは?

トピアとは、オリジナルの3Dアバターを作って、誰でも簡単にそのアバターでライブ配信ができるようになるというアプリ。動画も出ていますね。

 

カメラに向けて顔を動かすと、それに連動してアバターも動きます。自分だけのアバターを作ることができるのは楽しそうですよね。そして、そのアバターを使って配信 。キャラクターのバリエーションも相当多く成りそうなので、幅が広がります。

動画を見てみるとかなり綺麗に動きますね。自分の好きなキャラクターを作って配信者になってみましょう。

専門知識もスキルもPC等の配信機材も一切不要

バーチャルYoutuberのようにネット配信してみたいと思っても、立ちはだかる壁が専門知識やスキルですよね。「3Dのキャラクターってどうやって作るの?」「何か必要な機材っているの?」と分からないことだらけでしょう。しかし、トピアは何もいらない。

そう、必要なのは、スマホとあなたの声だけ…!

配信者の顔情報は保存されない

配信する時には、スマホで自分を撮りながらバーチャルのキャラクターに成りきりますよね。でも、「その時撮っている自分の姿の情報は保存されているのだろうか?ちょっと怖い・・・」なんてことを思ったりもするのではないでしょうか。

トピアはこの辺を考慮しているようで、トピアのサーバー上に送信することも保存することもない。これは安心して使えますね。せっかくバーチャルでやってるのに顔ばれしたら嫌ですもん。

アバターは細かく設定して作ることができる

アバターを作る時には、衣装を付け替えたりすることができるんだけど、それ以外にも体系を変更したり、髪型の長さを調整したり、目や鼻のサイズもいじることができる。チークやアイラインなどもできるようでかなり細かくできる。

これだけできれば、他の人のアバターとかぶることはなかなかなさそうですね。

事前登録して初期限定パーカを手に入れよう

すでにトピアの事前登録は始まっています。登録すると、リリース時に公式Twitterでお知らせしてくれるので、いち早くプレイしたいならば登録するのもいいですね。

リリースから30日以内のダウンロード&初回起動でトピアコイン1200円相当と初期限定パーカーをプレゼントしてくれるみたいですよ。

このパーカーみたいですね。めっちゃ欲しい。「1st Users」とプリントされており、初期しか手に入らない限定品ということですよ。アプリ内で何かをもらえるっていうのはよく見るけど、こういうのはあんまりない気がしてレアですね。

先行体験もできる

リリース前に先行体験をしたい配信者の方を募集しているので、体験することもできる。対応端末はiOSはiPhone6以降、AndroidはOS5.0以降を目安ということです。先行体験応募フォームから応募してみるといいですね。

ボイスでVTuber化

自己紹介ボイスとアバターの希望をTwitterでリプかDMを送ることで、アバター動画をプレゼントしてくれるとか。かなり太っ腹ですね。

 

すでに作ってもらったユーザーもいるようで、楽しそうですね。自分のアバターが動いているところを見たければ、送ってみるのもありですね。ただ、やっぱり締め切りもあるかもということです。手作業でやっているのは凄い。

一つずつ手作業で録画しているため、こちらも対応できる範囲を超えた場合、予告なく締め切らせていただく可能性がございます。

まとめ

トピアコインがもらえたり、パーカーがもらえたりとかなり太っ腹ですね。しかも、自己紹介ボイスとアバターの希望を送れば作ってもらえるなんて。開発者の負担は絶対すごいですよね。。

最高クラスの3Dアバターメイク機能が良さそう

このアプリの良いところは、アバターメイク機能でしょう。作るアバターってそこまでこだわれないんだろうなあ・・・と思っていたけど、予想以上に細かく顔だったり服装だったりを変更することができそうです。自分好みのアバターを作ることができそうですね。