LINEスタンプの売り上げ上位は平均6億4100万円!そして、今ではスマホでLINEスタンプが作れる!!

もはやLINEには欠かすことのできないスタンプですが、このスタンプを作ったことはあるでしょうか?

LINEが発表したところによると、「売り上げ上位10人のクリエイターの平均販売額(累計)は6億4100万円」だそうですよ。平均6億ってやばいですよね。大体4分の1が自分のところに入ってくるので、約1億5千万ですか。

この記事では、人気のスタンプとスマホでLINEスタンプを作れるらしいので、それをちょっと見ていきたいと思う。

人気のLINEスタンプ

人気のLINEスタンプガどういったものなのか見ていきます。LINESTOREのクリエイターススタンプに移動。

カワイイ・キュート

うさまるを描く人のTwitterすごいですね。フォロワー数22万人以上です。LINEスタンプだけではなく、他のグッズにもなっているようですね。うさまるファンであれば見逃せない。

面白い・ネタ

お絵描きみたいなスタンプが多いですね。確かにこういったスタンプは面白い。スタンプと言えば、可愛いイメージがありますが、ここは真逆ですね。

挨拶

挨拶といっても結構可愛らしいスタンプが多いんですね。挨拶なので、結構いつでも使えそうなスタンプばかりですね。

スマホだけでLINEスタンプを作れる「LINE Creators Studio」!?

LINEスタンプを作るとなると、やっぱり面倒何だろうなあと思うかもしれませんが、スマホだけでスタンプを作ることのできる「LINE Creators Stuido」というものが今はあるみたいです。スタンプの審査申請や販売もスマートフォンからできるので、一貫して出来ますね。

スタンプの作り方

スタンプの作り方は、LINE Creators Studioに載っています。

イラストを描くのは難しそうですが、写真を取り込んでトリミングしてっていうのはそこまで難しくはなさそう。それに文字を入れるだけで、スタンプになってしまうんだから結構簡単なのかな?と感じてしまう。画像編集するソフトを使わないで出来てしまうのは驚きです。

利用方法

  1. LINE Creators Studioアプリをダウンロードします。
  2. アプリを立ち上げ、スタンプを制作します。スキャナや画像編集ソフトは必要ありません。
  3. LINEアカウントにログイン後、スタンプの審査を申請します。
  4. 審査完了後、販売します。

アプリでスタンプを作るには、もちろん専用のアプリが必要になってくるのでダウンロードします。アプリでスタンプを作ったら審査を申請して、販売という流れですね。

そこまで難しい印象は受けないので、スタンプ作成に興味があったら使ってみてもいいかもしれないですね。

版権キャラの制作・販売可能!?

LINEは、人気キャラクターなどの知的財産を利用したLINEスタンプの制作・販売ができるサービス「LINE Creators Collaboration」も行なうようで、6月からサービスが開始されるようです。

コラボレーション第一弾は東方Project

コラボする第一弾は東方Projectみたいです。

スタンプ審査受付期間や販売可能期間、手順等は「LINE Creators Collaboration」に掲載されているので、東方のキャラを使って何かスタンプを販売したい!と考えているのであれば、見てみるといいです。使用可能キャラクターなんかも見ることができるのは面白いですね。

まとめ

LINEスタンプで稼いでいる人は、かなり稼いでいるんですね。作って販売して億稼げるなんて夢のようです。

スマホでスタンプを作れるようにもなってきているようだし、スタンプ作成の敷居はどんどん低くなってくるのかもしれないですね。自分もLINEスタンプ販売してみたい!というのであれば、手を出してみてもいいかもしれません。