【ホロライブ、IRIAM】誰でもVTuberになれるアプリが存在する!VTuberがさらに活躍する時代がやって来るのかもしれない

Youtubeの動画は毎日欠かさずに見ているといった人もいるのではないかと思います。好きなチャンネルは登録して、動画のアップされた通知が来たらチェックしてと、そんな生活を送っているのではないでしょうか。

そんなYoutube大好きなあなたならバーチャルYoutuberの存在も知っているでしょう。有名どころで言うと、キズナアイやミライアカリですね。

ああいったバーチャルYoutuberに簡単になれる時代がもうすぐ来るかもしれないんじゃない?っていうのが今回の記事です。

誰でもVtuberになれる時代が来る

VTuberとは

バーチャルYouTuberという言葉をよく耳にすることがあるかもしれませんが、VTuberとはこの略語。キズナアイが有名ですが、バーチャルYoutuberは他にもたくさんいます。

バーチャルYoutuberはキズナアイだけじゃない!四天王の存在を忘れるな!!

2018.02.27

Youtuberが有名になって、今度はバーチャルYoutuber。キズナアイを見てみれば、チャンネル登録者数もたくさんいるし、これからVTuberが活躍していく時代になるのかもしれません。

VTuberになれるアプリが存在する

キズナアイやミライアカリなどのYoutuberはいるけど、あれは映像技術を駆使したもので自分にはできない・・・と思うかもしれませんが、それを実現してしまうようなアプリも出てき始めています。

VTuberになれるアプリ

ホロライブ

ホロライブ

スマートフォンの前面カメラで表情を認識して、キャラクターにリアルタイムになりきることができるアプリです。表情を認識してスマホのキャラクターがそれを反映してくれるんですね。

アプリが重くてうまく動作しなかったり、カクカクしてうまくキャラクターと連動させることができなかったりといったレビューもありますが、こういったアプリもあります。

アプリを使って手軽にVTuber体験をすることができるのが良いですね。アプリを使って動画を出すにはなんとも言えないですが、ちょっと試すにはいいでしょう。

IRIAM

IRIAM(イリアム)はまだリリースされていませんが、2018年内リリース予定のVTuberになりきることができるアプリです。公式サイトのトップページの動画をみれば、何となく概要がわかるかと思います。

うまく人間の表情や動きを認識してキャラクターとのズレがないようなアプリになってくれることを期待です。

ホロライブが開催するVTuberオーディション

ホロライブでは、VTuberになりたい個人の方を対象としたオーディションを開催しているようです。募集締め切りは5月13日23:59なので、やりたい人は急ぎましょう。

選考に通過すると、Live2Dのオリジナルキャラクターを提供してくれ、スマートフォンを使って動画やライブの配信ができるように支援してくれるようです

選考内容

選考は公式サイトから応募することができ、その際に応募したいキャラクターになりきって自己紹介動画か音声を作成するようです。動画は音声のみで問題ありませんと書いてあるので、結構な人にチャンスがあるのではないでしょうか。これはあれですかね、そのキャラクターにあった声質の人を見つけるための募集なんですかね。

選考に通ったら

選考に通ったら、ホロライブ内で使える専用のLive2Dキャラクターをセットアップしてくれたり、iPhoneXを無料で貸してくれたりするようです。

VTuberとして活躍するとなったらどうなるんでしょうね。Youtubeに投稿するための動画作成なんかを本格的にしていってとかなるんでしょうか。VTuberになりたい人にとっては良いチャンスです。

まとめ

本物の人間が動画に出るのではなく、出演するのはキャラクターで自分はそのキャラクターになりきる、っていう動画が人気になるのは何だか不思議ですね。とはいっても、アニメなんかはそれと似たようなものの感じがします。

imademoYoutbeをみれば、バーチャルYoutuberが活躍している部分はありますが、この波がもっと広がっていくのでしょうか。どうなっていくのか楽しみですね。