体温で発電するスマートウォッチ「MATRIX POWER WATCH」って?

AppleWatchをはじめ、いろんな企業からスマートウォッチが出ていますが、あなたはどうでしょう?欲しいものは見つかったでしょうか、それとももう身につけているでしょうか。

スマートウォッチは充電するのが面倒で手を出していないんだよ、と思っている人もいるかも知れません。でも、中には充電する必要のないスマートウォッチも存在するんです。

私たちの体温で電力を作ってしまうスマートウォッチがそれですね。今回は、そんな体温で発電してしまうMATRIX POWER WATCHを見ていきたいと思います。

体温で発電するMATRIX POWER WATCHとは?

MATRIX POWER WATCH

「マトリックスパワーウォッチ」

名前からしてすごそうなスマートウォッチですね。このスマートウォッチのすごいところは、何と言っても体温を使って発電できるという部分です。体温で必要な電力を発電、逐電し、たとえ腕から外したとしても逐電された電力で駆動するというのだから驚きですね。

体温と外気温の温度差によって電力を発電する仕組みのようです。

もちろん他のスマートウォッチと同様にスマートウォッチらしい機能も備えています。

充電不要

まずは、充電が不要です。腕につけるだけでスマートウォッチを動かすのに必要な電力を発電してくれるので、充電はいらないです。他のスマートウォッチのように、いちいち充電を気にして取り外して充電してっていう手間がないのは楽ですね。

カロリー計算

消費するカロリーは熱に変換され、熱から正確に消費カロリーを計測してくれるようです。温度に敏感なスマートウォッチみたいですね。

歩数計

歩数を計測してくれ、1日の活動量を知ることができます。

睡眠の質を測る

腕につけて眠ることによって睡眠の質を計測してくれます。腕につけて眠るのは、最初は違和感があるでしょうけどこれは慣れでしょうね。計測中も体温を使い発電しているので、翌朝、充電をする必要は無いみたいですね。流石です。

腕からとったら?

腕から外すとスリープモードに入リますが、消費カロリーや活動量のデータは内蔵メモリーに保存されるようです。あまり気にせずに取り外すことができるんですね。

アプリを使ってもっと便利に

アプリを活用することで、カロリーの消費量、歩数、睡眠の質を知ることができます。更に、1日の間に体温からどれくらいの電力を創ったのかを、家についている電力計と同じように確認することができます。

アプリを使うことで、自分の活動量や睡眠の質を知ることができるようですね。「1日の間に体温からどれくらいの電力を創ったのか」これを知ることができるのは面白いです。自分がどの程度の電力を創ったのか気になります。

MATRIX POWER WATCHの価格は?

やはり気になるのは価格でしょう。身につけているだけで充電してくれ、さらには睡眠の質や活動量を測ってくれる時計、正直欲しいですよね。

amazonに売ってましたが、値段は3万円超えです。高い・・・

これは簡単には手を出すことができなそうです。充電のいらないスマートウォッチ素敵ですけどね。

まとめ

体温で充電することのできるスマートウォッチなんてすごいですね。まさか腕につけているだけでOKだとは。他のスマートウォッチも見習って欲しいけど、そううまくはいかないものなんですかね。

この体温で充電するっていう部分は、スマホには応用できないんですかね。スマホも手で持つし、しまうときにはだいたいポケットだし少なからず体温はスマホに伝わっているじゃないかなあ。スマホじゃ使う電力が大きすぎてダメなのかな。

でも、スマートウォッチでこういったことができるのだから何年後にはスマホの充電のあり方も変わってそうですね。