写真・イラストで稼ぐならこのサービスで決まり!!5つのサービスを比較!

medium_6124197504
medium_6124197504

写真やイラストを作る人が好きな人、カメラで写真を撮ることが趣味の人、けっこういるんじゃないでしょうか。

普段とっている何気ない写真、もしかしたらそれがお金につながるかもしれない。ネットのサービスを使えばそんなことも可能になっちゃうんです。

今回はそんな写真やイラストで稼ぐサービスについて!

photo credit: vic xia via photopin cc

写真・イラストで稼ぐ

写真を撮ったりすることでお金にすることのできるサービスをいくつか紹介していくよー。

PIXTA

990万点以上の写真素材・イラスト素材・動画素材が用意されている。 一度購入すると、様々な用途に何度でもご利用いただけます

写真だけじゃなくてイラストも販売することが出来る。素材が購入されると、コミッションに応じた額が「獲得クレジット」として支払われる。

獲得クレジットはコミッション率によって変動

一般クリエイターのコミッション率は22~42%

PIXTA

Fotolia

34,934,171 点のロイヤリティフリーストックフォト

ロイヤリティフリーの写真、イラスト、ベクター、動画が 25 円 から

ベクターやロゴなんてものもある。

  • クレジット単品購入による作品販売では、20%~63%
  • 定期契約を使用したダウンロードによる作品販売では、0.25~0.40クレジット

1クレジット = 185円

サイズが大きくなるごとに販売価格は上がっていくよ。

 

fotolia

iStockphoto

サイトは綺麗。

1クレジット1200円と設定価格はけっこう高め。サイズが変わっても値段の変わらない商品もけっこうある。

写真の画質はかなりいい。ここで勝負するには画質の良さもけっこう求められるでしょう。

 

iStockphotoの売上げだけで家を建てた人もいるとのこと

Stockクレジットまたは単品購入でダウンロードされたファイル1点に対して、15%のベースのロイヤリティが支払われます。 専属コントリビュータには最高45%をお支払いします

iStockphotp

5PHOTO

5PHOTOは、5STYLE会員登録(無料)することで、どなたでもオリジナル写真、イラストの投稿をすることができます。投稿者は見る人に向けて「無料提供、販売、公開のみ」といった3つの選択項目を選び「写真とイラストの投稿」ができます。ロイヤルティは設定価格の50%に

プロ、アマ問わずに、投稿作品を閲覧者(第三者)の方へ販売することができます。投稿の際の選択で投稿作品の価格設定(100円~7000円)を任意で設定することが可能です

5photo

Photo library

プロ・アマ問わず誰でも、WEB(ブラウザ)上から簡単に写真・イラストを登録でき、自由な価格設定で写真素材を販売・公開することが出来ます。クリエイターの方はフリー素材のダウンロードや雑誌・書籍・WEB制作のためのロイヤリティーフリー画像を購入いただけます。

誰でもカンタンに画像をアップロードでき写真を公開・販売できます。※審査がございます。
・自由な価格が設定でき、アクセス数や検索キーワード閲覧、売り上げ・コメントの管理ができます。
・業界最高レベルの還元。販売価格の50~60%をお支払い。

photo library

 

比較

いくつかのサービスがあるけど、どこがどう違うのか。規模、販売価格、還元率から見ていくよ。

規模

PIXTA…990万点以上の写真素材・イラスト素材・動画素材

Photolia…34,934,171 点のロイヤリティフリーストックフォト

iStockphoto…760万点以上の画像

5PHOTO…不明だが、そこまで多くない

photolibrary…2,758,660枚

fotolia

写真の枚数で見ると、Photoliaがずば抜けていますね。

数が多いということはそれだけ作っている人も多いわけだから、情報はいっぱい出回っている。その分ライバルも多くなるっていうことだけど。

 

販売価格

  • PIXTA
S ¥540 Web用
M ¥1,620 はがき/A5印刷用
L ¥3,240 A4印刷用・パンフレット
XL ¥5,400 A3~印刷用
V ¥3,780 ベクター素材(EPS)
  • Photolia

1クレジット = 185円

fotolia 2
  • iStockphoto

1クレジット1200円~

  • 5PHOTO

投稿作品の価格設定(100円~7000円)を任意で設定することが可能です

  • photolibrary

自由な価格が設定できるので様々

 

価格は自由に設定できるところもあるので様々。

自分がいくらぐらいなら売りたいのか、売ることが出来るだろうかを考えてみるといいかも。

 

支払い率

PIXTA…一般クリエイターのコミッション率は22~42%

Photolia…クレジット単品購入による作品販売では、20%~63%、定期契約を使用したダウンロードによる作品販売では、0.25~0.40クレジット

iStockphoto…15%のベースのロイヤリティが支払われます。 専属コントリビュータには最高45%をお支払いします

5PHOTO…ロイヤルティは設定価格の50%

photolibrary…販売価格の50~60%をお支払い

photo library

業界最高レベルの還元と書いてある通り、還元率がいいのはphotolibrary。50~60%は大きい。

ただ、photolibraryは価格が自由設定のためか。結構安い作品が多い。一つの価格が安いと還元率が高くても結局は安くなっちゃうから気にするところだね。

 

どの写真・イラストサービスがいいの?

やはり一番気になるのは結局のところここでしょう。

私がおすすめするのはPIXTA。

PIXTA
  • 情報が多い
  • 稼いだ例をよく見る

この2点がPIXTAをお勧めする理由。稼ぐ上で情報が少ないのは致命的なので、検索すれば多く情報があるのはいいね。

どうやってやればいいかとか、どんな写真を撮ってどう稼いだらいいのかなど気になることはたくさんあるでしょう。

あと、これは個人的になんだけど、PIXTAで月何万とか稼いだ例をよく見る。やっぱりやるならこういう例が書いていないとやる気も起きないからね。

 

PIXTAの本まで出ている。

お金にかえるまでの稼ぎ方が載っている本まで出しているとはなかなかやりますね。