コミュニケーションロボット「Xperia Hello」って何?スマートスピーカーじゃないの!?

Amazon EchoやGoogleHomeのように音声で操作できるスピーカーは色々存在しますが、SonyからもXperia Helloというものが販売されています。

Amazon EchoやGoogleHomeとは違って、画面がついていたり部屋の監視をすることができたりとできることが多いのが特徴です。

この記事では、Xperia Helloについて見ていきたいと思います。

Xperia Hello!とは

「あなたを理解するコミュニケーションロボット」という謳い文句で販売されているXperia Hello!ですが、ソニーが提供している音声コミュニケーションをとることのできるロボットです。

音声と聞くと、Amazon EchoやGoogleHome等が思い浮かぶかもしれませんが、それらと同じような機能を備えています。会話はもちろん、テレビを操作したり、Youtubeを再生したりすることができます。

「ねえハロー」または「ハイ エクスペリア」で呼びかける

「アレクサ」「OK, Google」と同じようにXperia Hello!にも呼びかけの言葉があり、「ねえハロー」か「はい エクスペリア」で呼びかけることができます。何とも言えない感じですね。「ねえハロー」であればそこまで抵抗なく、言えるような気もします。

Xperia Hello!でできること

メッセージの送受信

会話したい人を音声で伝えると、Skypeアプリが立ち上がり、音声通話やビデオ通話をすることができます。

わざわざスカイプを手でいじって立ち上げて連絡を取りたい人とコンタクトを取って、なんてことをしなくても音声ですぐに通話することができるのは良いですね。

また、ビデオ伝言も残すこともできるようです。

Xperia Hello!にビデオ伝言を残せます。「伝言をおねがい」と伝えて、届けたいユーザーを指定します。次に、カメラが立ち上がるので、録画ボタンを押して伝言を残します。Xperia Hello!は、届けたいユーザーを認識すると能動的にお知らせします。

ビデオを自分で撮って送るのではなく、Xperia Hello!が撮って送ってくれるのは便利かもしれないです。個人的にはビデオ通話はあまり使わないので、何とも言えない。

家の見守り

LINEを使って、外出先から家の中の様子を確認できます。Xperia Hello!が家族を見かけた時間を確認したり、家の中を撮影して写真で確認することができます。

楽しむだけじゃなくて、こういった機能もあるんですね。家の家族の様子や状態が気になる時なんかには、使える機能です。あると安心ですね。

情報の提供

交通情報やニュース、天気予報などを知らせてくれます。知らせて欲しい予定があれば、リマインダーで登録したりメッセージを自分宛に届けることができます。

Youtubeの再生

「YouTubeを見たい/音楽をかけて」と呼びかけることでYoutubeの動画を再生することができます。本体に画面がついているので、そこで見ることができるのが良いですね。好きなアーティストやジャンルを登録することで、優先して再生することもできるようになるそうですよ。

ラジオを聴く

話しかけることで、radikoからradioを聴くことができます。再生・ 停止・ラジオ局の変更を音声で操作することができるので、手を動かす必要はないです。

テレビ操作

「スマートコントローラー for Xperia Hello!」のインストールが必要ですが、選局や音量の調整等も話しかけることで操作が可能です。

Xperia Hello!の価格は?

Xperia Hello!は余裕の10万超えです。

正直、ちょっと高すぎるかなという風に思ってしまいます。

音声操作して、音楽を聴いたり情報を聞き出したりすることが目的ならAmazonの製品を買ったほうが手軽で良いかもしれない。

値段も安いですしね。部屋の監視や画面がついているのが欲しい方にはXperia Hello!ありかもしれませんね。

スマートスピーカー17種を比較!おすすめのAIスピーカーはどれ?

2018.04.09

まとめ

テレビもラジオもYoutubeも音声だけで操作することができるとしたら、端末を操作する必要なんて生活になくなるのかもしれないですね。Xperia Hello!はAmazonやGoogleHomeと違い、画面があるのでそこで気になる情報を見ることができるのが魅力です。

値段がかなり高いのがちょっと痛いところです。