自分の声を元に音声を作れる「コエステーション」が凄い!

自分の声をアプリに学習させて、それを元に音声を作ってくれるアプリ「コエステーション」を東芝系の会社が提供しているようです。Amazon EchoやGoogle Home等の声で呼びかけて、何かを行ってくれる機器が流行っていますが、またちょっと違った面白い感じですね。

 

自分の声を学習させていくので、もしかしたらより人間らしい声をスマホで作る事ができるかもしれない。音声合成ソフトなんかで抑揚や音の高低を調整しなくてもいいかもしれない。何よりこのアプリは無料。

ちょっと期待してしまうが、まあちょっと見ていきたいと思います。

コエステーションとは

コエステーションは、人間の声を人工的につくれる音声合成技術を使ったサービスです。

コエステーション

 

声ステーションは、東芝デジタルソリューションズ株式会社が提供しているアプリで、なんと人間の声を人工的に作るできる音声合成技術を使っているらしい。なんかすごそうです。機械で作った音声は抑揚がなかったり、発音が変だったりしますが、人間の声ということはそれも少しは和らいでいるんでしょうか。

コエステーションでできること

  • 自分の声の分身を作成
  • 入力文の読み上げ
  • SNSへの音声投稿

コエステーションでできる事は上記のようなことのようです。個人的に気になるのが入力文の読み上げの精度です。

動画用に使う音声合成ソフトは何が良いか調べてみた結果

2017.11.01

以前こんな記事を書いたんですが、入力した文章の読み上げはやはり機械的になってしまったどうも人間が喋っているようには聞こえないんですよね。ここの精度が上がれば、簡単な動画に読み上げさせた音声を入れたり、youtubeにアップしたり結構便利なんですけどね。

コエを育てる

指定の文章を読めば読むほど、あなたにより近い「コエ」を作ることができます。
声のレベルは5段階まで進化します。

文を読むほど、自分の声に近いコエを作る事ができるみたいです。どんどん読み上げてコエのレベルを上げていくんですね。アプリに自分の声を学習させていくんですかね、人工知能っぽいです。

対応機種

対応しているのは、iOS 10以降でiPadを除くiPhone 5S以降をサポートしているみたいです。App storeで検索して見れば出て来るので探してみてください。Androidユーザーはどんまいですね。

コエステーションを使ってみる

自分の声を作って、文章を読み上げたりする事ができたりするコエステーションですが、やはり使ってみないとわからないのです、実際に使ってみました。

App Storeからアプリをダウンロードしたらエコステーションを開きます。

登録が必要なので、メールアドレスと生年月日等を入力して進みましょう。アプリの使い方が説明されるので、簡単に読んで飛ばします。出て来る文章を読み上げることによって、自分のコエを元にした「コエ」を作る事ができるようなので、それをやってみます。

こんな風に画面に出てきた文を読み上げていきます。読み上げる回数が多くなればなるほど精度が上がっていくようで、レベル1〜5までのコエを作成する事ができます。

静かな場所でないと、他の音も拾ってしまうので注意しましょう。家の中でやるのが無難ですね。

レベルが上がっていくごとに読み上げる文の量も多くなっていくようですね。とりあえずレベル2まで読み上げて、「コエ」の作成を行ってみます。

なんと作成時間が最速で1時間・・・!?数日かかることもあるようで、これは待たないといけないですね。ちょっと待ってみましょう。

出来上がった声を聞いてみる

1時間もかからずに声ができましたね。声が出来上がったので聞いてみます。読み上げさせたい文章を入力して、ボタンをタップすれば読み上げてくれます。

聞いて見た感じうーーーむ、なんとも言えない。レベル2で試してみましたが、微妙ですね。レベルは5まであるので、自分の声をもっと聞かせてレベルをあげればもっとましになるのかもしれません。

声の感じを性別や年齢・明るさ等色々設定できますね。読み上げる文章を明るく・怒ったように、等の感情で読み上げて欲しい場合は多いと思いので良いですね。

まとめ

正直このアプリは良いです。無料でここまでする事ができるのは、なかなか魅力的ですね。音声の読み聞かせをレベル2でやったので、まだまだだったのかもしれませんがレベル5まであります。レベル5で入力した文章を読み上げるとどうなるのか気になります。

レベル5の精度がどれぐらいかにもよりますますが、動画に音声を入れるときなんかにも使えるかもしれません。音声を作ることもどんどん簡単になっていくんだろうなと思わせてくれるアプリでした。