Wi-Fiルーターの電波を強くする部屋の置き場所

Wi-Fiルーターを家に置いて使っている人もいるでしょう。もしかしたら固定回線を使わずに、Wi-Fiルーターのみで場所を選ばずにインターネットを楽しんでいる方もいるかもしれません。

しかし、家の中で使うときに問題なのが、電波が弱くなってしまうというところです。外で使ったときにはうまくいったけど、家の中では電波が弱い・・・そんなことを感じたことがあるのではないでしょうか。

 

Wi-Fiルーターの電波は家の建物や家具等障害物によって大きく影響を受けるので、場所を移動するだけで電波が弱まったり強まったりします。もし、今電波が弱いと感じているのであれば、電波の強くなる場所を探してみましょう。

 

この記事では、Wi-Fiルーターの置き場所に困らないように注意事項をまとめます。今Wi-Fiルーターを持っている方、これから買おうとする方は参考にしてみてください。

Wi-Fiルーター置き場所チェック項目

電子レンジのそばには置かない

Wi-Fiの電波は2.4Ghz帯の周波数で、電子レンジからの電磁波も2.4GHz帯の周波数です。Wi-Fiが電子レンジと同じ周波数の電波を使っているので、電子レンジとWi-Fiが近いと電子レンジに干渉されてしまいます

Wi-Fiルーターにだけ影響が出てしまうのは、ルーターは常に電波を受信しているためです。電子レンジはマイクロ波を発生させ受信しないので影響が出ないんですね。。

5GHz帯の周波数を使う

とはいっても電子レンジの近くにしかWi-Fiルーターの置き場所がないといったこともあり得るでしょう。そんなときには、Wi-Fiルーターの周波数を変えてしまえば良いです。

自分はWiMAXを使っているのですが、Wi-Fiルーターの設定から5GHzに変更することができます。ルーターを持っていればWi-Fi設定を見てみましょう。現在は2.4GHzを使っていますが、5GHzに変更することによって、電子レンジの周波数と異なるので、干渉を受けることはなくなります。

床に直置きしない

Wi-Fiルーターを床にそのまま置いてしまうと、電波が床に反射してうまく行き届かない状態になってしまう場合があるので、直置きは避けましょう。

家の中心・適切な高さ

電波は障害物があると届きにくくなってしまうので、部屋の中心に置きある程度高さがある場所に置く必要があります。

  • 家の中心
  • 置く場所の高さは、1~2m

上記を踏まえて置き場所を検討しましょう。

水の・金属の近くに置かない

電波は水に吸収されやすいです。そのため、W-Fiルーターの近くにキッチンがあったり水槽、洗面台があったりすると電波が弱まってしまいます。

アルミホイルや鉄などの金属類も電波を弱くしてしまう原因です。金属を使った製品の近くに置くのは避けましょう。

周りに物がある場所は避ける

電波は障害物によって弱くなってしまうので、周りに物がある場所は避けましょう。部屋を跨いでインターネットを使う場合、ドアや家具等で電波が弱くなっていることもあるので、Wi-Fiルーターの配置や家具の位置を変えてみましょう。

それでもダメなら中継器

上記であげた項目全てを実践しても、電波が弱いといった場合には中継器を使った方が良いかもしれません。中継器とは、Wi-Fiルーターの電波を中継して遠くまで飛ばす機器です。Wi-Fiルーターから飛んできた電波をキャッチし、パソコンやスマートフォンへと、電波を届けてくれます。

今までは、電波が届かずにインターネットを使うことができなかった部屋でも使えるようになったり、より快適に通信を行うことができる可能性があります。

中継器選びの注意点

中継器はWi-Fiルーターの電波を拾って拡散してくれる優れものですが、選ぶ際には注意点があります。それは、中継器の通信の規格がWi-Fiルーターと合っているかどうかです。

通信の企画は帯域ごとに別れていて以下の通りです。

  • 5GHz・・・11ac,11a
  • 2.4GHz・・・11g,11b
  • 両方の周波数で使用可能・・・11n

 

自分のWi-Fiルーターの規格がどれなのかを確認して、その規格に合った中継器を選択しましょう。とはいっても両方の規格に対応しているものも多いので、その製品を選ぶと良いです。

まとめ

Wi-Fiルーターを買っていざ使ってみたら電波のアンテナの本数が少ない・・・なんていうこともありますが、そのような場合は、この記事に書いてあることを参考にして、置き場所を決めてみてください。

Wi-Fiルーターを持って部屋の中を移動すると、電波の入りが良くなる場所を見つけられたりするので、色々探してみるのもありですね。