有料動画視聴トップはAmazonプライムビデオ!魅力と特徴を紹介します。

有料動画視聴トップはAmazonということを知っているでしょうか。

ニールセン デジタルは3日、インターネットの動画コンテンツの利用状況や、動画広告に対する意識の分析結果を発表。有料視聴サービスはAmazon Prime Videoの利用率が13%で他を引き離している。また、動画広告を見て好意的な態度に変わる割合は若年層ほど高く、10代の22%が実際に購入したことがあるという。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1115281.html

Amazonプライムビデオの利用率が13%。そして10代の22%が実際に購入したことがあるという。10代のネットを通してお金を使う意欲っていうのはなかなか強いようですね。昔はネットで何かを買うことに少し抵抗を感じた記憶がありますが、それは今やもう当然の時代ですね。1位がアマゾンプライムということであれば、他の動画サービスはどうでしょう。

  1. Amazon Prime Video
  2. Hulu
  3. Netflix
  4. dTv
  5. DAZN

という順位のようですね。1位と2位の差がすごい開いているのが分かりますね。Amazon Prime Videoってそんなにすごいものなのでしょうか。ちょっとだけ見ていきたい。

Amazon Prime Videoとは

Amazon Prime VideoはAmazonが展開しているサービスでプライム会員であれば、どこにある動画を無料で見ることができます。動画のジャンルとしては、ドラマ・映画・アニメ等様々です。プライム会員であれば使うことができるのが特徴で、それが利用者の数値にも現れているのではないかなと思います。

目を引くような作品が並んでいますね。アカデミー賞受賞作品・アクション映画・日本のTV番組等ジャンル分けがなされていて見たい動画を探しやすいのも良いですね。

個別の作品ページで「最初から観る」ボタンを押せば視聴することが可能です。無料のストリーミング再生だとなかななロードが終わらずに再生できない、ということがよくありますがそういったこともなく快適に視聴することができました。見ている途中で画面を閉じてしまったとしても「続きを観る」ボタンから続きを観ることができます。

Amazonプライム会員の魅力

Amazon Prime Videoは種類も豊富ですが、年間3900円の料金がかかってきます。月換算すれば、約325円です。325円でも他の動画視聴サービスと比べればすごい安いですが、プライム会員になることで使えるサービスは他にもあります。

  • 無料の配送特典・・・対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料で利用可能
  • Prime Music・・・100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービス
  • プライム・フォト・・・Amazon Driveに写真を容量無制限で保存可能
  • Prime Reading・・・対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)を追加料金なしの読み放題で利用可能

プライム会員になれば使うことのできるサービスはけっこうあります。

Amazonで頻繁に買ったりするのであれば、お急ぎ便や日時指定便を無料で使うことができるのは魅力的でしょう。音楽を聞くことができるのも良いですね。

Amazon Prime Music

曲数は100万曲以上で、「人気の楽曲や人気のプレイリスト・おすすめの音楽を聞くことができます。自分の好きな曲を探していみましょう。

Amazon Prime Reading

無料で対象のKindleコンテンツを読むことができるサービスです。コンテンツのジャンルは漫画や小説・雑誌・経済等様々です。

これだけ種類があれば、あなたが読みたい本もあるんじゃないかと思います。本屋に行って本を買えば数百円数千円かかってしまうものがネットを通せば無料で読むことができてしまうなんてAmazon流石ですね。

Amazon Prime Video以外の動画視聴サービス

プライム会員であれば無料で視聴することのできるPrime Videoですが、他の動画視聴サービスがあるようにそれぞれ得意不得意があります。Huluと比べれば、海外ドラマは弱いでしょうし、dアニメストアと比べればアニメは弱いはずです。他のサービスの特徴はこんな感じです。

  • Hulu・・・海外ドラマや映画に強い
  • Netflix・・・オリジナル作品のクオリティーが高く、字幕機能が整っている
  • dTv・・・動画視聴のサービスでは月額500円と安く、動画をダウンロード可能
  • DAZN・・・スポーツを専門に扱っている

それぞれ強みにしている分野が違うので、動画視聴サービスを使いときにはそこに注目すると良いでしょう。

【動画配信サービスを比較】スマホ・タブレットで海外ドラマを見るならHuluがおすすめ

2018.03.15

まとめ

Amazon Prime Videoの利用率が高いということで記事にしてみましたが、いかがだったでしょうか。プライム会員であれば無料で使えることができるのがとても良いですね。お急ぎ便や他のサービスも使えるようになるので、お得感はすごいです。