パソコン・スマホでGyazoを使って簡単に画像・スクリーンショットを共有する方法

パソコンでスクリーンショットを撮って他の人にLINEやSlackで送ったりすることもけっこうあるのではないでしょうか。スクリーンちょっとを撮って画像をドラッグして移して・・・という作業をやっているかもしれません。ですが、その作業を毎回やるのは面倒くさいですよね。

Gyazoを使えば、そんな面倒なことをする必要はありません。この記事では、パソコンのスクショ・スマホの画像を簡単に共有する方法を書いていきます。

Gyazo

GyazoはとったスクリーンショットをURL化することができるサービスです。URLなので、LINEやSlackでそのURLを送れば、送られた人はそのURLをブラウザに打ち込めばスクリーンショットを見る事ができます。

Gyazosから「今すぐダウンロード」ボタンをクリックし、ダウンロードしましょう。ダウンロードしたらファイルを開いて、アプリケーションフォルダに移動させます。

後はGyazoのアイコンをダブルクリックすれば起動する事ができます。起動したらカーソルが出てくるので、それで画面内の保存したい箇所を囲います。

囲った範囲がスクリーンショットとしてGyazoで表示されます。リンクが表示されるので、このリンクを他の人と共有すれば撮ったスクリーンショットを見る事が可能です。

有料バージョンにすれば、画像に線を書いたりする事ができます。

画像に補足説明や線を入れたりする事ができるのは便利ですよね。しかし、これはお金を払わずともSkitchという別のアプリケーションを使えば可能です。

Gyazoの良いところはスクリーンショットを手軽に共有する事ができる点です。フォルダから該当の画像を選んでLINEの特定の人に送るといったことは割と手間がかかって面倒です。URLを送るだけならコピペで済むのでとても楽ですね。

スポットライト検索でGyazoを起動する

いちいちアプリケーションを開いて、Gyazoをクリックするのが面倒な方はスポットライト検索を使ってすぐに起動しましょう。「Control」キー+「スペース」キーで検索バーを表示する事ができます。

gyazoのアプリケーションが表示されたらEnterキーを押せば、Gyazoが起動しスクリーンショットを撮る際のカーソルが出てきます。後はスクリーンショットを撮りたい選択範囲をカーソルで囲って撮るだけです。

スマホアプリのGyazo

スクリーンショットを簡単に共有することのできるGyazoですが、Androidアプリにも存在します。Androidの方はGooglePlayで検索して見ましょう。

起動したらカメラが起動します。

普通のカメラと同じようにシャッターボタンを押すと、「画像のURLをクリップボードにコピーしました」と文言が表示されます。これであとは貼り付けるだけで画像のURLを共有することが可能です。

パソコン版のGyazoはスクリーンショットを撮ってそれをURL化していましたが、スマホ版のアプリはスクショではなく、背面カメラで撮った画像がURL化します。簡単に撮った写真を共有したいときには便利ですね。

Gyazo 写真やスクリーンショットをURLで即シェア!
Gyazo 写真やスクリーンショットをURLで即シェア!
開発元:Nota, inc.
無料
posted withアプリーチ

 まとめ

スクリーンショットや撮った画像を素早く簡単に共有したいと思う時なんかにはGyazoを使えば手軽に行うことができます。特にパソコンの場合にはとても楽ですね。スクショを通して円滑なコミュニケーションに役立てましょう。