Android・iPhoneのブルーライトカットの設定方法

スマホの光はすごいですよね。

 

暗い部屋でスマホの電源を入れて、そのディスプレイの画面の光を見てみるとその光の大きさに驚きます。こんなものを毎日目に当てているのだからそりゃあ目は悪くなるし、体調にも影響しますわ・・・

スマホから発せられるブルーライトといったものがやばいと聞いたことがある人も多いと思います。

今回は、そのブルーライトをAndroidでどうやって防ぐかといったことを書いていきます。

ブルーライトとは

ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

いかにもやばそうな説明ですね。

スクリーンショット 2018-03-19 17.57.28

ブルーライトは何も目への影響だけでなく、睡眠障害や精神状態にまで影響します。

これは防ぎましょう。

ブルーライトをグッズで軽減する

ブルーライトカット保護フィルムを使う

普通の保護フィルムではなく、ブルーライトもカットしてくれる代物です。これはiPhone対応のものなので、Androidの場合は自分のスマホにあったブルーライトカットフィルムがあるか検索して確認してみましょう。

ブルーライトカットメガネを使う

ブルーライトメガネを使う方法です。メガネのレンズがブルーライトを軽減してくれます。

視界がオレンジっぽくなりますね。JINSとZoffが有名です。

jinsとzoff、ブルーライト対策にはどちらがいいの!?私がJINSをおすすめする理由

2015.01.29

ブルーライトをアプリで防ぐ

何もブルーライトはグッズを使わないと軽減できないわけはありません。画面から発せられるブルーライトを軽減するアプリをスマホに入れてしまえばいいんです。

Android

ブルーライトを軽減するために「ブルーライト軽減フィルター」というアプリをインストールします。

Screenshot_20180320-095949 Screenshot_20180320-095943

使い方は超簡単。バーを右左に動かして自分好みのブルーライトカット率にするだけです。

パーセントが大きくなってくると、それだけ画面の色が変わります。

Screenshot_20180320-102522 Screenshot_20180320-095952

フィルターの色もいくつかあり、自分好みの色にすることができる。

迷わず使えるので、Androidを使っているならおすすめ。

iPhone

「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」とタップし、設定画面を開きましょう。

IMG_0003IMG_0004

この画面で、どの画面の色をどのようにするか決定することができます。

IMG_0005 IMG_0006

「暖かく」の方にバーを持っていくと、画面がオレンジになるのがわかると思います。よくあるブルーライトカットの色ですね。

時間を指定すればいつまでNight Shiftを有効にするかどうかを指定することができます。便利ですね。

まとめ

触らない日はないというほどスマホは触っているのではないでしょうか。この光を毎日浴びるのは感覚的にやばいだろうなあ、と感じることもあるでしょう。

目は大切です。守るために簡単なブルーライトを軽減するぐらいはやっておいた方が良いですね。

Macのブルーライトをカットする3つの設定方法

2017.10.23

jinsとzoff、ブルーライト対策にはどちらがいいの!?私がJINSをおすすめする理由

2015.01.29