普通の時計をスマートウォッチに変えられる!?ソニーの「wena wrist pro」がすごそう

普通の時計は普通の時計としての機能を持っていて、iPhoneと連携して通知を振動で感じ取ることができたりするといったことはできない。

 

ただ、普通の時計でもスマートウォッチのように決済したりバイブレーションで通知を教えてくれるようにすることができる。

その方法がソニーの「wena wrist pro」を使用すること。

何とこの装置を使えば、時計をスマートウォッチ化することができるらしい。

ちょっとみていこう。

ソニーの「wena wrist pro」とは?

スクリーンショット 2018-03-18 18.52.15

wena wrist proとは、ベルトを替えるだけでスマートウォッチにしてしまう代物です。

これ自体はベルトで、ディスプレイが入っていたり、スマホと連携して振動したりする機能が入っている。なかなかスマートウォッチ感が出ない高級感のありそうなベルトが流石ソニー。

wena wrist proの機能

電子マネー機能

バンド部分にFeliCaを搭載。バンドをかざすだけ、全国のコンビニ、ドラッグストア、スーパー等計 45万店舗以上で買い物ができます。

Felicaとは、ソニーの非接触ICカード技術のことですね。かざすだけで高速データ送受信できて電子マネー、マンションの鍵などの用途で使われています。

この電子マネー機能がwena wrist proについているので、コンビニやスーパーでも腕時計をかざすだけで決済ができてしまうんですね。便利。

通知機能

スクリーンショット 2018-03-18 19.01.06

スマートウォッチでお馴染みの通知機能です。バンド部分にディスプレイがついているのが分かります。

スマートフォンと連携してこの部分に電話の着信や通知アプリ名、本文が表示される仕組みのようです。それが振動と共に通知されるといったようです。

電池残量や電子マネーの残高等も表示できるようなので、結構良いですね。特に残高を見ることができるのは安心。

活動ログ機能

自分の活動を確認することもできる。

  • 一日の歩数
  • 消費カロリー
  • 睡眠の状態

これらを専用のアプリを使って確認可能。睡眠の状態を記録するのは、寝ている間も時計をつけていないといけなそうだから使わなそう(笑)。

ただ、スマートウォッチと同様につけるだけで歩数やカロリーを教えてくれるのは便利ですね。

wena wrist proのスペック

  • 連続動作再生時間・・・約1週間
  • 充電時間・・・約1.5時間
  • 重量・・・85g
  • バンド幅・・・ディスプレイ部:20mm, ヘッド取り付け部:22mm

連続再生時間は、常時スマホと接続状態での最大動作時間。通知の回数やディスプレイの表示時間等で動作時間が短くなるようです。

充電時間が約1.5時間っていうのは短くて良い。スマホと連携してディスプレイの表示が何回もあったらどれほど電池が持つのかがポイントですね。

wena wrist proの値段

価格は34,880円+税 ~

なかなかの価格だ。これならもうスマートウォッチを買ってしまっても良いような気がするが、やっぱり時計の外観・機能とスマートウォッチの機能を1つにしたものが欲しいのか