プログラミングをディズニーの世界で学べるテクノロジア魔法学校が超絶楽しそう

最近はプログラミングの話題を耳にすることも増えたような気がします。それだけプログラミング学習の需要が最近は高まっているのかもしれないですね。

でもプログラミングの勉強は独学じゃ厳しい・・・オンラインの学習サービスではどこまで学べるかわからない。

そんなあなたにディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」はどうだろうか。

 

テクノロジア魔法学校という名称が気になったので、ちょっとみてみる。

テクノロジア魔法学校とは

スクリーンショット 2018-03-11 15.08.09

ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」は、
ディズニーの世界を楽しみながら、ライフイズテックのプログラミング学習ノウハウにもとづき、
初心者からご自宅のパソコン(Windows/Mac)で学べるプログラミング学習教材です。

どうやらテクノロジア魔法学校とはプログラミング学習教材らしい。ディズニーの世界を感じながらプログラミングを学ぶことができるよう。

「テクノロジア魔法学校」では、『アラジン』『塔の上のラプンツェル』『アナと雪の女王』『ベイマックス』『美女と野獣』他、数多くのディズニーの物語の中に入り、それぞれの世界で起きている課題を魔法(=プログラミング)の力を使って解決して行きます。入門&基礎編約40時間、応用編約60時間分のたっぷり学べる学習コンテンツが用意され、週1でゆっくり学べば約1年、毎日しっかり学べば約2〜3ヶ月と、自分の好きなペースで進めることが可能です。

数多くのディズニーの物語の中に入り!課題を魔法で解決!なるほど、プログラミングは現代の魔法みたいなところがありますからね。入門&基礎編約40時間、応用編約60時間分と割と量はあるようです。

  • Webメディア
  • ゲーム制作
  • Webデザイン

学習内容としては、上記のことを学ぶことができるとか。

ディズニーの世界で知識を身につけることができるのか。これは・・・楽しそう。。

公式PVめちゃかっこいいです。

キャラクター

この学習教材にはキャラクターが存在するらしい。

スクリーンショット 2018-03-11 15.22.35

主人公なんているんですね。この主人公となってディズニーの世界で学習していくのかな。デザインも綺麗だしすごいな。

もはやゲームですね。

登場作品

ディズニー好きなら、どんな作品を体験できるかは大事なはず。

登場作品は10以上らしい。なかなかだな。

スクリーンショット 2018-03-11 15.20.06

学習の進め方

学習は何もオンラインだけで進むっていうわけではないらしい。オンラインで学習して、レッスンをクリアすると「魔法のポストカード」が家に届くとか。

スクリーンショット 2018-03-11 15.25.33

これは絶対学習意欲湧くやつですね。次のポストカード欲しいからもうちょっとやろうかなーってなりそう。

謎解きを進めていく上で重要な手がかりとなる「謎のアイテム」なんてものもあるらしい。ゲーム要素すごい。

学習自体の方法は動画がわかりやすい。

身につく力

メディアアート

主にProcessingを使って動くアート作品を作るみたいです。後半ではShaderというグラフィックス処理に強い言語を用いてより高度な映像表現を作る事にも挑戦するとか。

ゲーム制作

ここでもProcessingを使ってゲーム制作に取り組むようですね。プログラミング基礎、アルゴリズム基礎を身につけることができるのか。

Webデザイン

HTML5とCSS3を使ってWebサイト制作を行うみたい。途中からJavascriptを使った学習もすることができるみたい。

 

ゲームならUnity、プログラミングならRubyとかPHPをやるのかなあと思っていたけど、Processingでした。プログラミング初心者でも容易に習得可能な言語となるよう開発されたものですね。

プログラミングスクールやオンライン学習では、あまりprocessingを使うことはないと思うけど、そもそもターゲットが違うのかな。

企業でProcessingを使ってなんか開発するっていうことはあまりなさそうだからなあって思う。

価格と発売日

スクリーンショット 2018-03-11 15.37.42

128000円ですか。やっぱり結構高い。そして、2018年4月21日発売予定らしい。

まとめ

ぶっちゃけ楽しそう。やってみたい。

プログラミングっていうより、ゲームしている中でプログラミングのスキルが身につきそうですよね。ディズニー好きな人なら楽しんでできるんじゃないかな。

テクノロジア魔法学校