ワイヤレスイヤホンのおすすめ全5種をランキング形式で紹介

最近は、イヤホンもワイヤレスのものをしている人を見かけたりしますね。CMで見たこともあるかもしれません。

この記事では、ワイヤレスイヤホンが欲しいけど、どれを買ったらいいかわからない。そんな状況を脱するために、自分がおすすめするワイヤレスイヤホンをランキング形式で紹介したい。

5位 Totemoi S2

ケースが特徴的なイヤホン。実はこのケースは緊急用のモバイルバッテリーにもなる。
スクリーンショット 2018-03-03 11.59.29

750mAhだからそこまで充電はできないけど、まさかイヤホンを買うことでこんなのがついてくるとは。

【良かった点】
イヤホン自体はとても軽く、デザインも良い。実物は想像よりも大きく感じるかもしれない。
充電容量は十分。イヤホンの充電も、バッテリー側に戻せば良いだけなので簡単、しかも早い。

【気になる点】
ペアリング設定に少々手こずる。操作内容は難しくないが、ペアリングの際の感度が少々悪い。
イヤホンのフィット感がいまいち。これは個人の耳の形状もあると思うので何とも言えない。
音ズレが少しある。動画を見る際に気になるひとがいるかもしれない。音楽を聴く分には問題ない。
左耳の音飛びが多少ある。

コスパ最高!しかもバッテリー付きでほかの機器に充電もできるなんて素晴らしい!
通勤ラン用で使っていますが首にケーブルもないのでストレスなくてGOODです。強いて言えば耳のフィット感がイマイチ。僕の耳にあってないのかもしれないけど少々グラつく感じがするのでそこの改善があれば言うこと無しです。

レビューを見ていると、ペアリング設定に手こずるといったことが書かれているから、その辺りを重視する人は他のイヤホンにした方が良いでしょう。

4位 ZNT N1 bluetooth ヘッドセット

このイヤホンの注目する点は、価格の安さとボタンが一個しかない点。

ボタンが一個しかないということはそれだけシンプルに使うことができる。ボタンが多いと多機能すぎて使いこなせない部分もあるから、シンプルに使いたいのであればこれ。

音質は特に高音がいいと思います。バッテリーは音楽再生で6時間は持ちます。
充電器が2個付いているので便利です。

なんといっても「簡単に使う」を徹底的に考慮された設計が素晴らしい。
・ボタンが1個しかない楽さ
商品のボタンは1つしかないため、起動・終了と再生・停止と非常にシンプル。Bluetooth製品を10個以上使ってきたが、ボタンが多すぎると多機能すぎて誤作動を起こすことが多々ある。シンプルな設計はむしろありがたいのだ。
・充電が非常に楽
この手の製品で多くあるのはマイクロUSBケーブルを本体に接続して充電するというもの。しかし、これは違う。マグネットに接着して充電する。マイクロUSBに接続して充電するよりも半分の時間と手間で充電器に接続できる。

充電器が2つ付いているそうですね。2000円でこれはなかなかだな。

3位 TAROMEの「X3T

このイヤホンは、ケース付きなので、持ち歩きもできるところが良いですね。しかも、ケース自体がバッテリーだから充電もしてくれて便利。Amazonのレビューを見てみても、そういった点が便利そうです。

今流行の完全ワイヤレスイヤホンが気になって購入。
カナル式でフィット感がよく、落ちにくいので気に入ってます。
ケーブルが無いのでバッテリー分の重さが心配でしたが、とても軽くて驚きました。
着けていても気にならないのでいいですね!

充電用のモバイルバッテリーを持ち歩かなくても、
ケースに入れて充電できるのでとても便利。

ブルートゥースの接続も簡単でケース自体がバッテリーなので充電もしてくれるので便利です。1つだけ改善して欲しい点があります。ケースもイヤホン本体も光沢がありつるつるしているので滑ります。特にイヤホンをケースにセットするとイヤホンを取ろうとしても滑って掴めないのでなかなか取り出せません。マグネット式なのでなかなか取れずストレスかもしれません。改善して欲しいです。

気になる再生時間は最長で4-5時間程度。その後の充電時間2時間。iPhone Android 対応です。

リーズナブルで良さげですね。

2位 Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン

Appleからきたワイヤレスイヤホン。値段は高い。

ただ、機能面ではやっぱり良い。

  • 自動でオンになり、自動で接続
  • すべてのApple製デバイスをワンタップで設定
  • ダブルタップで瞬時にSiriへアクセス
  • 1回の充電で連続再生5時間。複数回充電できる充電 ケースを使用すれば24時間以上の連続再生が可能
  • ケースですばやく充電

「すべてのApple製デバイスをワンタップで設定」なんかはAppleならではですね。MacやiPhoneを多く使う人にはこの機能はすごい便利。それと「自動でオンになり、自動で接続」っていうのはBluetoothのイヤホンとしては、素晴らしすぎる。

複数のアップル製品に同時につなぐと1番最近繋げた物に優先的につながり、他の製品との接続が切れてしまうが使い勝手は素晴らしい。強いて言えば音量調節ボタンがあってもう少し良いデザインだったら良かったなと思う

Bluetooth対応ワイヤレスイヤホンは持っていたのですが、AirPodsはほんとにすぐ繋がりすごく便利です。
あと充電ケースがあるので、長時間の使用が可能は助かります。
片方だけでも使えますし、ダブルタップでSiriに接続、音質にこだわりがなければ普通の使用であれば全然問題なく、
値段以上の価値があるイヤホンだと思います。

レビューの評価はかなり高くて驚い、流石Apple。

値段は高くてもいいから、しっかりしたものが欲しいっていうならおすすめ。

1位 ZNT AirFits 完全ワイヤレスイヤホン

このイヤホンの良い点はペアリングが簡単にできるところ。自動onという独自の技術を使っているようで、初回設定以降2step超簡単ペアリングができる。
スクリーンショット 2018-03-03 11.38.55 touchtwice

bluetoothのイヤホンやヘッドホンを使ってみると、やっぱりペアリングは面倒だと感じてしまうからこれはすごい嬉しい。

良い点
・ コンパクトで軽量(本体も箱も)
・ そこそこの音質(低音は弱め)
・ ケースで充電できるので余裕で1日持つ。
・ Bluetoothイヤホンなどにありがちなラグ(遅延)がほぼない。←これはとても重要。
・ 遅延がほぼないので、アニメなども見れます。
・ 1度ペアリングすれば2回目以降はケースから取り外すだけでペアリング完了。

悪い点
・ 今のところなし。

コードレスイヤホンを探しいくつかピックアップした中でイヤホン側での、曲の戻り、送り、音量調整の有無なども考えましたが、みんなペアリングで苦労しているようなのでペアリングの簡単さを第一に考えて決めました
ペアリングはケースから出すと殆ど勝手にやってくれる感じです 2回目以降も迷い無し 曲の送りと停止・再開のみイヤホン側で出来ます
普通使いでもランニング時でも気になる程の音飛び無し、音質もいいと思います

これもケースで充電可能で、やっぱりペアリングが簡単にできるという点が響きますね。

ペアリングが簡単にできる点と価格から見て1位です。

まとめ

ワイヤレスイヤホンはたくさんあるけど、充電しにくかったり、ペアリングしにくかったりといったことがあるもの。買ってから、この設定毎回するの面倒だなあ、なんてことは避けて欲しいので値段と機能を少しでも照らし合わせてみると良いと思います。