人工知能によるロゴ作成サービス「Brandmark」と「Logojoy」は使えるかもしれない

igor-ovsyannykov-329202

自分でサイトを作るときには、ロゴはかなり迷うんじゃないかなあ。デザイン性が問われるし、もはやサイトのメインみたいなところあるしね。

 

作っているときに、とりあえず仮でロゴを入れたいというときもあるかもしれない。

そんなときには人工知能を使ったロゴ作成サービスを使って見るのもいいでしょう。人工知能を使ったロゴ作成サービスが果たしてどんなものなのか見ていきたい。

Brandmark

さっそく一つ目のロゴ作成サービスを使ってみる。

BRANDMARKから「Design your logo」をクリックだ。

スクリーンショット 2018-02-12 22.49.49

クリックしたら、なにやら文字を入力する画面になる。

スクリーンショット 2018-02-12 22.50.18

おそらくロゴに使われるだろう文字だろう。適当にやっておこう。

スクリーンショット 2018-02-12 22.50.44

次はどんな色で作るかっていう感じか。カラフルなのでいきたい。

スクリーンショット 2018-02-12 22.50.49

ちょっと作る時間が数秒かかって・・・

できた。

スクリーンショット 2018-02-12 22.51.24

おおーこれが一瞬でできたのか。

スクリーンショット 2018-02-12 22.51.38

ちょっとさっきのとは違う感じで良いな。

他にも多くのデザインは作成されていたけど、そこらへんは自分で作ってみてどんなものができるのか確認してみるといいでしょう。見ているだけでも、けっこう面白いですよ。

作ってみるだけでは、メールアドレスの面倒な登録なんかもなかったし楽でよかった。

Logojoy

Logojoyからロゴを作っていきます。

スクリーンショット 2018-02-12 22.42.17

Enter your company nameと書かれていますね。適当に入力してGet started!

そしたら、自分の好きなロゴはどんなものなのか聞いてきますね。

スクリーンショット 2018-02-12 22.43.11

5個選んで次は、色を選択ですか。

スクリーンショット 2018-02-12 22.43.50

今度は3つ好きな色を選んで進みましょう。

スクリーンショット 2018-02-12 22.44.37

ここでCompanu NameとSloganとやらを聞かれますね。とりあえず適当に入力しておきましょ。

スクリーンショット 2018-02-12 22.44.54

次はなんだ?シンボルを選べとかよくわからないことを言われるけど、ここで選んだものが後に生成されるロゴに使われたりします。

スクリーンショット 2018-02-12 22.45.35

数秒でロゴが生成され・・・

ドーーーン!!!

スクリーンショット 2018-02-12 22.46.09

登録しないと見れもしないらしいですね。とりあえず情報を入力してロゴを見たい。

おー、なんかいろいろできてますねえ。

スクリーンショット 2018-02-12 22.48.01 スクリーンショット 2018-02-12 22.48.09

ここに出ている電球のマークとかが、さっき選んだSymbolっていうやつですね。

なかなかやるじゃん。

メールアドレス登録しないと見れないのは、面倒だけどちょっと試して見たかったら捨てアカ作って見てみるのもいいでしょう。

まとめ

画面のボタンを数回ぽちぽちするだけで、こんな簡単にロゴができてしまう。

人工知能が進んでいくともっとクオリティの高い自分好みのものができてしまうんだろう。今でも十分クオリティ高い気がするけど。

今は着色もAIがかなり高いクオリティでやってくれるし、イラストレーターとかデザイナーどうなっちゃうんだろう。

線画を自然な色合いで自動着色するWebサービス「PaintsChainer」はやっぱりすごい