カメラの一眼レフシリーズよりもCanonパワーショットを選ぶ理由

powershot

カメラを購入するきっかけ
カメラを購入する際に、気を付けなければならないポイントは、ずばり、ライフスタイルによってです。カメラと言うものは、その大きさは避けられない問題ですが、実際に、どのように使用するのかによって、それは変わってきます。

これは、CANONのパワーショットですが、確かに一眼レフほどの、レンズを組み替えたりなどの、専門性には乏しいものです。ですが、わたしは、普通のデジカメよりいいものが欲しかった。なので、一眼レフと、デジカメの中間あたりの価格層であり、機能的にも満足のいくようなものを選びました。

カメラの基本構造の中にレンズの大きさと言うものがありますが、これはカメラの中でも命のようなものです。デジカメ類で一番小さなものであれば、スマホのレンズになりますが、これは、露光が小さいためにスマートフォンの素子解析能力が高くないと、やはり瞬時のシャッターを逃す恐れや、画像が光量不足で粗くなるおそれがあります。

このような問題を解決するために、最新式のカメラを手に入れることもそうですが、レンズの大きなものを選ぶことで、それは解決されます。要するにシャッタースピードが短くても、瞬時に画像解析によりビット数の細かい写真が撮れる訳です。

Canonパワーショットの大きさに対する難点

powershot5

カメラの大きさというのは、ライフスタイルの中で問題になります。一番手っ取り早いのは、スマートフォンのカメラレンズ技術に頼る事ですが、あえてアーティストからすれば、問題のあることがあるので高精細な画像を撮りたい訳です。なので、一眼レフを首から下げるという点では確かに大掛かりであることは難点です。

そして、結構な準備をする場合は、やはり一眼レフに勝るものはないのですが、ちょっとしたドライブがてらにそこまでのレジャー感覚はない訳で、そのあたりのライト感のために、パワーショットを選びました。そして、そのシャッタースピードもさることながら、フラッシュのコンデンサが優秀であることに、すぐさまの夜間での撮影にも対応できるという優れものです。

powershot2

このシャッターの光量の優秀さも、カメラ選びの良質な基準になります。一眼レフに取り付けられるような専用のフラッシュもありますが、あれは、セミプロ以上の仕事用といった感じであるのでライト感はありません。

例えていうなら、テーブル越しの彼女を撮るような感覚で使用したい、そのような感触があります。そして、その操作性の単純さからセミプロ以上の細かい設定の不要なところに、あえてシャッターチャンスのスピード性がある訳です。モデルの写真を撮るまでではないでしょうけれども、自然なライフスタイルの中にはもっていて過不足ないものになります。

Canonパワーショットの精度に関する事柄

powershot3

カメラの精度に関することは、3つあります。これは要するに光の量の問題。そして、画像処理の素子の問題。それから、シャッターを押す感度の問題です。上記の2つは、技術的な側面があるので、専門家に任せるような話ですが、シャッターのボタン感度というのは操作性においてもライフスタイルにおいても重要なのです。

あえて、パワーショットのその外観ですが、その質感はやはり手になじむものでその汗や汚れ・キズに強い、プラスチックの素材感がやはり優れています。気を付けていないと落とす恐れのあるものなので、やはり精密機械上それは避けたいものです。ですが、キズが付いてしまえばちょっともってる感じとしては涙です。

なので、ボタン周囲のその構造から言って、そのタフネスはやはり持ち物として要求されるファクターになります。ボタンを押すときのカメラを構えるという手腕のしぐさもこれに呼応しますので、よりシャッター感覚のいいものであるということは、そのシャッターチャンスを逃さないという意味においても、ボタンの箇所は重要なのです。

即効性・タフネス・良い感度ということは、ボタン操作において重要事項なので、わたしは、パワーショットに満足しています。あえて言うなら、そのシャッターを押した際の、ピント合わせの効果音にも着目すべきところです。視覚的にも満足のいく、シャッター音であることは、その使い手を満足させる一種のスペックとしての道具なのです。

CanonパワーショットをPCに繋ぐときの簡易さ

powershot4

デジタルカメラである事は、やはりPCに繋いでファイル管理をすることは、重要になってきます。それを、プリントアウトするかどうかを選ぶ際にも、ファイリングは大事な機能です。そして、そのPCに繋ぐ際の、簡易さは使い勝手がいいという点では、昨今のデジタル式カメラではレンズの次に重要なところだと思っています。

つまり、撮った写真をモニターで確認するまでが、写真家の醍醐味であるので、その繋ぐという便利さと、その機能的な動作に対するストレスの無さが重要なのです。つまり、PCの起動に合わせすぐに画像を転送できることが、カメラで撮ったその写真の価値を確認する手段になる訳です。

それは、小さなモニターよりも、大きなモニターで確認して味わいたいところです。その上でのプリントアウトなので、PCの周辺機器としての役割は、最近のカメラは担っているというかたちになります。

このストレスなき転送ということは、仕事で、このカメラを使用する時にも、好感・不感を分ける大きなポイントになるのです。なので、有線ケーブルでPCに繋ぐとしても、そのアナログ的な操作の感性が活きるのは言うまでもなく、あえて設定項目の少なさが、簡便な用意を物語ってくれます。有線での接続にストレスのないことは、撮った後の、最後の確認にまで、カメラライフスタイルを確かなものにしてくれるものです。

Canonパワーショットのカメラのメリット・デメリット

powershot2

このカメラのデメリットとすれば、操作感はやはりアナログに近いような、ハンドリング性能なのでどこにシャッターボタンがあるかな、とか最初のとまどいぐらいです。また、より専門的なアーティスティックな設定を加えるのには、ボタン設定の多い一眼レフには負けます。

ただし、現代ではCG調整をするデザイナーでは、PCのアプリケーションでの画像エディットが常識であるので、このカメラの制度からすれば、細かな描写力を備えている点で、あえて加工の元ネタになりやすいようなそんな写真が撮れることです。忠実に自然や室内を撮れるということが、いろんな後での利用法に繋がるという事は大きいのです。

そして、あえて画像加工をしないという手法でも現実描写が忠実であれば、その生の写真でよりアーティスティックなものを撮れるということも示しています。いうなれば、フィルムカメラで一度きりの写真を残す、そのような力量がある人にとっては、そのカメラの向け方次第でそうとうの力量を発する1枚が撮れる訳です。

まとめ

カメラと言うのは、大きさや、使い勝手いろいろありますが、やはり使う人が仕事で使用するのか生活様式によって使用するのかで、選ぶ責任があります。これは自分の好みと言うよりも、自分がどのような当たり方で生活と仕事を営んでいるかの結果です。自分ながらの操作性を求めるときに、そこまで専門家ではないという、謙遜がこのパワーショットを選ばせます。しかし、実際はその1枚切の写真に心のこもった眼力が作用する訳です。