Adobe Dimension CCが欲しい!誰でも簡単に3D作品が作れそう

dimension

 

Adobe製品っていっぱいありますよね。

画像編集ならPhotoshop、動画編集ならPremiorやAfterEffects、サイト制作ならDreamweaver。聞いたこともあるでしょう。

 

そのAdobeからDimensionというものが出たみたいです。これは3Dのものを画面の中に作れるっぽい。それが良さげだから欲しい。

Adobeが3DデザインツールDimensionを正式発表

Adobe MAX 2017というイベントで、Adobeが3Dデザインツール「Adobe Dimension CC」を発表しました。これがなんなのかと言うと、グラフィックデザイナーのための、3Dデザインツール!

スクリーンショット 2017-10-31 20.23.15

2Dの画像に3Dを加えることができる。3Dを加えると印象もかなり変わりますよね。

こんな立体的な魚自分も出したい。でも、これって作るのどうなんだろう、難しいのかな。

動画を見ると、3D作品を作るのはそんなに難しくなさそう。むしろ簡単そう。

 

こんなにすぐにできるのなら、誰でも画像に3Dを溶け込ませることができてしまう。

無料体験版もある

スクリーンショット 2017-10-31 20.35.33

他のAdobe製品と同様に無料体験版もありました。まずは、体験版を使って見てどんな感じか見て見るのもありですね。

Dimension CCの値段

スクリーンショット 2017-10-31 20.37.56

気になる値段は月々2180円だった。たけえ。。

やっぱりAdobeの製品はこんなもんですよね。

スクリーンショット 2017-10-31 20.39.23

これなら色々入っているコンプリートプラン買った方が良さそう。Dimension以外にも色々使って合成してみたら絶対面白い。

Photoshopだけでも、かなりのクオリティの作品が作れるのにそれにDimendsionで3D加えたらどんなものができるんだろう。作ってみたいし、見てみたい。

ちなみにPhotoshopで幻想的なチュートリアルはまとめたから興味あったらどうぞ。海外のYoutubeの作品が良い感じです。

Photoshopで幻想的な雰囲気な写真を作るチュートリアル10選

 

Dimension CCの使い方

実際に試している方がいましたので、ちょっとどんな風に使うのか知りたいなあって人は下記のページを見てみると良いんじゃないかな。

一瞬で合成イメージが完成する「Adobe Dimension CC」を試してみた

GMOペパボのテックブログですね。GMOペパボといえば、僕が面接で落ちた会社ではないですか。この気持ちなんともいえないですね。エンジニアにとってすごい良い会社そうだなあと思って受けたんですよね。落ちちゃった。エンジニアやデザイナーやりたい方は、目を向けてみては。

 

話が逸れましたが、このDimension CCやっぱりなかなかやりますね。

第5使徒ラミエル

ちなみに上のような背景画像を3D空間内にドラッグ&ドロップするとモデルへの映り込み、パース、ライトすべてをいい感じに勝手に調整してくれます(すごい)

勝手にパース、ライト等を良い感じに設定してくれるみたいです。

ここまでやってくれるのか。。Adobe強い。

まとめ

ネットを見てたらDimension CCっていうのを発見して、調べてみたらかなり欲しい感じのものだった。2Dの世界に割と簡単に3Dを映し出すことができるのは良い。

Photoshopでも十分楽しいけど、PhotoshopとDimension使ったらすごいアートなものが生まれそう。良いなあ、見てみたい。いや、作ってみたい。