AIにより10年後に消滅するかもしれない企業が発表されました

alex-knight-199368

AIが発達することによって、仕事が奪われるっていう話はよく聞きますよね。
10年後を想像してみると、なんとなくやばそうだなぁと思っているのではないでしょうか。まあ、なんとなくだけど。
10年後の今は果たしてどうなっているのでしょう。AIによって10年後に消滅するであろう企業が発表されたので、ちょっと紹介します。

Photo by Alex Knight on Unsplash

この業界はどうなる?

実名357社を大公開! AI革命で10年後消える会社、生き残る会社でAIによって、生き残るか、消えるか企業に対して判断が下されました。

もしかしたら、あの大手企業も10年後にはなくなっているかも・・・

 

まずは、社名ではなくて、業界ごとに見るとどうなっていくのか見ていきたい。

広告業界

広告にしても、企業の宣伝担当者が、『1億円くらいでプロモーションするので考えて』と頼むだけで、AIが最適にやってくれる。

確かに膨大なデータをAIが持っていれば、最適なプロモーションを見つけ出して提案してくれそう。

人間が話し合って答えを出すより、全然良い結果が得られそう。

総合商社

総合商社の仕事はさまざまな商流の中に介在して手数料を取ることがメインですが、これからAIなどを使った自動取引、自動決済が当たり前になっていく中で、商社の『中抜き』が加速する。

なるほど。手数料の取引をAIに任せてしまえば、商社の利益は少なくなるだろうってことですね。

普通にありそう。

総合商社ってすごい勝ち組のイメージあるけど、それも崩壊する日がくるのかもしれない。

自動車業界

自動車業界にしても、AIによる自動運転化とEV(電気自動車)化が同時並行で進むことで、周辺業界も含めて大変動を余儀なくされる。

自動運転はいつか来るでしょうね。どこかの企業がもうほとんど開発しているかもしれません。

電気化とIT化が進んで、IT企業が参入。資金力のない車企業はどうなるだろうか。

AIにより、消滅・生存する企業367社

消滅するかもしれない企業が367社も発表されました。

367社ってすごいですね。経営者は、低い評価下されたら嫌だろうなあ。

 

367社の評価は以下のようにされたようです。

有識者8名に、AI時代に「確実に生き残れる企業」「おそらく生き残れる企業」に◎、○をつけてもらい、それぞれを2点、1点として点数化した。

かなりの数の会社が掲載されているので、僕の気になった部分だけ紹介しますね。

アルファベットは評価している人を表しています。

自動車

スクリーンショット 2017-09-12 21.23.25

トヨタ・日産は強い。

AIによる自動運転化とEV(電気自動車)化がどこまで車業界を侵食するのか。自動車業界もかなり変わってきそう。

電気・家電

スクリーンショット 2017-09-12 21.28.41

NECやシャープ、東芝、富士通はやばそうですね。

すごい大手のイメージだけど、何年後かにはそのイメージも覆ってしまうのかもしれない。それぞれAIを搭載した製品作りに余念がないのか。競争に打ち勝って、世に名を轟かせる企業も出てくるかも。

銀行

スクリーンショット 2017-09-12 21.36.19

銀行ってAIが進んだら窓口業務なくなりそうだし、大丈夫なのかなあって思ってたんだけど、割と○あるね。フィンテックに積極的に取り組んでいるところはいいかもしれない。

でも、うーーん。個人間送金とか聞くし、電子マネーとか仮想通貨とかいろいろあるしなあ。あんまり良い予感はしない。

カード

スクリーンショット 2017-09-12 21.39.55

まあそうですよね。電子マネーも仮想通貨もあれば、カードを持つ人は少なくなりそう。

でもAIによって、クレジットカードの不正利用は検知されていくみたいだね。

人工知能の発展でクレジットカードはますます安心して使える時代へ

でも、もはやそれを持つ必要がなくなったら意味ないよね。

コンビニ

スクリーンショット 2017-09-12 21.42.08

セブンつえええええええ。

確かにセブンでかいイメージ。まさか、こんなに○がつくとは。。。セブンがアマゾンに対抗とかまじか。

広告

スクリーンショット 2017-09-12 21.45.26

広告まじか!

やはりAIの力は強いらしい。

調べてみたら、2015年に日本初となる非常に高いAI(人工知能)技術を活用している広告サービスがスタートしたらしい。それが、「Appier DSP」というものみたい。

「Appier DSP」は分析結果をもとに最適な表示に変更することが可能になります。
例えば、AI(人工知能) により「このユーザーは勤務中に仕事と関係のないサイトは閲覧しない」が、「プライベートな時間であれば、タブレット、スマホの広告をクリックし、好きな情報に触れることがある」という分析結果が出力された場合、Appier DSPのクロスデバイスマッチングにより、AI(人工知能) が「PCへの配信を停止し、このユーザーのタブレット、スマホへ配信を行うように変更」といった配信が可能です。

MS CORPORATION

これは強すぎだろ。

人間がやるより数倍すごそう。。

ネット・モバイル

スクリーンショット 2017-09-12 21.49.45

アマゾンとグーグルがずば抜けていますね。アマゾンってもはやいろいろやりすぎていてよくわからん。アマゾンとグーグルが引っ張っていくんだろうなあ。

個人的には、メルカリってけっこう新しい事業起こしているイメージだから、このAI時代にどうなっていくのか楽しみ。

 

ちょっと紹介したけど、他にどんな企業が掲載されているのか知りたかったら、以下のページを見てみるといいかもしれない。

たくさん企業が乗っていて面白いです。

実名357社を大公開! AI革命で10年後消える会社、生き残る会社

まとめ

やっぱりAIの力すごいな。

10年後って言ってるけど、じゃあ20年後は?ってなるよね。

もっとAI化が進んだら、人間がやる仕事なくなるでしょ。人間よりAIの方が生産性高いし、企業に人間はいらなくなるかも。そしたら、働ける人と働けない人が出てきて格差が広まって?娯楽の時間が増えて?ベーシックインカムもあるかもしれない。

絶対暇な時間増えるだろ。

娯楽増やしとこ。。。