QuietComfort 25をレビュー!価格は高いが、使い勝手は悪くない

QuietComfort 25はコンシューマー向け音響製品の老舗BOSE社のヘッドホンです。特徴はbluetoothによるワイヤレスとノイズキャンセリング機能を高いバランスで実現した事でしょうか。

Rch側のイヤーカップの外側にスライドSWがあり、電源on-off とbluetooth 接続のon-off ができます。

bluetooth が使えない場合は付属コードによる有線接続も可能で、この場合でも電池が残っていればノイズキャンセリング機能を使えます。電源SWを切ると有線のみによる通常のヘッドホンとして使えます。

スクリーンショット 2017-03-19 12.48.23

側面には3個構成の、再生on-off 、曲送り と音量、電話着信のコントロール用SWが、下側には充電用マイクロUSB端子があります。Lch側イヤーカップの下側には有線接続用ミニミニプラグ用端子があります。

付属品には有線接続用コード(1.2m金メッキ端子)、充電用USBコード(0.5m)。飛行機内で使える2Pプラグアダプターと、旅行時の保護に便利なキャリングケースもあります。充電用ケーブルが短く、PCに接続する想定と思われます。

bose quietcomfort 356

ipad で使っていますが、iOSやアンドロイド向けアプリによって節電機能や複数の接続先を管理したり言語選択もできるのが今までにない特徴の一つです。

プラスチック部品はガラス繊維入りという事で、ツルツルした艶消し風のながら傷は付きにくそう。可動部やバンドにはステンレスを使って耐久性もありそうです。イヤーパッドやヘッドバンドの表皮素材はサラサラなのにしっとりと柔らかい手触りで、真夏はさすがに辛いかもしれませんが、1年を通じて使えるかもしれません。色が2色あり、ブラック色だと素っ気ない感じですが、シルバー色はそこそこの高級感もありそうかな?
全体的に完成度の高さを感じさせる外観といえます。

QuietComfort 25の使用感

スクリーンショット 2017-03-19 12.48.12

肝心の「音」ですが、まずはノイズキャンセリング機能については完全に「実用域」にあると感じます。会話や単発の音には効果は少ないのですが、連続音、特に低音はほとんど気にならないレベルに低減されます。

家の中で言うと、脱水中の洗濯機や掃除機の音には効果がはっきりと出でほとんど気になりません。聞こえなくなる訳ではありませんが、音楽の妨げにはならなくなりますね。この点から見ると、車や電車内、飛行機内等では大変有効な機能と言えそうです。

bluetooth

次にbluetooth ですが、低価格のbluetooth 機器をいくつか使ってきた経験からあまり期待していなかったのですが、普通の人が普通に音楽を聴くには十分な高音質と安定性を感じます。

音量に応じたイコライザーが効いたりするらしく、どちらかと言うと「高音質より聞きやすい音」というBOSE らしい音で万人向けの仕上がりと感じます。bluetooth 規格の限界以上の音は聞けないわけですが、快適な音楽生活にはぴったりと感じる出来ですね。

但し、出来が良いだけに、送り出し側のbluetooth 機器の質がもろに出ます。試しに安い送信機を使ってみたところ、接続はできましたが、音自体はあまり良くありませんでした。

長年にわたってコンデンサー型などの「高音質」にこだわったヘッドホンを使ってきましたが、いくら高音質でも周囲のノイズが大きいと使い物にならないことから、近年はインナーイヤータイプに移行していました。久しぶりにこのタイプのヘッドホンを使った感触は、まずまずの音質で「快適」に音楽が楽しめるという事で、ipad 等のモバイル機器には良いかもしれないと感じました。

有線接続時

  • 高音から重低音までバランスよく出ており、落ち着いた感じの音色に仕上がっています。
  • 有線の時は電源ONしなくても音が出ます。

bluetooth接続時

  • 動画を見ましたが問題ありませんでした。映像に対する音声の遅れは感じられませんでした。
  • 有線の時と比較すると高音があまり出ていない印象です。

ノイズキャンセリング機能

地下鉄で音楽なしで装着して、電源をON/OFFしてみました。電源をONすると、地下鉄特有の「ゴー」という騒音がピタッと止まります。
それでも車内アナウンスは聞こえます。これは結構感動しました。

充電池の持ち

届いてから一度も充電せずに既に5時間程度使っていますが、まだ大丈夫そうです。
そういう訳で、充電池は結構持ちそうな感じです。

重量と装着感

電池内蔵のわりには軽い印象です。
また、しっかりした装着感ですが窮屈ではなく、長時間のリスニングでもつらくないと思います。

bluetoothの音質が有線よりも劣るのは仕方ないとして、全体的に高級感のある仕上がりだと思いました。
私はクラシックを聴く事が多いのですが、音楽に浸れる良いヘッドフォンだと思います。

電車内は言うまでもなく、街を歩いていてもイヤホン、ヘッドホンを付けた人を多数見ます。移動中だからこその自分の時間。高音質で疲れずに馴染んでくれる装着感が大切です。

大型のワイヤレスヘッドホンも結構いますね。ケーブルがないという利点は大きいですが、ワイヤレスではなかなか高音質には達しきれませんでした。この製品は納得できるレベルに来た感触です。音楽専用の2.4Ghz digitalと比較してもひけをとらないと思います。

問題は・・・やはり価格。

これでハイレゾ音源にも対応と言うなら分かりますが、そこまでの音質ではありません。商品としての完成度の高さは認めますが、普通の人が普通に使うにはちょっと高価と思います。

自宅でのひととき

お勧めするのは、移動中よりも、自宅での静かなひとときでの観賞です。誰にも干渉されない空間なのに、ヘッドホン?いや深夜の周囲が寝静まった時間だからこそ。遠慮なく爆音で楽しむだけでなく、弦楽器ソロの繊細な音を聴き込むにもこのヘッドホンの高機能を発揮。自宅は暗騒音にあふれています。エアコン、冷蔵庫から屋外のノイズまで。

これをシャットアウトするには20倍の費用で整音した部屋を作り、少なくとも10倍のオーディオシステムを組む必要があります。しかもスピーカーにきちんと向き合う場所まで固めて。
この製品ならベッドに好きな姿勢で寝転がって楽しめます。むしろそういう時間と空間に合うような音質設計です。

デジタルでありながらとてもソフトで落ち着く印象。アナログ音楽がすごく良いですね。内蔵システムのチューニングがナチュラルさを演出しています。
部屋を暗くして寝転がって聴くと本当に癒されます。そしてうれしいのが、音声案内。バッテリー残量、接続状態など多言語で教えてくれる。日本語より英語の方が雰囲気出ますね。さらに電話がかかってくれば応答可能なのには技術の進化を感じます。そのうち人工知能と連携していろいろできそうですね。

外観と使い勝手

最後に外観と使い勝手ですが、手許にある二年前のSoundLink on-earと比較して質感はグッとアップしました。LR表示がないなと思ったら、内側に刺繍。憎らしい演出ですね。

折りたためる形状とそれを活かしたケースには感心しました。SoundLink on-earのケースは安っぽくてかさばりましたが、こちらは渋くて、ベッドサイドに置いておくのに重宝します。ヘッドホンはそのまま放置するのは、邪魔な存在ですから。
なお音質やデザインについては好みの分かれるところです。