Panasonic VIERA(ビエラ)TH-49D300は値段相応のテレビでした。

昨年の夏、テレビがこわれてしまいました。
テレビについて、いままではときどき、電源が切れることがありましたが、電源が切れても、すぐ自動で電源が入るようになっていました。

今回はちょうど7月頃の夏場で、湿気がはげしくなって、結露による過電流で電源が切れてしまい、デジタル放送に限って、電源が入らなくなりました。
既に2011年7月に放送終了されているアナログ放送のチューナーには電源が普通どおりに砂あらし画面の状態で、入りますが、デジタル放送のチューナーは地上波、BS、CS全部電源が入らなくなりました。

修理に頼もうと思っていましたが、見積もりについて、出張費を含めると、修理代が莫大にかかってしまいましたので、結局は買い換えることとなりました。

なるべく安いのがあれば、それに買い替えたいと思い、ネットで、いろいろと探してみました。
すると、コジマネットでPanasonic(パナソニック)の49型が9万円ぐらいで安く売っていました。
Panasonic VIERA(ビエラ) TH-49D300です。

安いからといって、早速コジマネットに注文して、買い替えましたが、次のような一長一短がありました。

TH-49D300の良い点

DSC_0015

大画面のわりには、軽くて、コンパクト
前のテレビにくらべて、電子番組表(EPG)データの取得がはやい。
録画予約のレコーダーはついていませんが、番組予約機能がついています。

たとえば、ほかの番組を見ていた場合でも、予約された時間になると、自動的に予約された番組のチャンネルに切り替わるようになっていますので、見たい番組を見忘れそうになった時でも便利です。

また電源を入れていない状態で、予約された番組を見たい場合には、番組予約機能にオンタイマー機能を組むことをおすすめします。オンタイマー機能を番組予約時間よりもはやい時間に設定すれば可能です。

この番組予約機能についても、USBハードディスクへの録画に対応しており、留守中でも番組を録画することができます。

HDMI端子が2端子もついていますので、1台はレコーダー、もう1台はパソコンと、デジタルメディアにすぐに対応しやすくなっています。しかもARC (Audio Return Channel)にも対応しており、従来必要だった光デジタルケーブルを無くし、 HDMIケーブル1本でできるようになりました。

TH-49D300の悪い点

DSC_0010

データ放送が有線LANしか対応しておらず、wifi(ワイファイ)への無線LANには非対応であることを知りませんでした。

仕方なくLANケーブルをテレビとルーターの間につないで、データ放送には対応できましたが、データ放送のために、いちいち長いケーブルをつなぐのはめんどうで、つないだままになっていると、ケーブル自体が通路などの邪魔になってくる始末でした。

また、屋外の日差しが強すぎると、画面が光って、見えにくく、くっきり見えないことがあります。

音質についても、音声がこもったように聞こえてしまいます。
USBハードディスクへの録画対応についても、シングルチューナーのため、裏番組録画には対応していませんでした。
またハードディスクの代わりとなるUSBメモリーの一部の機種には対応することができませんでした。

テレビ側からの映像出力をビデオやレコーダーに録画できる外部ビデオ出力端子もついていませんでした。

買い替えてよかったか

このテレビに買い替えて良かったかどうかについて、前のテレビと比較してみると、前のテレビになると、日差しがあっても、画面が光って、見えにくいことは一切ありませんでした。

前のテレビとはSONY BRAVIA(ソニー・ブラビア) KDL-46S2000です。

SONY BRAVIAも10年も使っていましたが、値段も、今のテレビの9万円ぐらいの値段にくらべて、SONY BRAVIAは32万円という高い値段で買いました。

色が良く、画面がくっきり見えて、音質も普通どおりに、音声がはっきり聞こえていました。

外部ビデオ出力端子もついておりましたので、テレビの映像出力をレコーダーに録画できました。

それが昨年の夏、こわれてしまったので、もったいなくて残念で仕方がありませんでした。
それにくらべて、今のテレビは値段にあった機能しか対応していませんので、使い勝手にも不満がありますが、現在もずっとリビングで使っています。

ほかにも、ジャンプリンク対応機能がついていますが、我が家のレコーダーやほかのテレビはPanasonicではありませんでしたので、この機能について、我が家にとっては関係ありませんでした。

それでも、このテレビがリビングになかったら、2階の部屋のテレビで見なければならないため、2階まで見に行くのがおっくうでしたので、リビングにはテレビを絶対に置くようにしていますので、買い替えた以上は、長く大事に使い続けていきたいと思います。