Bluetooth イヤホン「Sound PEATS Q12」の使い心地はいかに

sound-peats-q12

ジョギングを始めたのをきっかけに、使い勝手のいいワイヤレスのイヤホンを探し始めました。
そこで色々と調べた結果、2000円台のお手頃価格ながら評価が高かったこちらの商品を購入。個人的には非常にコストパフォーマンスが優れていると感じています。
以下、Sound PEATS Q12のレビューです。

Sound PEATS Q12をオススメする5つの理由

  • 音質が良い
  • 遮音性が高い

Bluetoothの高音質コーデックであるAPT-X。Sound PEATS Q12は、そのAPT-Xに対応しています。使用して、まずその音の良さに驚きました。
音質について語れるほどの経験はありませんが、正直ワイヤレスイヤホンのイメージが変わりました。それぐらい音が良いです。これが3000円でおつりがくるワイヤレスイヤホン?と思う程。

遮音性もかなり高く音漏れもありません。
周囲の雑音を遮断して走ることに集中できるので、ジョギングに最適です。防汗防滴である点もスポーツ仕様と言えるでしょう。私はiPhone6で使っていますが、いまのところ音飛びすることもなく快適に使っています。

付属品が充実

sound-peats-q122

キャリングケースが付いているSound PEATS Q12。イヤホン本来の機能とは異なりますが、持ち運びがしやすいか否かは大きなポイントです。
さらに、左右のイヤホン部分がマグネット内臓になっていてくっつけられるため、しまうときにコードが絡まるストレスもありません。
また、耳のサイズに合わせて使用できるようサイズが異なるサイズのイヤピースが3セット付いています。
充電ケーブルを含め、これら全てがキャリングケースに収まる設計になっていて、バッグの中でも紛失知らずです。

シンプルな操作性

sound-peats-q123

電源のオンオフ、音量の調整などを行うコントローラー部分のボタンはたったの3つ。ペアリングもこのボタンで行います。とにかくシンプルな設計で走りながらの操作も簡単。誤作動の心配もありません。ちなみにSound PEATS Q12のマニュアルは英語表記のみ。正直、最初はひるみましたが、操作がシンプルなので戸惑う事はありませんでした。

ただひとつ、直感的にわかりづらかった操作といえばペアリングぐらいでしょうか。もちろん、それも1度分かってしまえば操作にまごつくこともありません。
ちなみに、この小さなコントローラーに充電用のmicroUSBの端子がついています。あまりにも小さいので最初は気づかなかったほどです。

sound-peats-q124
充電2時間で最大6時間の連続再生が可能。バッテリー不足の心配なく長時間使用できる点も評価に値すると感じています。

手頃な価格

この音質でBluetooth機能がついていて3000円以下。
バッテリーも長持ちしますし、実際に使ってみるとコストパフォーマンスの良さを実感します。デザインもシンプルで気に入っています。

Sound PEATS Q12の悪い点

遮音性が高すぎて時に危険

良い点として遮音性の高さを挙げましたが、外で使う時には注意が必要です。フック式ではなくカナル型のSound PEATS Q12。
遮音性が高いあまりジョギング時に後ろから人が近づいていても気付かない…ということが何度かありました。最近は、外で使うときには片耳を外すようにしています。

電源のオンオフ、バッテリー切れのアナウンス音声が大きい

使い始めて数か月経ちますが、まだ慣れません。びっくりします。
特に、バッテリーが少なくなってくると数秒ごとに流れる大音量のアナウンスには辟易します。

まとめ

ジョギング中のコードの煩わしさから解放されたくて探したワイヤレスイヤホンですが、思いのほか音質が良いことに驚いています。
Bluetooth4.1搭載で最大10メートルまで電波が届きます。たまに、ランニングマシンから少し離れたロッカーにスマホを置いて走ることがあるのですが、音切れもなく使えています。
最初は違和感があったカナル型も、慣れてしまえば気になりません。
周囲の雑音を拾わないため快適ですらあります。走っている途中でイヤホンが外れることもありません。通勤・通学に、そしてスポーツにとあらゆる場面で音楽を楽しみたい方に、最初の一台としておすすめしたい商品です。