国産のPCに別れを告げて、Dell inspiron15を購入してみた結果

170103_0815~01

さすがに今まで使用していたVistaでは、容量オーバーでWindows10のダウンロードは無理だし、HDDも満タンになってしまってきていたので思い切って買い替えることにしました。
これまで国産のPCしか使ってこなかったのですが、今回お値段の問題もあり思い切ってDellのinspironを購入してみたのですが、思ったより使い勝手が良かったのでご紹介します。

公式サイトからネット通販で直接購入

Dellの公式からの購入で、実物はネットの画面でしか見ないで購入したinspiron15ですが、ふむ非常に色合いもシンプルでブラックとシルバーの組み合わせが、中々大人の持ち物を演出してくれています。

170103_0815~01
ごたごたした飾りとか、可愛い色合いとかは必要無かったので、まずここでポイント上がりました。

Dell inspironシリーズのおすすめポイント

薄い

170103_0816~01

勿論と言ってはなんですが、タブレットなどに比べたり2in1のPCに比べれば、厚みはあります。とは言っても家での使用のPCにしては、大変に薄くてごつごつした感じがありません。
ちょっと部屋を移動する時など、持ち運びが片手で楽々です。

軽い

これも常設用PCとしてはと言う意味で、大変い軽いです。15インチの画面のPCなので、外出時の持ち運びにはさすがにこの軽さでも、辛いものがありますがちょっとした場所移動なら女性でもお年寄りでも楽荷物運べます。
大きめのバックパックに入れれば、外出時にも耐えられる重さでもあります。

音が静か

170103_0816~02

HDDの音が大変に静かで、冷却ファンの音もほとんど聞こえません。本当に仕事しているのか、ちょっと不安になるほどです。
またキーボードの打鍵音も、気にならないほどですので音に敏感な人には使い勝手がよろしいと思われます。

値段が安い

新製品でも国産のPCに比べると、結構お値段が安いのが特徴です。海外製品と言うだけでお値段割安と言うわけでも無いでしょうが、きっちり使えて安いのなら国産に縛られなくてもよいかな、とも思われますね。

Dell inspironのマイナスポイント

初心者は避けたほうが無難

配達された時の箱の小ささにまず驚いたのですが、中身を見てみると本体とコードくらいしか見当たりませんでした。それまで使用していた国産のPCに、くどいほどについていた説明書が1冊も入っていません。
梱包されていたのは1枚の紙だけで、初期設定の簡単な説明のみが記されているだけでした。PC本体の構造や仕様は、公式サイトで見てくれと言う事らしいです。
PC初心者にとっては、ネット接続も出来ないわけですので、少なくとも公式サイトからのネット通販での購入はお勧め出来ません。

キーボードの深さが浅すぎ

170103_0815~02

本体の薄さのせいか、キーボードが非常に低いのでタッチした時の感覚が、ちょっと不安になるほどです。
特にデスクトップのキーボードに慣れていた人には、これはちょっと使い勝手がよろしくないと言えますね。打ち込んだと言う実感が、指先に欲しいと言う人には物足りないと思われます。

キーボードのサイズ

文字の打ち込みには問題無いのですが、肝心のEnterキーがかなり小さめで、最初の頃はミスタッチしてばかりいました。
また↑↓→←キーの位置が妙な位置にあるので(ほぼ文字キーの下)、これまた使い勝手があまりいいとは言えません。

全体的に見ての結論

シンプルで最低限の機能を持っていると言う事と、お値段的な面からするとお買い得なシリーズだと言えます。
ただ先に書いたように、初心者の場合のネット通販はお勧め出来ませんので、そこが一番のマイナス点かもしれません。最もこの点は、店頭での購入と言う手で、解消されるでしょう。
以前はアフターサービスなどの点から避けられてきた外国メーカーですが、今ではDellも日本国内にもサービスセンターや工場が出来ていますので、それなりに安心して使用できるようになりました。
そう言った観点からも、かなりお勧めのDell inspironです。