その瞬間を逃さない!ウィンクで撮影することができるBLINCAM(ブリンカム)

ブリンカム3

今やスマホのカメラで十分な画質。もはや写真を撮影するためだけにカメラを購入する機会もなくなってきたのでしょう。

しかし、スマホのカメラでも一眼レフでも切り取ることのできない瞬間が存在するのではないでしょうか。

 

写真を撮ろうと思ってスマホをポケットから取り出して、カメラを起動・・・そしてシャッターボタンを押す。

これじゃあ遅すぎる。。。

撮ろうと思ってカメラを使うのでは遅すぎるのだ。

 

最も素敵な笑顔は日常の何気ない瞬間にしか見れないし、一瞬で消え失せる美しい景色も存在するだろう。

そんな写真をとるためには瞬きをするスピードでシャッターを押すことができなければならない。

BLINCAMはまさにその瞬間を切り取るのにふさわしいウェアラブルデバイスだろう。

BLINCAM(ブリンカム)とは?

ぶりんかむ

メガネにつけるタイプのウエアラブルカメラで、ウインクで撮影ができます。
通常のまばたきでは反応せず、少し強めのウインクだけに反応します。
ウインクできないって?
BLINCAMは目をつむることでも撮影できます。いつもより少し強めに目を閉じてください。

そうです。ウィンクをするだけでシャッターをきることができてしまうんです。

これほど早くシャッターを着ることができるカメラなんて今までなかったでしょう。その瞬間を逃しません。

メガネに取り付けるとこんな感じですね↓

ブリンカム

BLINCAM(ブリンカム)の利用シーン

利用シーンなんてものはいくらでもあるでしょう。

一瞬の笑顔

ANJ77_komorebichirari20141115142024_TP_V

ウィンクするだけなら一瞬しか見ることのできない笑顔も見逃さない。

一瞬の流れ星

KAZ95_skytree_TP_V

こんな綺麗な景色をみることもたまにはあるでしょう。

そんなときにいちいちスマホなんか出してたら時間がもったいないです。ウィンクで華麗に決めましょう。

一瞬の変顔

0I9A362915032155accyon2_TP_V

普段は縁顔をしないあの子の一瞬の変顔も見逃しません。

一瞬の光景

PAK96_komorebikabedon20140301_TP_V

普段は写真を撮ることのない一瞬の光景も見逃さない。

ハンズフリー撮影がやっぱり魅力

ハンズフリーで撮影することができるのがやはりいいですね。

cycle
メガネにつけて、ウインクで撮影するので、もちろん手は使いません。スイッチをONにしてメガネにつけておけばどんな時でも撮影ができます。サイクリングやドライブ中、または建設現場や作業中など手がふさがっている時でもバッチリ撮影できます。

サイクリング中に綺麗な風景を目にすることなんて日常茶飯事でしょう。

そんな時にもいいですね。

撮影した写真は?

撮影した写真はスマホアプリで管理します。BLINCAM専用のアプリを使ってみることができるようですね。

カラーと値段

カラー

ブリンカム2

カラーは5種類。意外と多いです。自分と自分のメガネに合うデバイスを選択しましょう。

値段

19800円らしいです。

まとめ

面白いですね。カメラで撮影する写真はどうしても撮影される顔の写真ばかりになってしまいますからね。

そういった面で撮りたいと思った瞬間にシャッターを切ることができるBLINCAMは魅力的です。

詳しい使い方はこちらの記事に書いてあるので興味有る方は見てみるといいですよ!