洗濯機は東芝さんのAW6D3M

AW6D3M
AW6D3M 5

洗濯機の購入

私がご紹介する家電製品は洗濯機になります。洗濯機の購入のきっかけは単身生活が始まりましたので、それに伴い洗濯機を購入する必要があったからでした。実は単身生活というものを経験したことがなく、また洗濯というものをしたことがなかったために洗濯機はどういうものがよいのであろうかと悩んだ末での購入でした。結局のところ洗濯機を購入するにあたって一番の決めては静かなものがよいであろうということでした。その結果、購入した洗濯機は東芝さんのAW6D3Mになります。

購入した洗濯機の特徴

前述の通り、購入した洗濯機の一つ目の特徴としては静かな洗濯機ということです。静かな洗濯機というものはどうしても少し値段が高くなり、こちらの洗濯機もその通りでした。インバーター制御された洗濯機となります。二つ目の特徴としては東芝さんが名付けている通り、洗濯機の内部はマジックドラムが採用されています。マジックドラムというものを採用することで何度使っても汚れにくいものに仕上がっているそうです。

東芝AW6D3Mの洗濯機の良い点

静か

AW6D3M2 AW6D3M4

実際に使って見て1ヶ月程度ですが、やはりインバーター制御を搭載した洗濯機ということがあって、確かに静かな洗濯機であると実感しています。流石に水が流れているときは音がしていますが、脱水しているときは静かであることを思います。この脱水しているときにインバーターが作動しているのであろうと感じています。ちなみに静かな洗濯機がよいであろうと判断したのは実際に洗濯機を使っていて自分自身がうるさいと思わなくてすむことと、隣近所に夜中に動かしたとしても迷惑をかけない洗濯機にしておきたかったからです。

タイマー予約可能

二つ目に良いことは洗濯をタイマー予約できることです。1時間毎にタイマー設定ができますので、電気の安い深夜電力で洗濯をしたいという方にとっては重宝する機能であると思います。

選択をカスタマイズ可能

AW6D3M3

三つ目は、洗濯の仕方を自分流にカスタマイズできることです。もちろん、おまかせコースというものが設定されていて洗濯機の使用者は何も考えずに洗濯させることは可能性なのですが、例えば使う水の量を少なめにしたり、すすぎの回数を減らしたりすることができます。この様な機能があると節約になるので助かるものと思っています。また、洗濯をする量が少ないときにも助かる機能であると思います。更に記述しておくと、お風呂の残り湯を使って洗濯することもできます。このときは付属のポンプが用意されていますので、それでお風呂の残り湯を組み上げることができます。バケツリレーする必要はありません。

東芝AW6D3Mの洗濯機の悪い点

正直なところ、悪かった点というのはあまり思い浮かびません。しかしながら、インバーター制御を搭載した洗濯機のために搭載されていない洗濯機に比べるとお値段が高くなることは否めなかったです。他にあげれば洗濯機に乾燥機能がついている方が良い方にはオススメできないものです。風乾燥のみがついているという点ですが、私にとっては不要であると思っています。