マウスコンピュータ WN1037LTEのレビュー

WN1037LTE

マウスコンピュータ WN1037LTEのレビュー記事です。

タブレットとしてもパソコンとしても使いたい人には選択肢として良いかもしれませんよ。

WN1037LTEの良い点

 タッチパネルが便利

WN1037LTE

これはタブレットPCならではだと思いますが、タッチパネルが非常にべんりでした。これを使うことで2つのノートPCを使いながら操作をするときに片方のPCでマウスをいじりながら空いている方の手で画面を触って操作できるので非常に便利です。

WindowsOSが入っている

アンドロイドOSではなく、WindowsOSが入っています。そのため、Officeを使うことが出来るので、ビジネスユーズでも使うことが出来ます。また、WindowsOSについては別途購入しなくても最初からついてきました。

取り外してタブレットとして使うことも出来る

着脱式のタブレットPCとなっているので、キーボードから取り外して使うことも出来ます。ひざなどにおいて動画を見ながら作業したいといった場合に取り外してPCではなくタブレットとして使っています。

WN1037LTEの悪い点

電池の持ちが悪い

これがこのタブレットPCの一番の欠点です。最初の説明ではメーカーの説明では8時間程度持つと言われているが、おそらく5時間くらいか持たないという説明でしたが、そんなものではありません。3時間くらいしか持たないです。モバイル用途を期待して購入しましたが、正直この電池の持ちだとモバイル用途は厳しいと言わざるをえません。コンセントを持ち歩くのは必須になります。

後ろのスタンドが貧弱

WN13

最初の説明では後ろにスタンドがついていて、それを使う事で画面を立ててPC用途で使うことが出来るという話で聞いていました。たしかに後ろにスタンドがついていて、これを使うと立てることが出来ます。しかし、このスタンドが何というか非常に軟弱です。ちょっとパソコンを横にずらしたくらいで画面が倒れてします。非常にアンバランスです。もうちょっと後ろのスタンドを丈夫に作ってほしかったというのが、今さらながらの意見です。

キーボードが打ちづらい

WN1037LTE2

キーボードが打ちづらいです。原因としてはおそらく右側に配置されているキーとくにシフトキーが普通のものと比較して3分の1くらいのサイズしかないことが影響しています。また、何というかキーボードに厚みがないため、打っている感覚があまりありません。入力していて気持ちが良くないキーボードです。

電源ボタンの反応が悪い

電源ボタンをずっと押していても電源が入らない場合があります。一瞬、「あれ充電が切れているのかな」と思うのですが、しばらく置いておいて再度押すとはいったりします。電源ボタンの反応の遅さも非常に不快を感じる点です。

USBポートが一つしかない

WN1037LTE4

USBポートが一つしかありません。自分としては付属の電化製品を大体2つ持っているので、2つのUSBポートを使って両方一気に充電したいところなのですが、それが出来ないため、一つ一つ交互に充電するしかありません。それが非常に不便です。もう一つUSBポートがほしかったところです。

電源コードが短い

付属の電源コードが短いです。そのため、外で作業する際に場所が制約されることがままあります。