TransBook T100TAからEeeBook X205TA

TransBook T100TAからEeeBook X205TA2

気が付けばASUS製品に囲まれていた私ですが、今回購入から1年程度しか経っていないノートパソコンを入れ替えました。そう、タイトルにもある通りなのですが、またASUS製品です(笑) 個人的に用途と許せるコストのバランスが最高で、デスクトップもタブレットも同社製品を使っています。

では今回は以前所持していたT100TAとの比較を交えつつ、先ずは幾つか良い点のご紹介。

EeeBook X205TAの良い点

bsSEP_327215200714 (1)

軽い!

TransBook T100TAからEeeBook X205TATransBook T100TAからEeeBook X205TA4

文章書きとネットブラウジングが主な用途の私としては、モバイル性能の中で軽さはとても重要です。こいつはなんと1kgを切る軽量モデル。T100TAはキーボードを装着すると1kg超えでしたので、更に軽くなりました。因みに画面も1インチサイズアップしているので、作業効率も上がります。重さが980g

駆動時間が長い!

公式HPの情報によると12.8時間のロングライフ性能を誇っています。使ってみてもそう的外れな数値では無く、設定や用途によってはイイ感じに動いてくれています。T100TAではキーボード側に500GBのHDDが搭載されていましたが、それを非搭載とする事により更なる省電力(+軽量化)が可能となったのですね。これには関心です。

8~10時間程度であれば余裕でコンセント無しでも作業することができますよ。

安い!

今回のX205TA、一体幾らで購入したと思います? 何と26,980円(税込)という価格。当然新品です。Officeこそ非搭載ながら(パッケージ版を持っているので今回はそれで対応)Windows10搭載でこの価格ですから、一昔前の感覚なら考えられませんよね。当然お金さえ払えば他社含め更に高性能なモデルもありますが、こんな価格でノートパソコンが買えてしまうのですから、脅威的と言うほかありません。

さてここまでは良い点です。ここからは少し、悪い点も上げて行きましょう。

USBのポートが二つある。

TransBook T100TAからEeeBook X205TA3

実際にノートPCを購入すると使う機会が多いのがUSBのポートですが、他の低価格ノートPCについてはUSBポートが1つしかないものも多かったですが、2つあるので非常に重宝しています。一つのUSBポートにスマホの充電器を指しこんで、もう一つのUSBポートには他のノートPCと接続するためのケーブルを指すといった形でつかっています。

EeeBook X205TAの気になる点

picjumbo.com_HNCK4074

パワー不足…?

TransBook T100TAからEeeBook X205TA2

搭載されているCPUはインテルのAtomシリーズ。それのクアッドコアモデルとなります。クアッドコアの為にマルチタスクの作業へはそこそこ対応してくれるのですが、如何せん自力はそこまでありません。但し、その分低電圧に特化しているので消費電力が少ないですし、熱問題もクリアできるのでファンのお世話にもならずに済みます。使用用途にあっていれば、そこは問題になりません。間違ってもCoreシリーズと単純な処理能力は比べないで下さいね。土俵と用途が違いますので。

容量不足…?

T100TAと比較して大きく違うところと言えば、HDDの有無ではないでしょうか。T100TAの構成はタブレット側に32GBのeMMC(私の所持していたモデルは64GB)で、キーボードドッグ側に500GBのHDD。一方のX205TAは本体に32GBのeMMC…のみ。そこだけで言うと、完全なダウングレードに聞こえます。

しかしながら先にも言いましたがHDDを切り捨てた事による駆動時間の延長と、起動時間の短縮、全体での軽量化、コストダウン等の利点が生まれています。microSD(SDHC、SDXC含む)カードへの対応によりある程度の容量は直ぐに増やせますし、OneDrive等のクラウドサービスや、NAS環境が構築済みの人であればそれらも当然使えます。
こちらも自分の使用用途や環境によって悪い点ばかりではなく利点ともなり得る部分なので、私自身としては特に気になりません。

 

しかし、ASUSのクラウドストレージサービスで500GBが2年間無料でついてきます。ハードディスクの容量が28.3GBしかなく、これだけだと厳しいですが、クラウドストレージサービスがついてくるので安心です。

ちょっとした衝撃で画面が一瞬暗くなる

ちょっとした衝撃を与えるとすぐに画面が一瞬暗くなります。5秒くらいで元に戻り電源が切れてしまうなどということはないのですが、その間にかけていた音楽や動画などは途中からではなく最初から再生する羽になってしまいます。

動作が遅い

やはり安いパソコンということもあり、性能面では若干不満が残ります。ネットなどを見ている時にメインで使っているPC比べるとワンテンポ遅くなります。また、マウスも少しスムーズに動かずにかくかくと動作するときがあります。全体的に見ていわゆるもっさり感が残る仕上がりになっています。

キーボードが弱い

ASUS EeeBook X205TAのレビュー2

キーボードの強度が弱く、少し強めに押したキーがへこんだままになっています。へこんでいても入力は出来るのですが、入力した時の感覚がいまいちになりました。

 

低価格で長時間駆動のパソコンを欲しい方にはオススメできます。