Peeble Smart Watch ファーストモデル についてのレビュー

Peeble Smart Watch ファーストモデル1
スクリーンショット 2015-12-21 13.42.42

最近、Apple Watch を始め、さまざまなメーカーからスマートウォッチが出されすこしずつスマートウオッチが盛り上がってきているようです。

今回は、そのスマートウォッチの先駆けとなったアメリカPebble社のスマートウォッチのファーストモデルについて書かせていただこうと思います。

Pebble スマートウオッチとは

Peeble Smart Watch ファーストモデル1Peeble Smart Watch ファーストモデル2

Pebble スマートウオッチは、ベンチャーや個人が製品を作ることをサポートすることで有名になったKickstarterの初期に目標額の数倍のお金を集めて作られ2012年に発売開始された製品です。

ディスプレイには、電子ペーパーを採用しており白黒画面ながら日中の明るいところでもとても視認性が優れ、さらにバッテリーのこう寿命化にも寄与しています。

日本では、正式販売はされず日本語もサポートされませんでしたが、Amazonなどで購入が可能でした。

Pebble SmartWatch ファーストモデルを使ってよかったところ

kid

わたしは、Pebble スマートウオッチを2013年に購入して、約1年半使用しました。

とても軽く動作も安定しており、バッテリーがとても長持ちする

バッテリーは、一度充電すれば4,5日は持ちましたので、あまり充電を気にすることはありませんでした。当初は1週間程度はバッテリーが持つ仕様だったようですが、わたしが購入した頃にはOSがバージョンアップして4、5日という仕様に変わっていたようです。

通知システム

また、とくに気に入っていたのは、バイブを利用した通知システムです。
いまでは、音を鳴らさずに人に合図を送るのはAppleのタピックエンジンを始め、当然のシステムですがその当時は、どうしてもアラーム音のようなものが多くバイブで通知するシステムの先駆けになっていたと思われます。

また、アラームもバイブを利用しますので電車の中などで寝ていても、周りに気づかれずしっかりと起こしてくれる優れものです。

簡単接続

充電用にはUSBの専用ケーブルを本体とマグネットで簡単に接続できるというのも優れている点です。このあたりは、これ以降のスマートウオッチに影響を与えたのではないかと思っています。

ベルトも専用品ではなく、一般的な時計のベルトが使用できたのでわたしは購入後すぐに付属のエストラマー製のベルトからナイロン製のベルトに交換してしまいました。

iPhoneとのペアリングが可能

また、わたしがPebble を購入したのは、iPhoneとペアリング出来たからという部分も大きいです。わたしが、スマートウオッチ購入を検討したときには、Sonyやサムスンもスマートウオッチを出していましたがAndroidとしかペアリング出来なかったからです。

iPhoneとのペアリングは非常に簡単で、専用アプリを入れてしまえばあっという間でした。専用アプリはペアリングだけではなく、OSのアップデートや時計フェース、Pebble用のアプリのダウンロードなども行えるようになっています。

非常に軽くて、付け心地よくとてもよく出来た製品だったと今でも思っています。

Pebble SmartWatch の残念だったところ

ぱくたそ2

日本語サポートをしていない

Pebbleを使っていて、残念だったところは日本語をサポートしていなかった事です。

Pebbleでは、iPhoneでメールを受信するとPebble側にメール着信だけではなく、本文が表示されるのですが、その日本語が全て□になってしまうのです。
それで、iPhone側で大事な人の名前は、すべてアルファベット表記にして分かるようにしたり工夫していました。

日本語表記できるようにカスタマイズする方法などもあったのですが、OSアップデートのたびに無効にされてしまうので、それを使用するのはすぐにあきらめてしまいました。

チープに見える面も

Peeble Smart Watch ファーストモデル3Peeble Smart Watch ファーストモデル4

あと、Pebbleの残念だったところはプラスチックボディだったため、見た目が若干チープに見えてしまうことです。
わたしは、近未来的で気に入っていたのですが、嫁になんかかっこ悪いと言われてしまい、他の人にもそう見えてしまうのかなと考えてしまいApple Watch に買い換えることになってしまいました。

機能的には、あくまでもわたし的な意見ですが、Apple Watchに見劣りしてはいなかったので、外見だけで買い換えしなければならなくなったことは残念でした。

いまでは、Pebbleも機能的にも外見的にもさらに進化してさまざまなモデルが出されていますので、もしスマートウオッチの購入を検討されている方は、Pebbleも候補に入れてみることをお勧めしたいと思います。