UQ-mobileのSIM「データ高速プラン(3GB)」を購入。総じて見ると結構オススメ!

UQ-MobileのSIMカードをauの端末、「HTC HTL21」に差して使っています。UQ-Mobileはauの回線を使用した格安SIMの1社で、auのスマートフォンに比べて、圧倒的に安い使用料金で使うことが可能。

auの回線を使用する格安SIMは、softbank系やdocomo系と比較しても回線が高速で安定しているというのが、最大のメリット。
多少自身で設定をする必要もあるけれど、使用料金を考えるとかなりオススメ出来るレベルです。auのスマートフォンの機種代金分割払いが終了したら、UQ-Mobileを使ってみるといいかも。

私が使っているプランは「データ高速プラン(3GB)」。

月々980円(税別)で3GBまでのデータ高速通信が利用できるというプランです。音声通話、つまり普通の電話の機能も必要という人は、月々1,680(税別)の「データ高速+音声通話プラン」もあります。

UQモバイルの良い点

ぱくたそ2

使用料金の節約になった。

→auと契約していた頃と比較して月々5000円以上の節約に。

・SIMカードを差すだけで使える。

→SIMカードを使うだけで使うことができるので手軽。

・通信速度も問題なし。

→auと比較しても遜色ない通信速度。YouTube視聴も快適。

UQモバイルの悪い点

ぱくたそ7

・最初に通信設定を自身でする必要あり。

→さほど難しくは無いけれど、苦手な人にはわかりにくいかも。

・データ通信容量が少ないという人もいるかも。

→動画を頻繁に見るという人は高速データ通信容量が足りないかも。動画を見るときはWi-Fi環境下で。など使い方に工夫が必要。

・auを解約して、UQ-Mobileのみにする場合は、音声通話プランを付加する必要あり

→通話料金はauより高い場合あり。ナンバーポータビリティを使うと電話番号は変わらないが、最低2~3日スマートフォンが使えない。

・週末の夜など稀に繋がりにくい事も

→Wi-Fi環境下では問題無いが、LTE接続の場合はイライラするもある。

UQモバイルを使う際の注意点

  • auの安心サポートのように、機種本体を不注意で壊してしまったり、または通常の使用で壊れてしまった場合でも保障がなくなる。
    →ただ、安心サポートの加入というのが無いので、オプション料金も不要。
  • auを解約する場合、更新月で無い場合解約手数料が必要な場合がある。

UQモバイルは解約手数料を払いたくない場合や、2~3日スマートフォンが使えないと困るという人向け。

2台持ちをすることで、解約手数料を払わなくても良い方法があります。
それは、ガラケーとスマートフォンを2台持つという方法で、ガラケーは電話専用。スマートフォンはメール,ネットなどデータ通信専用にするという方法です。

今使っているスマートフォン(au)をガラケーに機種変更する。機種代金は分割でも一括でもお好きなように。「@ezweb」のメールアドレスが必要という人は、EZWEBコースを付加する必要があるけれど、メールアドレスはスマートフォンでフリーメールを使う、という人はEZWEBを付加する必要は無い。

つまり、ガラケーは電話+Cメール専用機。
その他の、インターネット、メール、LINEと言ったデータ通信機能はスマートフォンで。ときっちり住み分けをする。
この方法を使うことで、月々の利用料は半額程度になった。

  • 電話番号を変えることは無く、即日で変更することが可能なのがメリット
  • 2台持ちにしなければいけないということと、電話帳の移動を自身でしなければいけないというのがデメリット

もう1年程度使用しているけれど、機種のトラブルを除けば、料金、データ通信速度、接続安定性など、ほぼ全くと言って良いほど問題にならないレベルで使えます。総じて見ると結構オススメ。