Surface 3のWi-Fiモデルのスペックと機能は!?

surfaceファンの皆さん、ついにマイクロソフトが一般向けにもSurface 3のWi-Fiモデルの発売を決定しました。

発売日は今日、つまりこの記事を書いている10月9日です。

 

Surface 3のWi-Fiモデルについて少しまとめてみたので、見てみましょう。

Surface3とは!?

スペック

surface3
  • ディスプレイサイズ10.8 インチ
  • フル HD+ ディスプレイ ・・・解像度: 1920 x 1280
  • 薄さ 約 8.7 mm
  • 軽さ約 622 g
  • OS Windows 10
  • バッテリー駆動時間・・・最大約 10 時間

価格

メモリ2GB/ストレージ64GBモデル・・・71,800円前後

メモリ4GB/ストレージ128GBモデル・・・81,800円前後

機能

Businesman touching virtual screen
  • デスクトップモード・・・タイプ カバーの着脱にあわせて、キーボードやマウス操作に最適なモード
  • Continuum機能・・・タッチ操作に最適なタブレットモードをスムーズに切り替える

 

キーボードをつけて表示するモードとタブレットのように単体で使う場合の表示を見やすいように切り替えれくれるようですね。

 

  • 「Microsoft Edge」・・・タッチ操作やSurfaceペン(*)で閲覧中のサイトに書き込み共有できる新ブラウザー

Surface専用のブラウザですね。タッチ操作可能なブラウザで閲覧中のサイトに書き込みを共有できるっていうのはすごいですね。

Surface ペンは別売りだそうです。

 

  • Office365サービス・・・ワードやエクセルなどが使用できる

Surfaceはワードやエクセルが使用可能なのでいいですね。よく使うビジネスマンに最適かもしれません。

 

  • 1テラバイトのオンライン ストレージ OneDriveが1年間無償

かなりの容量のストレージを無料で使うことができます。いっぱい保存する人にはいいですね。

 

Surface pen

スクリーンショット 2015-10-09 16.24.19

ペンを使うことでより便利に使うことができる。

スクリーンショット 2015-10-09 16.24.25

Surfaceならではですね。慣れれば使いやすそうです。

Windows10

スクリーンショット 2015-10-09 16.20.40

Windows10は優れたアプリが標準でインストールされています。

いろいろ使ってみるといいでしょう。

キーボードは5種類

surface3

キーボードは5種類から選ぶことができます。自分好みの色を選びましょう。

キックスタンドは 3 段階に調節できます。

まとめ

Surfaceの良いところは

  • 選べるキーボード
  • エクセルやワードを使える

というところだと思います。今回キーボードは5種類だし、OneDriveも1年間は無料で1テラバイトを使うことができるそうなのでより良い感じです。

ペンもついて(別売りですが)より実用的になったようです。