GMOクラウド「iCLUSTA+」の特徴とメリット・デメリット

gmoクラウド
スクリーンショット 2015-09-05 14.48.30

今や業界最大手となったGMOグループが運営元のGMOクラウドのレンタルサーバー。

にも関わらず契約料金は他社と比べても高いわけでもなく、容量も少ないわけでもなく。

また契約プランにおいても3つ用意されていて、素人からプロに至るまで広範囲に渡っての利用が可能となってます。

そんなGMOクラウドを実際に利用してみた感想を以下に記載します。

GMOクラウド「iCLUSTA+」レンタルサーバーの特徴

公式サイトにも書かれていますが、ここでも少し紹介します。

安定稼働と高速処理

スクリーンショット 2015-09-18 7.42.16

安定稼働は何よりも大事。サイトが人気になってアクセスが集中しても複数台サーバーがあれば安定的な稼働をすることができる。

マルチドメイン対応

スクリーンショット 2015-09-18 7.42.33

今では当たり前と言っては当たり前ですが、マルチドメイン対応です。複数のサイトを運営することができますね。

様々なウェブアプリケーションに対応

スクリーンショット 2015-09-18 7.42.42こういう簡単にインストールできる機能はあった方がいいです。Movable TypeでもWordPressでも

早く簡単にインストールすることができます。

GMO「iCLUSTA+」の良い点をレビュー

ぱくたそ2

安心安全の安定性

個人的に、GMOクラウドの一番の利点は安定性だと思っている。
GMOクラウドを除く他社では、契約につき1サーバーをレンタル、という形だが(そもそもこれが普通)、GMOクラウドでは複数のサーバーを同時利用することで、1つのサーバーでなんらかの障害があったとしても別のサーバーで通信を行うことで、サイトの非表示といったエラーなどが起こらないような設計となっている。

 
他社では頻繁に(月に数回ほど)発生するサーバーに接続が出来ずサイトが表示されない、といったことを心配することなく運営が出来る、というのは個人はもちろん企業にとっても泣いて喜べるほどの特徴だと思っている。
夜中にクライアントからの「自社のサイトが表示されない!なぜ?」といった電話に起こされることもない。

他社との差別化が明らかな3つのプラン

スクリーンショット 2015-09-05 14.56.22

iCLUSTA+と題されたレンタルサーバーには3つのプランが用意されており、それぞれが他社とは明らかに比較が出来るプランとなっている。
ミニ 月額934円で容量200GB
・レギュラー 月額1410円で400GB
・プロ 月額2362円で600GB
と、各プラン毎に200GBずつの容量がプラスされており、中でもプロの600GBもの超大容量は他社ではほとんど用意されておらず、決定的な比較要素と言える部分でもある。
もちろん他のミニとレギュラーにプランについても、価格と容量とを他社と比較すると、充分満足できるレベルだ。

ただ個人での契約の場合、例えばプロの600GBもの容量を必要とすることはほぼあり得ないかと思うので、あくまで企業が契約する、ということで差別化ができる。
個人であれば400GBでも相当な容量なので、そういう観点での心配はまず不要なプラン構成とも言える。

サポートは無難

GMOクラウドのサービス体制は、他社と比べて良くもなく悪くもなく、といったところ。

電話サポートは平日の10:00~18:00であれば対応してくれるし、メールでの問い合わせにも原則1日以内には返信をしてくれる。
ただし休日であればもちろん電話で問い合わせをすることは出来ないし、メールの返信も翌営業日まで待たなければいけない。
電話サポートがないレンタルサーバー会社もあるので、平日の限られた時間内であれば電話でも対応してもらえる、という点は大きい。
ただし24時間365日、電話対応をしているレンタルサーバー会社もある→お名前.com

GMOクラウド「iCLUSTA+」の悪い点をレビュー

ぱくたそ7

マルチドメインに上限がある

プランにより上限数は変動するが、それでも上限があることには変わりない。
ミニで60、レギュラーで90、プロで120という上限数となっている。
一見すると多い上限とも取れるが、レギュラーやプロを契約するのは複数サイトを運営する個人や企業だと思うし、他社ではこの価格帯ではマルチドメインを無制限としているところもあるので、GMOクラウドももちろん無制限だと思って契約をしてしまうと、ドメイン移管の際に思わぬトラブルに見舞われてしまうかもしれない。

不親切なコントロールパネル

GMOと契約するのなら、これくらいの用語はわかって当たり前でしょ?と言わんばかりの不親切設計+デザインのコントロールパネル

素人であれば四苦八苦するであろう造りに、それなりに経験のある私でも少し戸惑ってしまうほど。
とくにワードプレスなどのCMSを主体にしていて、サイト構築やサーバー運営に関する知識がほとんどない、という人にとっては、非常にわかりにくい設計となっている。
ただわかる人にはわかる。

GMOクラウドのサーバーをレンタルするなら

GMOクラウドをレンタルするのであれば、他社と比較して明らかに差別化となる月額に対する容量と安定性、この2点を重視しなければいけない。
上限のあるマルチドメイン数や平日のみの電話対応、どんなユーザーを想定したのか気になるコントロールパネルなどに目を瞑ることが出来るのあれば、契約しても問題のないレンタルサーバー会社と言える。
おすすめレンタルサーバー 『GMOクラウドのiCLUSTA+』