panasonicのワイヤレスゲートをSIMフリータブレットのNexus7 2013で使用

スマホ持ち

なぜSIMフリータブレット Nexus7 2013LTEモデルを買ったのか?

純粋なSIMフリー機で機能も充実しており、値段も手頃だからです。2年弱前に、発売されてすぐ買いました。うろ覚えですが、4万弱で購入したと思います。
今まで私はiOS機ばかり使っており、AndroidOSに触れてみたかったというのもあります。(現在Nexus7LTE以外のモバイル機はiPhone5s、iPad Airを所有しています。)

使用しているSIMカード

ワイヤレスゲートの480円SIMカードです。250kbpsと低速ですが、必要十分です。メールもLINEもできるし、IP電話も使えます。

ヨドバシのSIMカードがワイヤレスゲート。

ヨドバシSIM
ヨドバシSIMを4ヶ月使って感じた良い点・悪い点
http://hikaku-choice.com/?p=2184
ヨドバシカメラオリジナル ワイヤレスゲートWiFi+LTE SIMカードをnexus4で運用中です。4ヶ月ほど使ってみての感想を、良い点・悪い点取り混ぜて紹介したいと思います。 良い点 ・料金が安い 何といってもこの通信プランの最大の魅力...

SIMフリータブレット Nexus7 2013LTEモデルの良いところ

スマホ持ち

大きさ、重さがちょうどいい

7インチというのがちょうどいい大きさで、持ち運びやすく、軽いし、画面もキレイです。
YouTubeなどの動画をみるのも、Kindleで電子書籍を読んだりするのにもちょうどいい大きさ、重さです。
漫画の小さい文字も、7インチのタブレットならば楽々読めます。

機能面もよい

機能面でも満足しています。CPUもメモリも必要十分で、購入してから2年近く経ちますが、まだまだ使えます。

マルチアカウント対応している

Androidタブレットの長所であると思うのですが、マルチアカウント対応しているのも良いです。
家族でアカウントを分けて使うことができます。
これで、プライバシーも保つことが出来ます。
iPadではまだ出来ないことです。この点はAndroidタブレットに優位性を感じます。

テザリングが容易に出来る

これはSIMフリー機であるからこそだと思います。docomo版のAndroidタブレットにMVNOのSIMカードを入れてもそうはいかない(テザリング出来ない)と聞いています。(私はdocomo版のAndroidタブレットは所有していないので分かりませんが。)
docomo版のiOS機器(iPhone、iPad)ではテザリング(iOSではインターネット共有という)が出来ますが、設定画面をわざわざ開いて設定しなくてはならず、面倒です。インターネット共有中の画面表示が上部に表示されるのも目障りです。
テザリングがすぐ出来るウィジェットがあるAndroidの方が使い勝手はいいと思います。

余計なアプリがインストールされていない

これもSIMフリー機の特権ですね。
キャリア版だといろいろなアプリがプリインストールされていると聞きます。

SIMフリータブレット Nexus7 2013LTEモデルの悪いところ

鳥

FOMAプラスエリア非対応

ワイヤレスゲートSIMを使用していますが、docomoのFOMAプラスエリアに対応していないのが辛いです。
普段の生活では支障はありませんが、山奥へ行くとつながりません。
せっかくのdocomoの広い電波網が存分に使えないのは残念です。
rootをとればFOMAプラスエリアが使えるようになるという情報がネット上にあるのは承知していますが、リスクもあり、チャレンジする気はないです。

防水ではない

YouTubeをみたり、Kindleで電子書籍を読んだりをお風呂でもしたいのですが、残念ながらNexus7は防水機能はないので、チャック袋などに入れないと不可能です。
チャック袋に入れるとどうしても画面がクリアではなくなってしまい、せっかくのキレイな画面が台無しです。

まとめ

犬
総合的に見て、Nexus7 2013LTEモデルはコストパフォーマンスのいい機種だと思います。
特に、AndroidOSのいい所(マルチアカウント対応している、ウィジェットが使える、Kindleアプリから直接電子書籍を買えることなど)を余すことなく味わえると思います。
現在は販売されていないようですが、もしオークションや中古ショップで見かけたら、購入を検討するのも一考かと思います。