IIJmioの使用レビュー!iPhoneで使用して分かったメリット・デメリット

iijmio

iPhoneにSIMカードを挿して使ってみたい!という人もいるのではないだろうかと思います。

今回はiPhone5にIIJmioのSIMカードを入れて使ってみたというレビューです。SIMカードを使ってみたいという人も参考になると思いますので参考にしてみてください。

使用してるSIMカードはIIJmio

iijmio

IIJmioのSIMカードを私は使用しています。
スマホ本体はiPhone5SをAppleのサイトで購入して使用しています。

格安SIM ってなんか怪しい…

kid

名称が「格安SIM」なので、どことなく質が悪いイメージや怪しいイメージがありますし、ホントに安いの?と思うかもしれません。

結論から言うと「人によっては安い」です。

通信料が月に7GB以上も使う人であれば、SIMカードは辞めておいたほうがいいと思いますし、月に1GB程度であればSIMカードを使用したほうがほぼ確実に月額料金は安くなります。wifiばかり使っているならSIMカードを使ったほうがお得な場合が多いかと思います。

IIJmio SIMの特徴

余ったデータ量は翌月に繰り越せる

iijmio_sim_data

余ったデータ量は翌月に繰り越すことができるのでデータ量が無駄になることはない。

プランが三段階

iijmio_sim_plan

自分が使う容量のプランを選ぶことができる。ファミリーシェアプランで10GBまで使うことができるのは嬉しいかも。

iPhone6対応

SIMフリーならiPhone6でも使用することができます。

IIJmio SIMのメリット

みおふぉん

安い

iijmio_cost

「なんてたって安さが一番!価格が大事」っていう人にはオススメです。

データ専用SIMなら月額900円で月3GBまで使えます。ドコモが提供するスマートフォン向けのXiパケット定額サービス「Xiパケ・ホーダイ ライト」が定額料4,700円ですから、おおよそ5分の1ということになりますね。

確かに安い分通信速度はあまりでませんが、外で動画をガッツリ見るわけでもない場合はそんなに通信速度って大事じゃないですよね。

家ではWiFi、外ではSimカードによる通信で十分って考えている人ならとてもお得にスマホライフを送れるはずです。

音声通話もしたいなら

iijmio_tel
音声通話もしたいなら↑のような値段になります。

容量制限が月ごと

嬉しいのが、この月3GBというところです。
「一日30MB」とかっていうように、データ通信量が日割りなのはよく見かけると思いますが、これだとあまりデータ通信を使わない平日もガッツリ通信を行う土日や旅行中も同じ30MBとなります。

一日の通信料の上限に達し、低速でしか使えないっていうのはありがちな話ですが、IIJmioではそれがありません。さらに、高速通信と低速通信をアプリにより切り替えることができるっていう優れもの。

通信精度

安いので通信が悪いのでは?

と思われる方もいると思いますが、このSIMを使っていて「電波悪い」と感じることはあまりありません。

以前はソフトバンクでしたがソフトバンクより良いと思っています。もちろん住む地域にもよるのでしょうが。
みおふぉんはdocomoの通信回線を借りているので格安SIMの中でもトップクラスの安定感だと思います。
もっともdocomoの回線を借りているといっても、docomoと同じというわけではなく、docomoには少し劣ります

IIJmio SIMのデメリット

kid2

SIMフリーの端末料金

ここまで書いていて通話しない人にはデメリットほとんどないじゃん!と思う方がいると思いますが、デメリットはSIMフリーの本体を自分で用意しなければならないことです。

特にiPhoneを使いたい人は現状、国内でSIMフリーのiPhoneを買うにはAppleの通販しかなく、円安の価格上昇もあり、iPhoneを手にするにはかなりの出費が必要です。

なので本体価格を考えると二年間使う程度なら、三大キャリアと総金額はあまり変わらないかもしれません。
ただし、今のスマホは高性能で高価ですので、二年以上使う人も多くいると思います。二年以上使うならば三大キャリアのような二年縛りや二年限定の割引などもないので、iPhoneを買う場合でも確実に格安SIMのほうがお得です。
Androidの安くて海外製でもいいやという人は文句なしに格安SIMのほうがお得です

使用可能エリア

意外とカバー範囲が狭いというところ。ドコモの通信網借りてるから田舎に強そうなのに、ちょっと山間部(っていっても人家はある)に入ったら圏外になってしまうことがあります。

IIJmioなどの格安SIMと相性がいい人

格安simと相性がいい人_見出し
  • 家にWi-Fi環境がある人(家にいる場合にWi-Fiを使えば携帯の通信費はかからないため)
  • 外出先で動画をあまり見ない人(格安SIMは通信容量によって料金がきまっているので、通信を多くする人が高くなるため)

といったところですね。

ネット通信が使い放題ではないですが、外で動画や定額音楽配信などを利用しない人であれば特に問題ないと思いますし、3G、7G、10Gとコースがあるので、使う人も10Gあれば困ることはないです。

私は3Gで毎月余ります。余った分は翌月に繰り越されるのでお得ですし、なりより3Gで税込1728円です(別途通話料)。通話はLINEを使いますので、LINE以外の通話料は月に1000円もかかりません。なお通話料は三大キャリアよりも割高ですが、楽天でんわなどの通話割引サービスを使えばお得になります。IIJmioで格安なスマホ生活を送りましょう。