DTIのSIM はコスパ抜群だが、アンテナピクトとセルスタンバイ問題に注意

dti

DTIのSIMを使い始めたきっかけ

ねこ

もともとガラケーとスマホの2台持ちだったけど、通信料金が高すぎてスマホの方はWifi運用にしてしまった。だけどやっぱり外出先でラインやメールチェック、地図アプリや簡単な調べ物ができたほうが便利だなあとおもってMVNOを調べたら、DTIのSIMに出会ったんだ。初期費用3,000円プラス月額467円プラスユニバーサルサービス料2円(すべて税抜き)で、最低利用期間もないから失敗したなと思ったら、すぐ解約しても痛手がすくないなということで使い始めた。

アンテナピクトとセルスタンバイ問題

最初はドコモのLG Optimus bright L-07Cに入れて使ってた。ですが、セルスタンバイ/アンテナピクト問題というのが起きてしまい、電池の持ちが非常に悪くなってしまった。セルスタンバイ/アンテナピクト問題は、データ通信専用のSIMをスマホで使うと起きることがある。SIMカードが音声通話に対応していないのに音声用のネットワークに接続しようとして、データ通信はできるのに「圏外」表示になったり、バッテリー消費が早くなったりする現象だ。

これを回避するためにドコモL-09CというモバイルルーターにSIMを挿してLO7Cを使ったんだけど、ガラケーとモバイルルーターとスマホ、合計3台も持ち歩いてバッテリー管理も大変だった。SMSオプションを143円/月で付けられるけど、これがあるとセルスタンバイ/アンテナピクト問題は回避できることが多いみたいだ。

 

しかし、SMSオプションではなくセルスタンバイ/アンテナピクト問題の発生しないスマホに買い換えることにした。最近の機種ではほとんど起きないらしいけど、買う前に「機種名 セルスタンバイ」などで検索してWEB上の情報をチェックすることをオススメする。ドコモ Galaxy J SC-02Fはセルスタンバイ問題も起きないし、スペックは高めで価格は安め。とってもお買い得な白ロムだった。

良い点

ねこ2
公称250Kbpsって言ってるけど、自分の環境だと最大で1Mぐらいでてることがあるね。お昼休みや、夕方から夜にかけて、みんなが沢山使う時間帯によってはそんなに出ないけど。

動画をみないんだったら十分な速度でコストパフォーマンスはすごくいいね。

 

通信量の制限もわりと緩め。3日間で300MBを超えると制限がかかることがあるかも、と書かれているけど、超えてもまだ掛かったことはないね。この辺りは「規制することもある」って公式WEBにあるから、画一的に300MB超えたらすぐ超低速接続のお仕置きモードってわけではないようだ。

悪い点

ねこ3
画像は圧縮される。見た目で劣化したのが分かる場合もあれば、全然わからない場合もある。アクセスできない動画サイトがある。昔はYouTubeも見れなかったけど今は見れる。でも、Dailymotionは今も動画は再生されないね。このあたりは流動的だね。動画見たい人にとってはちょっと速度自体も遅いんじゃないかな。

 

googleマップはギリギリ使えるレベル。ナビゲーションは問題ないけど、目的地を探して自分の指で地図をどんどんスクロールしていくのに通信量がついてこれないときもあるね。

導入前にチェックしたほうが良いこと

まず、一日どれくらいの通信をしているのか、通信量監視アプリなんかをつかってチェックしたほうがいいよね。毎日200MBも使うっていうんじゃこのSIMはオススメできない。超低速お仕置きモードばっかりで全然使えないと思う。動画たくさん見たい人もちょっと無理じゃないかな。

 

ドコモのスマホに挿したらテザリングもできないね。ドコモのスマホはSPモード接続しないとテザリングできないんだ。だからドコモ本家のSIMじゃないとテザリングできない。テザリングしたいなら対応したスマホか、モバイルルータに挿さないといけないけど、それをPCをつないだりしたら通信量の管理が難しくなるね。

おすすめなのはこんな使い方の人

家にはwifiがあって外出時にスマホを使う人。動画は見ない人。ワンコインで満足できます。

DTI