さくらインターネットは安さとコスパを求めている人には間違いないレンタルサーバー

sakura
さくらインターネット

巷には様々なレンタルサーバーの情報があふれており、いったいどの情報を信用するか、どこのレンタルサーバーを選ぶかなどはなかなか難しい判断です。
恐らくレンタルサーバーを選ぶ際の基準となるのは、
・価格が安い
・それなりの容量
・セキュリティの充実
・管理維持が容易
この4点ではないかと思います。

さくらインターネット使い始めたきっかけ

kid

ホムペ作成を趣味としていた頃は無料サーバーを使っていましたが、ホムペでアフィリエイトをしようと思うと、使っていた無料サーバーの規約に引っかかってし利用出来なくなるため、どこか適当なレンタルサーバーに乗り換えを検討する中で、ネットで評判のよかったさくらインターネットに決めました。

個人的なことになりますが、ホムペ制作を開始した当初、私にはHTML、CSS程度のスキルしかありませんでした。それだけのスキルで作った、300ページ容量100Mほどのサイトを、無料サーバーで運営していました。

大部というわけでもなければ難しい仕掛けも何も無いサイトでしたから、このサイトを移行させる先としては、さくらインターネットの中でももっともお手軽なプランである、”ライト”で十分でした。月額に換算すると100円ちょっとの出費でしたから、無料サーバーから有料サーバーに乗り換える際の心理的抵抗もほとんど感じることはなく、費用の問題はわけなくクリアすることが出来ました。

こうしてわずかでもお金を払うことで、無料サーバーでは味わうことが出来ない、サイトオーナー気分を持つことが出来るようになりました。

さくらインターネットの特徴

 バックアップ機能

スクリーンショット 2015-09-18 8.15.37
  • 自動バックアップ機能
  • サーバー稼働率99.99%以上

自動バックアップ機能はもちろんあった方がいいですね。データを消してしまった時にも復元に望みを持つことができます。

サーバーの稼働率は何よりも重要。99.99%以上なら安心。

各種機能

スクリーンショット 2015-09-18 8.15.46

機能はこんな感じです。ワードプレスも使えクイックインストールすることができますね。

マルチドメインにも対応しているので複数のサイト管理をすることも可能です。さくらのレンタルサーバ

さくらインターネットの良い点をレビュー

kid2

利用料金

スクリーンショット 2015-09-18 8.14.27

さくらインターネットは、数ある有料レンタルサーバーの中でも料金が安く、且つサービス内容も充実していることで有名です。
一番安いプランだと、月額にして大体120円ほど。缶ジュース1本ほどの料金です、と公式サイトに書かれていたのは、大きな決め手でした。そう謳うなら支払方法も月払いがあってもいいんじゃないのかな…とも思いましたが、年間契約の年払いだとしても料金は2000円以下です。よくよく考えてみれば、レンタルサーバーではなくても、趣味に2000円ほどのお金をかけることなんてよくありますし、悩むほどの金額ではないと思います。むしろ、冒頭でも述べたように、他社と比べるとかなり安いです。私はただ自分のデザインをサイトに載せるだけだったので、機能面も全く問題ありませんでした。

サブドメインにエイリアス機能が付いている

初級レベルのホムペ制作を続けていた私にとって、さくらインターネット(ライト)は、ほとんど不足が無い、コストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーであったと思います。
機能の中でありがたかったのは、メインのドメインの他、サブドメインが2つまで取得出来ることです。しかもエイリアス機能が付いているので、サーバーに上げてあるファイルは、ドメインごとにしかビジターさんに見られる心配がありませんので、この機能のおかげで安心して複数のサイトを、同一サーバーの中で構築しておくことが出来ました。

この機能はあまり知られていませんが、ジャンルの違う複数のホムペを運営している方なら、この有り難さがよく判ると思います。逆に、もしもサーバー上の情報を、異なるサイトのユーザーさんに全部見られてしまうとしたら・・・・・、と考えたら、身の毛もよだつことになるのではないでしょうか。

シンプルで高機能なアクセス解析

また、アクセス解析機能も使いやすく、初心者の私には十分でした。Googleのアナライザーは高機能でありながら、複雑すぎて使い切れない経験をされた方は少なくないと思いますが、そうした難しさは一切なく、それでいてアフィリエイトに必要なアクセス解析のデータはすべて揃っているといってもいいほどでしたから、さくらインターネットを利用していた当時、Googleのアナライザーは利用する必要を感じませんでした。

コストパフォーマンスに優れている

最後に一番よかった点は、なんと言っても費用がお安いことです。2週間のお試し期間を含めますと、実質12ヵ月半、1,500円の年会費で10Gの容量割り当てがもらえ、さらにその範囲内でメールも自由に使えますから、コストパフォーマンスは多くの方が口コミで伝えられているように、間違いなくトップクラスであると思います。

お試し期間

さくらインターネットは、どのプランも基本的に2週間お試しを無料で利用することができます。私も、一応契約すると決めてはみたものの、やはりお試し期間で使ってみてから最終的な判断をしようとは思っていました。結果とても良かったので、契約することに至りましたが、このように無料期間が設けられているのは初心者のユーザーにもやさしいですね。

ブログが使える

契約すると、レンタルサーバーとは別で、さくらインターネットがサービス提供するブログが無料で使えるようになっています。ブログはもともと書いていたので、この際だからブログもさくらインターネットにしてしまれば管理も楽だしそうしようと思っていたのですが、少しこのブログだけが残念でした。
やはりブログサービスに特化された他社とは違い、ブログのスキンの種類の乏しさや、使い勝手の悪さが目立ちました。何度か記事を投稿して使いましたが、結局すぐに別のブログに変えてしまいました。あまりブログサービスには過度な期待はしないほうがいいかもしれません。有料プランを契約して、そのおまけでブログが使えるくらいに思っておいた方がいいでしょう。

メールは無制限で利用可能

有料契約をすると、メールアドレスは無制限で増やし利用することができます。この点はとても便利なので、何か仕事などでも新たなメールアドレスを用意することがあった場合はよく使っていました。ただ、残念なのが、ウェブブラウザ上でのメールを閲覧したり、送ったりするブラウザの使い勝手も、ブログと同様にあまりよくありませんでした。もともとヤフーメールをブラウザ上でよく使っていたので、どうしてもその使い勝手をヤフーメールと比較してしまいます。そうなると、さすがに劣るなあ…と感じます。ただ、もちろんさくらインターネットのレンタルサーバーの使い勝手やサービスが総合的に素晴らしいので、まったく気になりはしませんでした。レンタルサーバーを利用するのにあたって、付帯サービスのブログやメールに過度な期待をよせている人もそんなにはいないと思うので、料金や全体のサービス内容を考えると、相応という感じです。

初心者に優しい

ネット上に結構な数のFAQやマニュアルが豊富に存在するのも初心者ユーザーにはありがたいポイントです。

静的ページの表示速度は安定している

HTMLで作成したサイトであれば、ほぼ何の問題もなく表示されていました。

さくらインターネットのレンタルサーバー上で、ワードプレスを導入したサイトとそうでないサイトを比較した際も、そうでないサイトは明らかにほぼ一瞬で表示されていたので、あくまで静的サイトにて運営をするのであれば、さくらインターネットでも問題はないかと思われます。

3、独自SSLの導入費用が格安

ショッピングサイト等を運営する際には、今や導入するのが当たり前とも言える独自SSL。
その独自SSLの導入費用を当時他社と比べると断然格安でした。

他社での1年分の費用で、さくらインターネットでは7年ほど契約出来るくらいでした。

稼働率も高水準であり信用できる

とある情報によると稼働率99.99パーセントなんだとか。

リソースブースト機能

この機能は、アクセスが集中した際に三日間、転送量を通常時の3倍に増やせるという機能です。
一度この機能を使用すると14日間は使用が制限されますが、外部サイトなどでリンクが増えた場合に転送量不足で困る可能性が軽減されます。

さくらインターネットの悪い点をレビュー

SplitShire-068

プログラミングがしにくい

ホムペ初心者も、時間が経てば中級者にスキルアップをしていきます。また、何よりホムペは作り続けると当然のことながらページ数が増えていきます。私の作っていたサイトは情報提供を主としていましたので、ページ数が増えても容量はさほどかさばらないため、その点ではさくらインターネット(ライト)の10Gを超えることはなく、まったく余裕でした。

ところが、ページ数が1000を越えたあたりから、もはやHTMLとCSSだけの手動ではサイト管理が難しくなって来ました。何らかのプログラミングを組む必要に迫られたのです。ホムペ用のプログラミングといえば、真っ先に使われるのはPHPではないかと思います。利用し始めた頃、ライトでは使えなかったPHPですが、3年前から使うことが出来るようになりました。

ところが、ライトにはPHPでプログラミングをするとほぼ一対で使われることの多い、MySQLが使えないという欠点があります。書庫のような役割を果たすMySQLが使えませんと、いわばデータベースを持たないプログラミングをPHPで組むことしか出来ません。

ライトではワードプレスが使えない

現在、世界中で利用者を伸ばしているフリーのブログソフトにワードプレスがありますが、PHPで作動するワードプレスも、先に挙げましたMySQLが使えない環境ではインストールできません。ですからさくらインターネットのライトではワードプレスを使うことは出来ないのです。ワードプレスは、PHPでプログラミングを組むことの出来ない初心者でも、簡単に高機能ブログを作れる点が優れていますので、これが使えないのはとても痛いと思います。

ワードプレスで作成したページの表示速度があまりにも遅い。

これは事前に調べるべきことだったのかもしれませんが、既に作成され運営していた自社サイトを、webの知識があるものだけではなく誰もが触れるようにとワードプレスを導入したところ、導入前と比べてページの表示に何倍もの時間がかかってしまうことが多々発生しました。

他のサイトは普通に閲覧することが出来たので、一時的なサーバーの障害かなにかかと考え、2~3日様子を見ることにしました。

ですが一向に改善は見られず、ページの表示も相変わらずだったので、さくらインターネットへ問い合わせてみることにしました。

カスタマーサービスが知識不足

表示速度が遅いことについて相談をしようと思い電話をしたところ、約20分ほどコール音楽が流れているのを聞かされ、やっと電話に出たと思いことの説明をしたところ、それでは担当者にお繋ぎしますという案内。

それからも5分ほど待たされ、電話に出たのはさきほど対応してくれた方で、担当者が席を外しているのであちらからかけなおしてくれる、との説明。

私は失礼とも思ったのですが、そのとき対応をしてくれている方に、あなたはわからないのですか?という質問をしたところ、わかりませんとの返答が返ってきた。

あれやこれやと適当に説明されるよりはマシだとは思うが、なんのためのカスタマーサービスなんだと、内心呆けてしまいました。

それから電話がかかってくるのを待ち続けたのですが、その日はかかってくる様子もなく、再度かけなおしたときには、受話器の向こうから営業時間外の案内が。
結局のところ、翌日再度こちらから朝一番に電話をかけ、担当者ではなくこういう物理的な問題に対応ができる人に繋いでください、とお願いをし、やっと話が通じる人に相談することができました。

ですが結局これといった原因は判明せず…

さくらインターネットのまとめ

picjumbo.com_HNCK4074

初心者が自由にホムペ制作をして、ホムペに関するイロハを学ぶには、非常に高いパフォーマンスを有していると思います。ただ、中級レベルで使うには、プログラミング等でやや不満が出て来ます。ただ、そのときは同じさくらインターネットの中にある、スタンダードにアップグレードすることで対処できます。ライトで取得したドメインも変えずに済みます。

サポートや手の込んだことをやるには不満な点もありますが、サーバーを始めて借りる人や安いサーバーがいい!っていう人にはおすすめのサーバーです。